うた」カテゴリーアーカイブ

眞子さま結婚問題にPTSD解離洗脳の医療関係者(ラスボス)

秋篠宮家の長女

眞子さまの結婚が延期され

生涯において品位が保たれるかが問題になっている。

箱庭療法

品位が問題になっている裁判官は

LGBTでもOK派

大麻解禁

すべて水面下でつながっていたので

水脈議員もスラップ訴訟で東京地裁に呼ばれている。

裏窓さん

主張が【あべこべ】でしょう?!

両家は苦悩でPTSD予防中です。

宮家としては会見

国民が納得するかたちに整えるべきとのご意向

眞子さまはお歌を詠まれ

平安貴族も

人生における理不尽でどうしようもない悲哀には

男性も

月をみて『哀しい…』等と表現してきた。

小室圭

小室圭さんは文書を公表

無意識がこういうことを予想して

法律家を目指されていたのかも❣

しかも

アメリカにまで行く必要があった。

雅子さまもアメリカの大使館に

パキシルのことを問い合わせ

バッシングされた。

この国の不思議

最後に

小室圭さんのご母堂が心中を語られたそうです。

本来ならば

こころ静かに行われるはずのこころの作業です。

配偶者との死別や

自死なので突然知らされたと推測される。

婚約破棄されたときのショック

「あまりに突然の事でビックリ」したと回想

金銭問題まで蒸し返され

誠意を尽くして話し合い

終わったと思っていたので「衝撃を受けました」

一連の報道に「いつ死んでもいいと」思うようになり

「いつ死んでもいいと思うこともありました。

明日死のうと。

今だってそう思うことはあります。

本当に心身ともにつらくて…。

誤った話が広まるのは本当に苦しい。

一つ一つ訂正してもキリがないくらい」

それを息子さんが弁明しても

「実際の経緯をある程度明らかにすることで

“金銭トラブル”と言われている事柄に関する

誤った情報をできる範囲で訂正すること」を目的に

28枚に及ぶ文書を公表

火に油を注ぐ始末でした。

SNS法廷

それを集中治療室(ICU)で聞かされたというのは

麻酔で意識がもうろうとしているときに

病院の人から

『なんか文書が出てすごい騒ぎですよ!』と言われて」驚いた。

最大の驚きです。

どういう結果が正しいのかはわかりませんが

こころのケアの作法としてデタラメでしょう。

とどめに洗脳ですよ。

しかも

麻酔が効いてる【あかんやつ】です。

洗脳

弾劾裁判官が解離したとき

【洗脳】と言ってしまったのも不思議な偶然の一致

この国には

こころのケアなんかないのです。

二次被害や二次受傷への配慮など

本に書いてあるだけです。

しかし

国民には現状を変えることができます。

忌野忌『ヒッピーに捧ぐ』再考でPTSD予防

2009年5月2日

忌野清志郎さんは他界されました。

毎年命日前後に開催される

「忌野忌」にファンの方々は集い

思い出話をされるそうです。

渋谷にあった屋根裏という小さなライブハウスから
本日閉店するライブハウス下北沢屋根裏ーー怒髪天、Theピーズらが別れ ...
一気に武道館に躍り出たRCサクセションですが

不遇の時代にレコーディングされた

1976年に発売

すぐ廃盤

1980年に再発売

『ヒッピーに捧ぐ』は

ビッグになる夢を見ていたヒッピーというあだ名の

サブマネージャーが

うつ病と診断される状態になり

PTSDですね。

人身事故で亡くなったことを悼んだ歌です。

お別れのお知らせも儀式も必要だけど

仏教では

お葬式だけではなく

何度も何度も法事をしますからね。

それだけでは何ともやりきれなくて

「人身事故で」「死亡した」というような客観的事実では

科学的説明など望んでいない。

何も納得できなくて

子どもであっても

哲学的な疑問が腑に落ちるまで考え続ける過程

普通のことができなくなり

電車に乗っていたが降りてホームで号泣

乗客はただの豚に見えるほど異質

(ある種の離人的表現)

死者に語りかけたあと

ちょっと遅刻して

日常に戻ったという内容です。

喪服を着ていないとわからないけど

群衆のなかには

一定数そういう人が含まれているってことですね。

こういう名状しがたい悲しみや空虚感を表現し

多くの人々に共感してもらえたことが

傾聴さえされればトラウマは癒える。

ただ発散しただけの解離表現ではなく

奥底にどうしようもない悲しみを抱えながらも

まっすぐ前を向き元気でいようとしているのがわかるから

(陰陽五行的に「気」の扱いが重要)

大衆に共感される。

創作の原動力となったのかもしれませんね。

傷が元通りになるという二元論☯ではない展開に

清志郎さんは

世の中のいろんな間違いに気づき

啓蒙するリーダー的存在のように見えましたが

結局は標準治療を受け

よくある謎

カビだらけになって死亡しました。

令和のヒッピー

元祖ヒッピーたちによる

LSDの心理実験により

酩酊と「覚り」は別物であり

PTSDの芸術療法にクスリは不要という結論が得られた。

先行研究としての

過去の表現者から学ぶことは

科学的研究の常識

御霊の成仏ともなり

その人も救済されることにつながるでしょう。

自分こそが仏教をアップデートするなんて

豪語しておられるのはどなた?

