2016・5・9 東急大井町線荏原町駅で女子中学生2人が手を繋いでPTSD解離自殺

昨日

19:19頃

東京・品川区の

東急大井町線の駅で

女子中学生2人が

急行電車にはねられ

死亡しました。

 

CEBhvsCUkAEgUuo d0174710_0253549

 

yjimageRPVQ5S9I 1411kawai_shinririnsho

 

hutu- blog_import_55b16a5fa9c18

 

こんなことしか言わない専門家なら

いないほうがマシでしたね。

 

yjimageS1SYZTT2-1

 

必要なのは

PTSDの予防と治療なのです。

 

こんな痛ましい事件は

もうお終いにしましょう。

 

28 thoughts on “2016・5・9 東急大井町線荏原町駅で女子中学生2人が手を繋いでPTSD解離自殺

  1. franoma

    仰るとおり、
    これは相談する相手=マトモな大人や専門家がいなかった悲劇ですね。
    翠雨先生のブログ記事に、先日、
    http://bit.ly/1WsmE1Z
    とコメントしたことを思い出しました。

    http://ameblo.jp/oginaoki/entry-12158818835.html
    「どちらかの少女が学校や家庭問題で悩み抱え込むと、
    仲良しだからこそ『共鳴』しあい同情から『心中』に至るケース」
    とお書きのブロガー氏もおいでですが、このように、この現象を記述なさっているかぎり、問題は解決できませんね。
    翠雨先生のブログ記事に
    http://bit.ly/1s8KEfa
    とコメントしたように、「主客がどろどろ」状態だからこそ「心中」という解離行動が「協同現象」( http://bit.ly/1WlFd9j )として起きるのであり、「主客がどろどろ」状態を「共鳴」などと記述しているかぎり、現象学的にナンセンスなのは自明です。そういうことでは、「エンパス」と「サイコパス」は同じコインの表裏だという認識も不可能でしょう。「エンパス」=ヒーラー気取りで他者に「アスぺ」ラベリングをする行為が如何に愚かであるかも理解できないでしょうね。困ったことです。
    こんなことでは、悪気がなくても「税金泥棒」タイプの大学人になってしまいますからねえ。

    このような「税金泥棒」タイプの大学人に関連して、今朝、他所さまのブログ記事
    http://ameblo.jp/kunotakayoshi/entry-12157256154.html
    に、以下のコメントを投稿したところ、蒸発しました。

    コメントタイトル:
    「ウソつきは泥棒の始まり」ですから…先生は、税金泥棒にはならない大学人だと確信できます。

    コメント内容:
    細胞移植ができるようにしたいなら、iPS細胞も必要不可欠ではないのは、先生の仰るとおりです。身内だからといって依怙贔屓で「iPS細胞万歳」みたいに言うのは一種のウソつきになって感心しませんね。

    数学リテラシーのある人は全員、ウソつきは嫌いです。普通に電子回路が組める理系人も、どの程度の数学リテラシーがあるか、その回路(=ご本人の作物)によってバレバレです。精密測定ができるような弱電回路が組める人、送電網を合理的に計画できるような強電の人に分かれていますが、精密測定ができるような弱電回路が組めない強電の人でも霜田先生の『エレクトロニクスの基礎』を読んで理解できないようでは物理学科を卒業できませんので、普通の物理学者は、皆、その程度の数学リテラシーは、あります。だから、数学リテラシーを育てないような学校はダメです。
    http://bit.ly/1Ojo7k1
    にコメントしました。

    http://ameblo.jp/kunotakayoshi/ )先生のこのブログにも、以前、
    http://amba.to/1OkQVbY
    とコメントさせていただいたように、細胞移植ができるようにしたいなら、万能である必要はないから、大きいお金は必要ありません。そういうふうにすれば、利権絡みでプロジェクトのトップが落命するPTSD事件も起こらなかったでしょう。
    その件については、どちら様だか存じませんが、哲学の先生のところにコメント
    http://bit.ly/1RHvSSi
    を書いておきました。

