石牟礼道子さん『苦海浄土』の精神と発達障害誤診による薬害被害問題

作家の

石牟礼道子(いしむれ・みちこ)さんが

10日

午前3時14分

パーキンソン病による急性増悪のため

90歳で他界されました。

 

『苦海浄土』は

聞き書きの形をとった小説と書かれがちですが

 

心の声に耳を澄ませ

精神的な支えになりながら

近代合理主義では説明しきれない

人々の内面世界に光をあてつつ

綴ったものですから

 

「苦海浄土」の画像検索結果

 

ただの聞き書きやルポタージュではなく

苦海にある人々と家族

美しかった土地で生きた民衆の

魂の言葉であるという

評価が正しいでしょう。

 

 

 

 

 

 

精神科の

薬害被害についても

 

精神科を悪者にした

悪いのですが

聞き書きやルポタージュに終始しない姿勢が

被害を知らない人も多かったので

これは貴重だったのです。

求められていると思いますよ。

 

まずは

発達障害など流行していないという

事実確認からでしょう。

公認心理師に『ねらわれた学園』

「ねらわれた学園...」の画像検索結果

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です