カテゴリー別アーカイブ: ストレス

いじめPTSDの「抗うつ」にはフェニルエタノールでアロマテラピーと川崎医療福祉大グループ

バラの主要な香り成分

フェニルエタノール」に

抗うつ効果があることを

フェニルエタノールを吸わせたマウスは

ストレス環境下でうつのような状態になりにくい。

 

川崎医療福祉大医療技術学部の

上野浩司講師(神経生理学)らの研究グループが

突き止め

フランスの科学雑誌電子版に掲載されたそうです。

 

ストレス環境というのは

マウスのしっぽをそれぞれテープで固定し

逆さづりのような状態にして10分間放置したものですから

ビリー・ミリガンは幼少期

義父にこのような虐待を受け

多重人格になった。

「ビリー・ミリガ...」の画像検索結果

いわゆるノックアウトマウス=PTSDマウスです。

「ノックアウトマ...」の画像検索結果

遺伝子レベルでの虐待も

 

うつ傾向の指標は

あがくのをやめて動かなくなる「無動時間」の長さですから

 

人間で言えば

理不尽なパワハラに遭って

意気消沈して気力を失い

出社できなくなるような状態にあたります。

 

いつ終わるとも知れない

10分間行いますとは知らされていない。

この理不尽な恐怖の仕打ちに対しては

すべてのマウスがショックを受け

一時は動けなくなりますが

帰還兵のこころは自由になっただけでは

リセットされません。

 

通常の反応

「PTSD予防」の画像検索結果

フェニルエタノールで

ストレス緩和されリラックスしたマウスは

2分~1分半早く活動開始できたそうです。

 

「フェニルエタノールがストレスを緩和させ

抗うつ作用を発揮することを示した実験結果」と分析し

精神疾患の新しい薬や

治療法の開発につながる成果が得られたとのことですが

 

アロマテラピーのままでいいのではないかと思いますし

「アロマテラピー」の画像検索結果

呼吸を整えたり

マッサージ等の施術で

瞑想状態に導いたりします。

バラの香りのどの成分が作用しているかを明らかにしたとのことですが

香水や化粧品などに使われるフェニルエタノールに着目して

実験開始したのなら

確認しただけです。

 

よく査読に通りましたね、

科学論文の七不思議です。

 

『この世界の片隅に』円形脱毛症になりながらPTSD予防

アニメの実写版の

第二話では

嫁に来たヒロインの苦労が表現されています。

 

海を見下ろす

城塞のような場所は

観光するには素晴らしいですが

「この世界の片隅...」の画像検索結果

住んでみれば

朝食をつくるのにも

水くみから始まるし

水道がまだきていなくて

他家の井戸まで坂道を行き来する。

知らない土地での

人間関係でのストレスもあります。

ちょっとしたやっかみからの

プチいじめとか

要領をきちんと伝えられないと

コツをつかむまで

四苦八苦することもあるのは

現代の新人教育と変わらない。

 

ヒロインは

精神的に育ちがよいので

人の悪意というものを知らない。

知っている人なら

トラウマの再来になるかもしれない。

苦労とも思わず

「ポリアンナ」の画像検索結果

『ポリアンナ症候群』にも似ている。

何でも無理やりポジティブシンキング

素直に

現実をそのまま受け入れて適応しようとしますが

 

「この世界の片隅...」の画像検索結果

円形脱毛症になります。

 

「心身症」の画像検索結果

 

こころが受け止められない部分が

体に流れているわけですが

 

周囲が気づき

『あーやっぱり…』と以心伝心

症状そのものを気にするのはよくないと教えます。

不登校・過食・拒食・不眠だけに注目すると

治りません。

 

こういう環境なら自然治癒するんですよね。

 

「古事記PTSD」の画像検索結果

古事記の神々=現実の人間関係にある自己治癒力支援チーム

「古事記PTSD」の画像検索結果

「古事記PTSD」の画像検索結果

喘息も心身症

人間関係で治す場合と心理療法を受ける場合

第10回AKB48世界選抜総選挙で松井珠理奈さん失声のPTSD反応

第10回AKB48世界選抜総選挙の

開票イベントを前に

コンサートが行われ

優勝候補の

SKE48松井珠理奈(21)さんが

ステージ上で倒れ

担ぎ出されるアクシデントが起きたそうです。

 

6位の「チャンスの順番」でセンターを務めますが

曲中のソロパートで声が出なくなり

涙声になるなど

過呼吸のような状態となり

異変に気づいたメンバーや

劇場支配人らによって

ステージから下ろされました。

 

しばらくして

コンサート本編で復帰し

1曲目の「記憶のジレンマ」で

ゴンドラに乗って登場しますが

再び

途中で歌えなくなりました。

 

場内から

温かい激励の

「珠理奈コール」が起こったのはよかったですね。

 

注目と期待を一身に受けるのは

多大なストレスでしょう。

 

「失声」の画像検索結果

 

失声は

失立・失歩等とならび

できていたことができなくなる。

「失歩」の画像検索結果「フロイト」の画像検索結果

 

ヒステリー症状の1つです。

今はPTSDと言います。

フロイトの精神分析はトラウマ理論

「記憶のジレンマ...」の画像検索結果

記憶のジレンマの問題

 

 

紅白でも倒れた人たちがいましたが

 

「紅白けやき坂倒...」の画像検索結果

似たような現象が続くのも

PTSDの特徴の1つです。

 

「伝染るんです」の画像検索結果

 

アイドルは

時代を写す鏡ですね。

 

貴ノ岩は体調不良ではなく PTSDで巡業休場

日本相撲協会は

3月の春場所で3場所ぶりに復帰した

十両・貴ノ岩(28=貴乃花部屋)が

休場していた理由は

「心的外傷後ストレス障害

心的外傷(元日馬富士に昨年10月に暴行された)後ストレス障害

(PTSD)