    シモンドンは、邦訳を出し、プリゴジンと両方、読めるようにすることが日本人の教育レベルを上げるために急務であると思われます。幸い、暁星学園( http://bit.ly/1TATLLl )のような私学があり、理系人も輩出しているので、皆さまで手分けなされば、すぐ出版できるでしょうね。プリゴジンは、みすず( http://bit.ly/1T78ljT )さんがお出しだから、みすずさんが出せばいいし。みすずさんなら、どこぞの出版社と違って『哲学大図鑑』と称しつつ “preserve” を「吹き溜まり」と訳出してしまい、子どもが仰け反るような邦訳書には、ならないでしょう。それじゃあ、 “the preserve of the president” は「大統領の吹き溜まり」なのか?…と思うではありませんか。ところで、そういう「ありえない」ことをやってしまうのは、解離性不注意です。参照:
    http://bit.ly/1VcdDKw
    ===コメント内容おわり===

    返信
    1. wpmaster 投稿作成者

      有名ブロガー氏のご意見も知ることができて光栄です。
      言っていることは、ナンチャッテかぐや姫の人と同じだとわかりました。
      「こころのケア」という言葉が飛び出しましたが、学校関係者へのものと読めます。
      もちろん必要なのですが、そこにはPTSD予防の本来の意味が欠けているのを感じて愕然とします。
      えこひいき学会が日本をダメにしました。

      ips細胞万能との洗脳は医学信仰の極致で気持ち悪いです。
      もっと手前から(薬物)手前から(食事)手前から(予防)の根本に立ち返り、医学にも「治癒」という発想を得ていただきたいものです。

      誤訳も無意識の表現でしょうが、それは凄いですね。

      返信
      1. franoma

        「誤訳も無意識の表現」でして、この例は、子どもが仰け反る物凄さゆえ、お節介な私は、翻訳者の先生が心配になってしまい、
        http://amzn.to/1T2I80k
        これを買ってあげました。そうしたら、変なことは書いていなかったので、大丈夫でした。

        ひょっとしたら、出版社が、みすず書房さんだったら、良い担当者がついて変なストレスが加わらないから解離性不注意も出ないのかも知れませんよ。

        返信
      2. franoma

        再度、連投、失礼します。
        同じ先生の翻訳で
        http://amzn.to/24HTEpi
        こちらは買ってあげませんでした。それというのも、
        例えば、kyupin先生のように、
        「精神科医」というアイデンティティをでっち上げなければ、
        アングロサクソンによる妄想性障害( http://ameblo.jp/aya-quae/entry-11547997142.html )に絡め取られることもないわけで、
        同じビンスワンガーでも、わざわざ邦訳まで買って読む気になれませんから、パスしたのでした。原著は、持っていますし。

        普通の日本人は、アイデンティティをでっち上げませんから、
        年端のいかない息子が「発達障害論」者から誰何されて「覚悟! お前を切る!」とか言われた場合にも「おいら、男さ〜」( https://youtu.be/2kT-v1L64rk )という態度で無問題なのです。

        返信
          1. wpmaster 投稿作成者

            いろいろとありがとうございます。
            拍手してきました?

        1. wpmaster 投稿作成者

          有斐閣の本を使ってますが、何十年も「ビレスワンガー」のままで、現象学はどうでもよい扱いなのだろうなぁと思います。

          臨済宗の芥川作家も「空」でよいと言ってました。
          下手にでっちあげるとidthatidのように「ストーカー」のお面が取れなくなってしまいます。

          返信
        2. あ*=franoma

          白土三平『サスケ』アニメ
          【 サスケOP mov歌詞付 】
          ハニー・ナイツ
          https://youtu.be/DHgxwZ3zXkY
          今、聴けるのは、こちらでした。
          iPhoneから送信

          やはり、ロンドンは大変な所です。
          London に行ってルンルンに愉しいのは、
          ①Naval Research系の人、②大英博物館にバビロニアの粘土板を読みに行った数学者、③天文学者
          くらいなものなのでしょう。

          ローナ・ウイング博士 “ego-centred”[治療共同体]を形成して、日本人理系人の[人格無視]を推進する[人道上の罪]は、ぼちぼち終わりそうですね。
          [核問題PTSD否認]=環境レイシズム=社会病理
          ですから。

          返信
          1. 翠雨 投稿作成者

            来るぞ来るぞ♪の部分のみに印象的な記憶があります。
            まだ字が読めない頃に刊行された漫画ですが、YouTubeを観て、自分の人生の主人公になるにはストーカーに命を狙われ生き延びるくらいじゃないと駄目なんだと理解しました。サスケ君に負けずに頑張ります♪
            崖の上のポニョも出てくるし、昔の作品は深いですね。
            いつもいつも大事なことを教えていただいて本当に感謝感謝です<(_ _)>

