PTSD時代の救世主『はらぺこあおむし』風刺画批判を風刺の巻

人気絵本「はらぺこあおむし」をモチーフにした

毎日新聞の風刺画に対し

出版元である偕成社が

「猛省を求めたい」とする社長名義の文書を

サイト上に掲載したことが話題になっています。

流石は出版社で

著作権侵害等と無粋なことは主張しませんが

「表現の自由や風刺の重要性は理解しているが

納得いかなかった」

「センスのなさを露呈」という点について

「絵本の内容を深く考え

うまく表現してもらえればよかった」

考察してみたいと思います。

オリンピックを巡る議論は

コロナ騒動と並ぶ世界の関心ごとです。

公益性・公共性がある。

オリンピック賛歌は

テレビやネットニュースで充分すぎるくらいですが

反対意見はなかなか反映されません。

キーワードで弾かれるなか

(アカウント凍結される場合も)

諷刺画は優れた手法です。

金銭的な利権への欲望を風刺するにはまったく不適当」

金銭的な利権を問題にすることはフツーのことで

偽TIMEのポスターのような問題もない。

(TIME誌による表現と勘違いされ拡散中)

アメリカで1969年に初版が発行されたが

最初の絵本は日本でつくられ

偕成社がヒットさせたので特別な思いがあるのはわかる。

子どもたちには

パクパクと食べる様子がユーモラスで人気があるでしょうが

大人も子どもが楽しそうにしているのは嬉しいものです。

欲張りですよ。

生まれて1週間ぐらいで

認知行動療法も真っ青なくらい食欲増進して

「立てば這え 這えば歩けの親心」じゃないですが

生まれてすぐ這い

(人間以外の動物は個体発生と同時に歩きだす)

自分で食べ始めます。

一日目にリンゴ1つ🍎次の日は梨2つ🍐🍐

プラム3つ→🍓🍓🍓🍓🍓(自律訓練法のような数合わせ的休憩)

オレンジ5つ食べてもお腹がペコペコで…

チョコレートケーキ・アイスクリーム・ピクルス・チーズ

サラミ・ぺろぺろ🍭キャンディ・チェリーパイ・すいか🍉

調子に乗って手あたり次第の過食症状態で

(普通の赤ちゃんなら死んでしまいます)

お腹が痛くなって泣きました。

自分の意思ではなく

葉っぱ一枚にしてみるとおいしくて

はじめて味覚と食べる喜びを感じたのでした。

そのあとはさなぎになって

蛇や甲殻類同様必死に脱皮し

(脱皮しないと死んでしまいます)

美しい蝶に生まれ変わりました。

蘇るお話ですよ。

 「満腹の末に美しい蝶に変身する結末をどのように考えられたのでしょうか」

満腹の末というのは誤読です。

「風刺は引用する作品全体の意味を理解したうえでこそ力をもつ」

1969年と違い

現代は飽食の時代

生活習慣病が医療費を圧迫

オリンピックなるものは

はらぺこあおむしのようになれますか?という問いは

不適切でしょうか?

事実をまったく反映していない

日本人を貶める道具としての

記号のような慰安婦像のようなものこそ

批判されるべきなのに

ハラペコ青虫反対派は

そのことには沈黙しています。

いかがでしょう?

PTSD時代の救世主『はらぺこあおむし』風刺画批判を風刺の巻」への4件のフィードバック

  1. ドラゴン

    この絵本、よく覚えています。
    長男は日本語でプレゼントされ、次男はドイツ語でゲットしていました。それぞれの受け止め方が違うことに母としてニヤっとした事がありました。

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      子どもさんにしても受け止め方はいろいろなのに、イメージの画一化を強要する出版社の了見は狭すぎますね。
      過食症みたいな時期の食行動について「健康な食欲」って、何を言っているのか意味不明で、原作者にも失礼だと思いました。

      返信
  2. あ*=franoma

    『はらぺこあおむし』は息子も大好きでした。
    身に合わないものを我意で食べ過ぎてお腹が痛くなる…
    身に合わないものを我意で食べるのは、《セルフネグレクト》ですからダメです。fragile な ātman animated by soul がダメージを受けますが…
    青虫の身に合った葉っぱを食べてサナギになり、
    脱皮して昇華しました。

    牛乳でお腹がゴロゴロする人は、日本人に多いのに学校給食で飲まされるのは《セルフネグレクト》強要です。
    ミュンヘンの日本語補習校の学芸会で、幼稚園児のお遊戯が『闘牛士の歌(歌詞なし)』で牛がホルスタインという解離性不注意⁉️と思いきや、ホルスタインでないと子どもに牛だと判らないから茶色に塗り直す訳には行かない…ということでした。でも、牛乳でお腹がゴロゴロするお子さまは乳牛を倒したいかも⁉️ 知性主義で肉牛の絵が判らないお子さまに[発達障害]ラベリングをするのは nonsensical です。胎児期から身に合った栄養を与えられて生長したら《魂の容れもの》である身体が健やかに育つでしょう。うっかり変なものを食べてしまい、問題が起きたらデトックスをすることですね。

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      「お母さん」の次に、「女の人」概念を学ぶ途中で、「スカートをはいた人」と思っていたけど、スカートをはいているのを見たことがない人が女の人であることもあるって考え直したりするのはよくある大事な過程ですよね。

      イメージは生き物ですね。
      この度の偕成社さんの声明は、ちょっと失敗で、出版社としてのイメージに影響を与えたかも…。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です