モデルガンを持った少年(13)を保安官がPTSD解離射殺

昨日
米カリフォルニア州で
少年が
保安官助手に
誤って
射殺されました。
パトロール中
ライフルのようなものを持った人物を発見
ライフルを捨てるよう
繰り返し求めても
 ―モデルガンですから
応じなかったため
数回発砲したそうです。
手荒ですね。
武器を持った
解離人格の前では
説明義務を果たし
命を守りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です