            エイリアン👽カード(エリアからの派生で👽じゃないみたいですが💦)が必要な土地らしい(類似事件の被害者情報)です。
            「私って宇宙人(だったかな…)⁈」のドラゴン🐲さまやエディンバラ公(壮絶な人生だったそうですね)も取得されたのかな…。

            エピローグを早く読みたいです。
            ゲラでもいいから安心させてほしい💦

      3. franoma=あ*

        エレクトロニクスの基礎ということで、こちらに書きます。
        弱電だかパソコンだかが専門のオジサンのブログにコメントしました。

        http://ameblo.jp/minshushugi/entry-12265192027.html#cbox
        11. Re:Re:出産が減らないのは沖縄だけ。
        >晴彩(はるさい)さん

        「原発がないから」ではありませんか?
        あ* 2017-04-16 13:05:15

        って書いたら、「それは違うと思いますが。」という即答でした。
        え?そうなの? 私が今、超零細医療法人でやることがあるから沖縄に移住できないわけなんだけど、ここでやることがなけりゃ、今頃、中汚染地なんか放棄してトンズラさ〜!慣れない土地だし、米軍基地は多いしで、沖縄も苦労が多いと思うけどさ、原発がないだけで心が晴れる。中汚染地の首都圏だって、制空権を持ってるのは米軍なんだからさ。米国の軍隊でも、海軍は合理的なのか?横須賀よりも岩国を中心にしようとしてるよね。あるいは、首都圏の制空権は米空軍が押さえるから、米海軍は岩国を抑えろってことか。まあ、どっちだっていいんだ。合理的に動いていることが大事なんだよ、軍隊なんだからさ。
        …というのが私個人の感想です。

        その先は、
        「どの国の軍隊であろうと、その国でシビリアン・コントロールを徹底せよ」。
        これだけですよ。

        返信
        1. wpmaster 投稿作成者

          原発とか基地が危ないなんて言う人種にも、認知行動療法でだんだん慣れてもらうつもりなのでしょう(´∀`*)ウフフ
          公認心理師を憲兵にしたシビリアン・コントロール構想もほぼできあがっています。
          そこからどうトンズラするか(^.^)/~~~ですね。

          返信
          1. あ*=franoma

            「公認心理師を憲兵にしたシビリアン・コントロール」というのは、[PTSD否認]を徹底することに他ならないので、[PTSD予防]つまり「まだ起きていない不幸を回避するため、実際的な安全確保を追求するよう各人が自らの《歴史的身体》に鑑みてリスク分散を考える」普通の理系人は[制圧]対象になります。

            仮に、オヤジが2001年911をトリガーに崩壊せず、欧州と日本を行き来しつつ暮らし、今、日本にいたとしたら新型コロナウイルスのワクチンは、どうするか?考えた場合、白人夫だけ Sinopharm製の不活化ワクチン接種、息子と私は当面、ワクチン接種は希望しないでしょう。両親が揃ってワクチン接種で体調不良になったら悲惨だからということで[リスク分散]です。

            然様な実際的な《安全確保》を追求する権利は、生存権と人格権に直結しているので、我々庶民の老若男女にも認められているハズですが、晋精会メンバー、杉山登志郎、神田橋條治、ノースカロライナ一派、服巻先生、伊藤絵美、信田さよ子、野田和子ら公認心理師や、ラスボス岩波明からは認められていないのですよね。

            困ったことが続きます。

  2. franoma

    連投、失礼します。
    くだんのブロガー氏は、
    http://ameblo.jp/oginaoki/entry-12158833715.html
    とお書きになりました。明石家さんまさんなら、ただの芸人なので、それで結構ですが、大学人としては「?」ですね。それでは「PTSD否認」精神科医と同じですから。参考:
    http://ameblo.jp/phantom-nightmare/entry-12009131109.html

    タワーマンションの件( http://bit.ly/1WsmE1Z )でも、
    「高いところから落ちても怖くない。
    死んだら天使になれるから大丈夫だってママが言った」
    という女の子に対して、息子は、
    「死んだら…ダメだよ!何もないよ」などとは言わずに私に相談しました。
    息子が「アスぺ」で「エンパシー」に欠けて「心が冷たい」からでしょうか。違いますね、「死んだら…ダメだよ!何もないよ」などと他家の死生観を無碍に否定する人たちのほうが「気遣い」に欠けた人間だと言えましょう。そういう心ない大人がいたら、くだんの女の子のお宅でも、母子関係が悪くなるでしょうね。要するに、「発達障害論」を許容する人々は、お子さまの発達を障害させないように、心理支援をしようという姿勢が根本から欠落していると言えます。