左足関節症」だったと発表しました。

 

 

 

 

お相撲さんのように強くても

戦争に行かなくても

PTSDを発症する可能性はあるということですね。

 

「すもう陰陽五行...」の画像検索結果「すもう陰陽五行...」の画像検索結果

 

さすが

陰陽五行説に則った象徴的世界は

筋が通ってます。

 

「ストレス発散で」倉庫放火のPTSD解離アルバイト(21)

埼玉県加須市にある

寝具メーカー「西川産業」の

物流倉庫に放火した

アルバイト男性(21)が

逮捕されました。

 

「ストレス発散のためだった」そうです。

 

「PTSD」の画像検索結果

 

トラウマのために

ストレスに弱くなり

解離して

ヌケガラビトになる。

問題行動を起こすんですよね。

「二ノ国ヌケガラ...」の画像検索結果

症状は様々で

「えーっそんなのも!」と思われるくらいです。

 

 

いじめ等PTSD発症リスクがあれば

精神病もほとんどがそれらしいです。

「いじめのある世...」の画像検索結果

予防しておきましょう。

 

小室哲哉もPTSD性難聴で引退へ

音楽プロデューサーの

小室哲哉(59)さんは

都内で

記者会見を開き

 

不倫騒動の責任をとる形で

「僕なりのけじめとして

引退を決意しました」と

発表しました。

 

globeのボーカルだった

KEIKO(45)さんが

2011年に

くも膜下出血で倒れて以来

 

献身的にリハビリを支えきたものの

「大人の女性としての会話のコミュニケーションが

日に日にできなくなって」

「3年ほど前から

疲れ始めてきたことはあったと思います」と吐露

 

「2017年の夏前

突発性難聴に近い状態になりまして

今も左の耳がほぼ聞こえないです。

原因不明ですが

ストレスによるものだろうと診断されました」と

説明されました。

 

 

「メスメル」の画像検索結果

 

失聴は

精神分析が生まれる前に

流行った

ストレス性心身症の1つで

ヒステリーと呼ばれた時代もありました。

 

「TMS」の画像検索結果「メスメル」の画像検索結果

 

相変わらず

もとい最先端の?!

怪しげな治療が

注目されたりするところは

今も変わりませんが

 

当研究所では

ストレス性心身症は

箱庭で対応しています。

 

「憑依型象徴表現」欅坂46が過呼吸で倒れた紅白歌合戦2017

第68回紅白歌合戦で

欅坂46の

鈴本美愉(20)さんが

総合司会の内村光良とコラボした際

最後の決めポーズで後ろによろけ

 

 

 

センターの平手友梨奈(16)さんも

ふらつき

歌唱後

メンバーに両脇を抱えられて退場したそうです。

 

他にも

鈴本、平手、志田さんら3人が過呼吸になり

「現場で待機していた看護師の手当て」を受けたとのことで

 

「紅白にかける思いが強すぎて

このような症状になった」とのことですが

確かに

森昌子(1970年台の中学生)なんかも

舞台袖で倒れていたと

校長先生が言っていた。

“憑依型”パフォーマンスが

持ち味と言われているそうなので

崖の上のポニョなみの限界パフォーマンスで

無になると

巫女的に今を映し出す表現が宿る。

『不協和』という曲のタイトル

言いたいことが言えないから

本当は不協和音だらけでしょ?

 

「逆三角形」状のフォーメーション

変化のサイン

なんか象徴的な意味を感じます。

 

 

 

 

2018は

問題が浮き彫りになるように

コラボが流行ればいいかも!

 

時代の象徴としてのマツコ・デラックス入院とPTSD予防法

タレントの

マツコ・デラックス(45)さんが

10日

入院し

テレビ業界は大わらわです。

 

風邪気味だったところに

ウイルスで

三半規管が腫れあがり

目まいなどが発症したそうですが

 

医師で作家の米山公啓氏は

「突発的な目まいについては

過労やストレスが原因といわれますが

明確な原因は解明されていません。

目まいが何度も起きるようなら問題ですが

一般的には2、3日で回復

問題ないでしょう。

 

ただ

日本人は白人と異なり

肥満で長寿は不可能といわれています」

 

 

「ゆめぴりか」の画像検索結果「ゆめぴりかマツ...」の画像検索結果

 

このシルエットが問題みたいですよ。

 

ストレスは

万病のもとですが

 

 

見えないので

 

PTSD予防しながら

 

 沖縄では

子どもが転んだだけでも

転んだ場所に案内させたものです。

魂が置いてけぼりになると

あとあと厄介だから

なぜ泣いているのか

確認しておく必要があるのです。

食べ過ぎに気をつけるとよいでしょう。

 

 

「ご飯は残さず食...」の画像検索結果「大食い」の画像検索結果

 

おかしな流行が拍車をかけ

 

「もえあず過食」の画像検索結果

 

 

摂食障害も増えました。

 

マツコさんの入院は

1つの時代の終焉としての

象徴的な出来事なのだと思います。

 

日本ストレス学会とPTSD

本日から

第33回

日本ストレス学会学術総会開催中です。

 

 

「疲労とストレス」

「笑いとストレス」と

ストレスマネジメントが中心ですが

 

大野裕先生の

認知行動療法もありました。

うつ病もどきのPTSDの治療法ですね。

効くかどうかは知りませんが。

 

明日は

「トラウマティックストレス研究」がありますが

「PTSD」とは呼ばないところが

微妙ですね。

 

 

「PTSD予防」の画像検索結果

 

 

最近は

PTSD概念に収まりきれずって

ケースが増えているのでしょうか。

 

 

象徴が使えない発達障害が増えているって

愚説みたいに。