眞子さま結婚問題にPTSD解離洗脳の医療関係者(ラスボス)

秋篠宮家の長女

眞子さまの結婚が延期され

生涯において品位が保たれるかが問題になっている。

箱庭療法

品位が問題になっている裁判官は

LGBTでもOK派

大麻解禁

すべて水面下でつながっていたので

水脈議員もスラップ訴訟で東京地裁に呼ばれている。

裏窓さん

主張が【あべこべ】でしょう?!

両家は苦悩でPTSD予防中です。

宮家としては会見

国民が納得するかたちに整えるべきとのご意向

眞子さまはお歌を詠まれ

平安貴族も

人生における理不尽でどうしようもない悲哀には

男性も

月をみて『哀しい…』等と表現してきた。

小室圭

小室圭さんは文書を公表

無意識がこういうことを予想して

法律家を目指されていたのかも❣

しかも

アメリカにまで行く必要があった。

雅子さまもアメリカの大使館に

パキシルのことを問い合わせ

バッシングされた。

この国の不思議

最後に

小室圭さんのご母堂が心中を語られたそうです。

本来ならば

こころ静かに行われるはずのこころの作業です。

配偶者との死別や

自死なので突然知らされたと推測される。

婚約破棄されたときのショック

「あまりに突然の事でビックリ」したと回想

金銭問題まで蒸し返され

誠意を尽くして話し合い

終わったと思っていたので「衝撃を受けました」

一連の報道に「いつ死んでもいいと」思うようになり

「いつ死んでもいいと思うこともありました。

明日死のうと。

今だってそう思うことはあります。

本当に心身ともにつらくて…。

誤った話が広まるのは本当に苦しい。

一つ一つ訂正してもキリがないくらい」

それを息子さんが弁明しても

「実際の経緯をある程度明らかにすることで

“金銭トラブル”と言われている事柄に関する

誤った情報をできる範囲で訂正すること」を目的に

28枚に及ぶ文書を公表

火に油を注ぐ始末でした。

SNS法廷

それを集中治療室(ICU)で聞かされたというのは

麻酔で意識がもうろうとしているときに

病院の人から

『なんか文書が出てすごい騒ぎですよ!』と言われて」驚いた。

最大の驚きです。

どういう結果が正しいのかはわかりませんが

こころのケアの作法としてデタラメでしょう。

とどめに洗脳ですよ。

しかも

麻酔が効いてる【あかんやつ】です。

洗脳

弾劾裁判官が解離したとき

【洗脳】と言ってしまったのも不思議な偶然の一致

この国には

こころのケアなんかないのです。

二次被害や二次受傷への配慮など

本に書いてあるだけです。

しかし

国民には現状を変えることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です