    さらに、一つ前のコメントに書いたように、現象学的な記述ができていないからこそ「協同現象」としての「心中」も理解できず、二人で一緒に「人柱」( http://bit.ly/1TAX6Kn )になろうとしたのだろうという推察もできないのです。「人柱」になろうとする心理を理解できないPTSD否認状態の人たちには、ベトナム戦争時、ルメイの北爆に反対して焼身自殺をした多数の僧侶を「ただのバカ」と嘲笑するメンタリティが育つでしょう。

    返信
    1. wpmaster 投稿作成者

      明石家さんまさんの哲学を表面的に利用しながら意見を言うのは、これまた「宗教」「哲学」無視で「かぐや姫」を語るあのひとと一緒でした。
      大学人になる秘訣なのかもしれませんが、それで臨床まで語られたら、悲劇が止まりません。
      焼身自殺の僧たちへの冒涜につながる話ですね。

      返信
      1. franoma

        仰るとおりです。
        死生観は、文化依存性があり、例えばブルターニュ( http://bit.ly/23DzyKp )地方はケルト色が強いので、パリとは違うわけですが、それを「単なる未開人」として嘲笑するのは、帝国主義の時代には
        「雀の子 そこのけ、そこのけ俺さまが通る」(←小林一茶のパロディ)
        ということで通用してしまいましたが、帝国主義の時代は終わり、脳病院( http://bit.ly/1WX069x )パラダイムも終わりましたから、個々人の基層文化が尊重される時代を迎えているのです。したがって、「おむすび、ころりん」( http://bit.ly/1WX0GE3 )の哲学で、ACTAに反対し、贈与経済の時代を担おうとしている息子のような子どもこそ、「我がまま」とか「怠け者」とか「人の気持ちがわからないアスぺ」とかではなく、将来性がある卵なのです。それを卵のうちに食べようとしているのが「心ない」( http://bit.ly/1WWHB55 )大人たちです。どちら様か存じあげませんが、ストラスブールにおわします哲学の先生に「卵のうちに食べてはダメですよねー」とコメントしておきました( http://bit.ly/1OdgQaX )。

        要するに、初めから「昇華を焦る(大人側の)気持が病巣( http://bit.ly/1T0gMeK )であるに過ぎない」のが事実であり、
        親の焦る気持を煽って特殊な世界に閉じ込めようとする「発達障害論」詐欺は、お子さまの人格を無視した「人権蹂躙平気症」( http://bit.ly/1rNZNSm )の症状です。

        姫路( http://bit.ly/1Wm3hZQ )の先生も、「自閉」状態は解離スペクトラム( http://bit.ly/1T2qBWg )のなかのバリエーションに過ぎないことに、いい加減、気づかねば、近い将来、専門性の低さを問われるでしょう。

        ちなみに、「卵のうちに食べよう」という人たちが慶應義塾におわしますので、
        就活が上手くいかない慶大生が卵を投げ落とします( http://bit.ly/1Y9G4aq )ね。
        子育てが上手くいかないオヤジも息子が転落死しないことに業を煮やして自らの手で投げ落とそうとするわけですし、そういうオヤジは危険人物だと服部雄一先生なら鑑別できるわけです。
        そうして、神戸においては、卵を使う解離行動のバリエーションとして「マヨネーズラー」が出現しましたね( http://bit.ly/1Y9Fn0N )。

        返信
        1. wpmaster 投稿作成者

          さきほど慶応大病院の麻酔科医が危険ドラッグを英国から密輸しようとして逮捕されたニュースが入ってきました。

          返信
          1. franoma

            2か所、スペースを脱落させてしまい、リンクが変でした。
            再度、訂正して投稿し直します。どうも、すみません。
            お手数ですが、同内容の前のコメント2つは廃棄をお願いします。

            やはり慶應義塾は大野裕氏が君臨なさっているので、氏が雅子さまのPTSDをこじらせたことを反省なさり、PTSD否認をお辞めにならないと、慶応大学は今後も象徴的な解離行動による事件が続くことでしょうね。困ったことです。