華原朋美さんとマツコ・デラックスさんが語るPTSDアラモード

華原朋美さんが

閉鎖病棟で禁断症状に立ち向かい

断薬して

復帰したが

YouTubeで躁鬱状態披露中

有名人に流行の1つの【型】

吉田戦車「伝染るんです。」DVD 第1巻 8月21日発売 !! - YouTube

芸能人は時代を映す鏡だから

世間にも多いということ

4月1日放送の『アウト×デラックスSP』にご出演

 

開口一番

「いやぁ、カネがすべてっスよ」と切り出し

経済観について話された内容が話題になっています。

 

お金がないので

食費を切り詰めていると言うのですが

YouTubeで過食症のような映像があったが

それは企業案件だったらしい。

高額な商品を買ってしまう…?と語り出し

解離性依存症による金欠

もはや相談とは言えない状況になりましたが

【子ども食堂】等の話を無意識に拾っている。

日本には【絶対的貧困】はそうなく

【相対的貧困】層を便乗させながらイメージ操作する

政治的手法の横行で

目的は弱者救済ではなく別にある。

 

「忙しい」(時間)という場合も同じこと

華原朋美 news (@kahara_tomonews) | Twitter

PTSDにもタイプがあり

「闇ジャンル」というものがあって

中森明菜とは「闇の種類が違う(一緒にしないで!)」が

(近親憎悪もPTSDのお約束)

「双璧」だということで合意

攻撃性が高いが

スタジオで八つ当たりする様子を

【銃乱射】と表現

弱さを否認しないことの大切さ等が語られ

『ドラえもん』の作者と同じことを

ドラえもんのようなマツコさんが語る。

のび太は

勉強もできないしいじめられる毎日を

ごまかさず生き抜いたことが信用され

静香ちゃんとご成婚

よい教材となっているように感じました。

 

華原朋美に金銭要求、やしきたかじんさんの後妻に狙われた「小室哲哉 ...

オペラもいけそうな迫力ですが

(マリアカラスは痩せてるが…)

歌は以前の方がお上手でした。

選曲は「Let It Go」さもありなん💦

この解釈も予後を決めるのでしたね。

以上、テレビの正しい観方でした<(_ _)>

 

AKB48とロックな『うっせぇわ♪』 が映すPTSD事変

話題のドラマでは

絵に描いたようなよい子だった

ヒロインの兄がマントラを唱えるように何度も浸り

(大人にとって都合の)よい子はこころを病むから

脱皮中

うごくちゃん×ankoROCK special collaboration

ネットいじめで自殺したうごくちゃんのきもちを

スタッフが代弁するのに採用した

この曲でしたが

うごくちゃん

便乗する子どもが増え

PTSD予防中もヒステリー状態になる。

ヒステリーは真似る病

こころの風邪は【うつ病】じゃなくて【PTSD】

知恵熱のようなもので免疫ができれば発症しない。

親御さんたちの間では 不評です。

流行歌は

情緒的な歌謡曲と

そういうことあるよねーという

集合的無意識の学習と共感でPTSD予防

ロック系の音楽の二本立てでしたが

抑圧を外し感情発散

前者は商業ベースで

詐欺などの疑いで元SKE48の山田樹奈容疑者ら4人逮捕 「山本ゆき」の ...

フツーの子集めてオジサン忖度な歌をうたわせるから

自己催眠にかかって逆のこと(詐欺)をするようになった。

後者が【毒抜き】され

藤井流星/正しいロックバンドの作り方

こんなギョーカイまでマニュアルどおりでどうする⁇

充分表現しつくすことも難しくなって

表現しつくせば卒業(死と再生)できるのですが

尾崎豊特別展」 OZAKI20 公式ホームページ

ギョウカイは精彩を欠くようになりました。

久々に

PTSDの琴線にふれる音楽が生まれたということでしょうか。

やはり芸大やTVや展覧会じゃないところで。

伝説のロックバンド・クイーンが映画に 日本版ビジュアルが初解禁 ...

