PTSD治療標榜する精神科医局員の好きな詩

神戸大の
精神科のホームページに
ありました。
ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて
気難しくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか
苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし
初心消えかかるのを
暮しのせいにはするな
そもそもが ひよわな志にすぎなかった
駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄
自分の感受性くらい
自分で守れ ばかものよ
茨木のり子 
「自分の感受性くらい」

究極の視点です。
これができないのが
PTSDでしたね。

3 thoughts on “PTSD治療標榜する精神科医局員の好きな詩

  1. 大高忠敬@元私の碇で沈みなさいっ!

    SECRET: 0
    PASS:
    「自分の感受性を自分で守れる」人ってよっぽど金持ちかすっごい賢い奴だと思いますよ、あとはよっぽどのバカか。
    実際に賢い人が銀行でヤクザに金貸したり、警察で政治家の息子の交通違反を揉み消しているのを考えりゃわかるでしょ。
    逆らったら組織を追い出されるだけじゃなく犯罪者にされかねませんし。

    返信
  2. 翠雨PTSD心理学研究所

    SECRET: 0
    PASS:
    >大高忠敬@元私の碇で沈みなさいっ!さん
    組織的医療事故多発のもみ消しを日々やってますねぇ。薬なしで傾聴してあげたら、クビになるでしょうしね。

    返信
  3. ヒロ

    SECRET: 0
    PASS:
    ブログ読ませて頂いてまーす(^_-)-”また、コメントしにきてもいいですか?では、失礼します♪

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です