            こういう経緯を表現する=現象学的に記述するのは「こと」(=現象)であり、「もの」(=実体 http://bit.ly/1OdpRAR )ではありませんね、このことは、日本語を母語とする人には自明( http://bit.ly/1UOFsIk )ですから、佐藤文隆( http://bit.ly/1TyIWK8 )氏が日本人なのも偶然ではないと言えます。「もの」(=実体 http://bit.ly/1OdpRAR )から切り離して現象学を進められない人は、素朴実在論に囚われているところがあると推察されるからです。要するに、日本語を母語とするだけで、素朴実在論に囚われる危険性が初めから低いと言えます。これは、欧州の諸言語にはない特徴ですね。

            翠雨先生も、私も、そういう点でラッキーなのです。

          2. wpmaster 投稿作成者

            徹底していただき、ありがとうございます。
            こちらの操作は簡単なので、何の問題もありません。

            慶應はそこからでしたね。
            やはりPTSD問題は象徴的に始まります。

  3. franoma

    再度、連投、失礼します。
    上述したような「心ない」( http://bit.ly/1WWHB55 )行為について、指摘されても反省できず、指摘する声を無視し、指摘する人間を攻撃するような大人には、セネカを自殺に追い込んだ皇帝ネロ( http://bit.ly/1WlMeHt )と「何が何でも我意を通そうとする」点が共通していると言えましょう。指摘されて反省できる人は、そこまで認知機能の歪みが酷くないので、皇帝ネロではありませんね。心理職なのに「何が何でも我意を通そうとする」人は、ご自分には他者の人格を無視した心理操作をやる「特権」があると思い込んでいるので困ります。

    返信
    1. wpmaster 投稿作成者

      嘘つきスクールカウンセラーidthatidは、また裁判所を悪用して「心理操作」しました。
      無反省にもほどがありますね。

      返信
      1. あ*=franoma

        それに関連して、
        「アングロサクソンの妄想性障害」であって、「ケルトの妄想性障害」ではない…ということで、こちらに書きます。

        富良野まりえ (@franoma)
        2018/05/25 12:55

        『思春期に数年間、精神科病院に入院し弁護士になった維新の会、 #今枝仁 』当時は #発達障害 なんて考えはなく、子供に #向精神薬 を処方するなんて #発想 もなかった。
        https://ameblo.jp/phantom-nightmare/entry-12378564633.html
        ameblo.jp/phantom-nightm…
        ほら、#アングロサクソンの妄想性障害 を悪用した #アヘン戦争 から #スタンフォード監獄実験 でしょ?
        とツイートしました。

        返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          この弁護士さんの事例は重要ですね。
          今の子どもが同じことをすればどうなるか…恐ろしいです。

          返信
          1. あ*=franoma

            富良野まりえ (@franoma)
            2018/05/25 15:28
            『メンタルヘルス・ランキング一位・二位は56錠 #kyupinカクテル処方 に殺された #岡野直樹 さん』
            | #精神科医 ブログ、#長崎広島原爆 ・ #福島 #原発 #放射能 、 #第二次大戦 、#児童虐待 ・ #DV ・ #レイプ の #遅発性 #晩発性 #複雑性PTSD の心理・薬物療法完全融合
            https://ameblo.jp/phantom-nightmare/entry-12378571847.html
            もツイートしました。

            「アングロサクソンの妄想性障害」に巻き込まれた専門家による被害者&遺族の皆さまです。

  4. ドラゴン

    お邪魔します。
    確かに公認心理師はシビリアンコントロールするために貢献するような教育をされているのだと想像しています。DSM5を引用するとタームペーパーのポイントが加算されたり、脳病説に同意したフリをする事で公認心理師資格コースを受講出来るような枠が存在している事….
    表面だけを観察する事だけ教育されているよーな気がしてならない。もしかしたら、資格試験に合格してからホントの心理学をお勉強するのかもしれないけど、国家資格だからそれも義務づけされていないみたいだし….まだ臨床心理士さんたちの方がお勉強する事を義務付けられているみたいですね。

    あっ、野田和子さんは公認心理師さんではなく、学士の単位を修得して申請すれば資格を授与される認定心理士資格だと思いますよ。

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      ですよね。

      いろんな分野で粗悪化が進んでいて、「前の方がマシだった…」ってことは確かによくあります。

      私も野田さんは公認心理師・臨床心理士路線の人ではないような印象をもっています。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です