安易な実施が懸念されるダウン症新診断 PTSD否認でっちあげ発達障害参照

ダウン症の検査は
精度が増したようで
科学の進歩だと
思います。
その上で
一般的に
安易に用いられると
危険であり
社会が混乱する可能性があると
日本産科婦人科学会は
発表しています。
 ―科学的にも倫理的にも
 宗教的にも正しい。 
研究者はしっかり研究し
学会も学会らしく
機能しています。
これに
発達障害の爆発的流行を照らし合わせると
デタラメですね。
比較になりません。
判定能力を低下させ
 ―発達検査しかしない。
 心理検査がないから
 PTSDと鑑別できない。
 虐待やDVが明らかでも
 あわせて考えない。
遠慮なく
社会的不安を煽ってます。
 ―早期発見しないと
 ストレスで子どもがグレるとか言って
 普通の子から隔離し
(その子も普通の子ですが) 
 薬なども安易に勧めて
 虐待し放題です。
発達障害と誤診されたら
社会的どころか
たましいの死が待っています。
ダウン症のお子さんは
社会的にも
たましい的にも
輝いていますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です