平和じゃない長崎平和公園連続寸借事件でPTSD解離女児補導

長崎市の
平和公園周辺で
29人が声をかけられ
うち18人が
120~5000円
計4万3280円を渡していた
寸借詐欺事件ですが
中学1年の女子生徒(12)が
補導されました。
家に帰りたいとか
お金がない
おじいちゃんが危篤というのは
思いつきでしょうが
 ―無意識に言わされている
比喩的には
意味があるのでしょうね。
機能不全家族で
愛がなく
哲学がない
というところでしょうか。
PTSD児であって
自閉症でも
発達障害でも
うつ病でもないです。
叱るのではなく
もちろん薬を飲ませるのでもなく
傾聴し
保護してあげてほしいです。
 ―これが         ☚当たり前
 無理って言うんだから
 どうしようもない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です