元TOKIO山口達也さんPTSD解離運転で逮捕

元TOKIOの

山口達也さんが

道交法違反(酒気帯び運転)で

酒気帯びで運転してはいけないことは

知っているし

歌詞やセリフを記憶できるので

発達障害ではないと思います。

現行犯逮捕されたそうです。

アルコール問題で引退し

依存症ですね。

笹山登生

賭博とか他にもいろんな依存症があります。

最先端の治療を受けていたはずですが

依存症

こうして脱落しやすいみたいです。

クスリの場合も変わりません。

治癒にはもう少し時間がかかるとしても

問題行動を止めることができませんでした。

クスリとか

依存症

認知行動療法頼みの治療だったのでしょうか。

これらが原因という可能性もありますよ。

依存症

依存症

いろいろと無理をしたことを

振り返る作業が必要でしょう。

即位奉祝と雅子さまの涙とPTSD予防原理

11月9日は

天皇陛下の即位を祝う

「国民祭典」が開かれ

嵐が

「祝賀 嵐」の画像検索結果

歌を奉納し

令和版の『君が代』ですね。

『古事記』の内容も入っています。

「古事記PTSD」の画像検索結果

11月10日の

「祝賀パレード」の画像検索結果

祝賀パレードの夜には

「陛下と雅子さま...」の画像検索結果

雅子さまの闘病が振り返られました。

ドラマでも

発症の原因が浮き彫りにされました。

「適応障害」との診断名でしたが

「新型うつ病 雅...」の画像検索結果「香山リカ」の画像検索結果

平成に流行したパロディ診断名と

薬害で苦しまれたことは

カットされていましたね。

アマテラスのように蘇られ

静かに涙ぐまれる様子に

国民は胸をうたれたようです。

いつの間にか急展開があった点は

スサノヲもご公務をせず泣いたり暴れたりしていたが

追放された後

一躍、英雄になり

古事記の基礎をつくった。

スサノヲ的でもあります。

しっかり向き合っていれば

変わる時は一瞬のようです。

誤診被害に遭った人たちも

苦悩から解放されるといいですね。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』エイズ恐怖PTSDと自己実現の物語

「ボヘミアンラプ...」の画像検索結果

この映画によれば

 

「クイーン」のボーカルで

1991年に45歳の若さでこの世を去った

フレディ・マーキュリーは

 

最初は

自分がゲイであるかもしれないという戦(おのの)き

 

「LGBT」の画像検索結果

 

そのあとは

エイズに罹患し

長く生きられないと知った戦(おのの)きで

「PTSD予防」の画像検索結果

 

こころが不安定になり

一時は

メンバーにも理解できないような

奇行に走るようにもなるような

 

「ありのままで」の画像検索結果

ちょっとちがう「ありのまま」

 

究極のあやうい精神状態で

 

家族や関係者に

言えなかった

ありのままの思いを伝え

「ありのままで」の画像検索結果

認められた「ありのまま」

 

絆を強化しつつ

何とか回復し

肉体の死は避けられない段階で

こころは強化された。

「キューブラーロ...」の画像検索結果

 

20世紀最大のチャリティコンサート「ライブ・エイド」での

圧巻のパフォーマンスという

伝説を残した人物のようです。

 

要するに

自己実現の物語ですね。

 

 

ミルトン・エリクソンのすきっ歯女性の事例ではないですが

 

「ミリトンエリク...」の画像検索結果

歯が出ていることは

独特の声を生み出し

 

宗教も違う移民であることで

エスニックであることは

後の流行になった。

 

適応に苦労するなかでできた

子ども時代のトラウマが

ゲイや音楽に彼を導いたのでしょう。

 

エイズの恐怖を

人類が感動する表現に変えることは

【昇華】と呼ばれる

心理療法の究極の理想です。

MHK歌のお兄さん転身に成功しても覚せい剤中毒(PTSD)で逮捕

NHKの教育番組の

元「歌のお兄さん」が

覚醒剤を使用したとして

逮捕されました。

「にこにこぷんと...」の画像検索結果

 

職業は音楽講師となっていますが

「沢田憲一」の画像検索結果「沢田憲一絵手紙」の画像検索結果

絵手紙の先生で

「開所草書」の画像検索結果

古典を超えたものが流行中

作風はとても素晴らしく

たくさんのお教室を担当し

お弟子さんもファンもたくさんいます。

 

「ワクワク」することが

どうにも止められなかったということは

 

「PTSD予防」の画像検索結果

 

ワクワクしなければ

収まらない何かがあるのでしょう。

 

スポーツ選手やアイドル等も

転身すればよいという話ではなく

 

PTSD予防に気をつけることが大切であると

教えてくれた事件です。

 

U2のボノさん歌唱中に失声(PTSD反応?)でドイツ公演中止

 

アイルランド出身の

ロックバンド

「U2」の

リードボーカルを務める

ボノさんは

 

ベルリンの

メルセデス・ベンツ・アリーナで

『Beautiful Day♪』を歌おうとしたとき

声が全く出なくなり

公演は急きょ中止となりました。

 

「何が起きたのか見当が付かない。

本人は煙のせいだと考えている。

医療的な助言を得ている」と

説明されていますが

 

声が出なくなるのは

失立・失歩・失声・失聴といろいろあります。

「PTSD」の画像検索結果

 

PTSDでよくみられる症状の1つでもあります。

「美智子様 失声」の画像検索結果

この頃は

きちんと心理療法してたから完治

「スピッツ」の画像検索結果

東日本大震災で

失声のため公演中止

急性ストレス障害と診断され

(1ヶ月未満だから)

休養したので完治