能・歌舞伎・文楽など」カテゴリーアーカイブ

『真景 累が淵』PTSDの負の連鎖を映す生霊ファンタジー

『累が淵』は

鬼怒川沿岸に実在する地名です。

原作は

累という女性が理不尽な死に方をしたので

成仏できず

怨霊となって

除霊されるまで

不幸が延々と連鎖する

長い長いお話です。

それで怖い鬼がたくさん出てきて

『鬼滅の刃』が必要に

累が淵

累は 蜘蛛の糸でDVやいじめの被害者を絡めとる。

こういうことはよくある話なので

たとえ話でしか表現できないけど確かにある。

人気があり

『こういう

どうしようもないことってあるよね…』と集団カタルシス

歌舞伎になったり

落語になったりするなかで

本質が極められ

ユング心理学でいう【拡充法】

原理が濃厚に浮かび上がるようになりました。

落語では

江戸時代に

幽霊はいないというのが常識になったが

怖いと反応してしまう「神経」が厄介と

考えられるようになった。

「神経症(ノイローゼ)」の始まり

三遊亭円朝が

本名は

郎吉

真景 累が淵』と改題し

「神経」と「真景」をかけて

集合的無意識の様子をイメージにした。

かぐやひめ累が淵

感官に起きるデジャヴュ

『源氏物語』にも出てくる「生霊」から

どちらも負の連鎖を教える長編

生霊

平成では『思い出のマーニー』

生霊

トラウマが負の連鎖する様子を示しました。

落語家も芸能人ですから

御多分に漏れず

家庭は恵まれなくて

長男はアル中で行方不明

師匠に邪魔されながら

今なら著作権と業務妨害で牢屋に行くかも💦

苦悩したことが芸の肥やしとなり

トラウマ

奇縁を呼び寄せ

布置

文学として通し狂言の大作を完成させることができたのです。

昔のことではありますが

62歳で脳髄炎で死亡したのは

ストレスフルな毎日だったからでしょうか。

お寿司屋さんで相談すると

お酒は飲めないから「みりん」だったみたいだけど

累が淵

幽霊はお出ましになった。

トラブルが起きやすいのは

今も変わりませんね。

累が淵

『鬼滅の刃』時空を超えて繰り返される『里見八犬伝』

社会現象になっている『鬼滅の刃』には

いろんな鬼が出てきますが

退治されるときに

鬼になった経緯が明らかになるのは

(トラウマエピソード)

心理療法と同じ原理

小説家になりそびれた鬼もいました。

劣等感の克服のしかたで性格が決まる。

鬼滅の刃

『里見八犬伝』が好きで

自分でも自伝を書いていたのですが

そんなに簡単に大家のマネができるはずもなく

「つまらない」「ゴミみたいだ」等と酷評されるうちに

ひきこもりとなりました。

鼓を打っていたら

芸術的表現をすると

無意識に接近しやすくなります。

過去がよみがえり

そこに現れた

問題とは全く無関係な主人公に八つ当たり

転移

「あきらめろ」と言い出します。

投影です。

主人公は

人を殺したことはいけないけれども

そんなに駄文でなかったし

鼓も悪くなかったと

客観的に正しく評価しなおしてあげながら

成仏してくださいと言い

輪廻を断ち切ってあげました。

『里見八犬伝』は

馬琴が書いた

当時のエリートの常識である

陰陽思想に通じていたので

干支の「犬」の字を含む名前の八犬士に

の文字のある

数珠の玉を配分するなどした。

江戸時代後期の

日本の長編伝奇小説で

鬼滅の刃

悪者に乗っ取られた城の

里見家は実在

史実とフィクションが交錯するのは

天皇家の系譜としての

『古事記』と同じ体裁

唯一の生き残りであるお姫さまが

禰豆子のポジション

里見八犬伝

集合的無意識の原理により結ばれた

八人の若者(八犬士)と交流しながら

人生の辛酸を嘗めていることがパスポート

問題解決に導かれるまでを記したお話です。

ヒットするお話にはモチーフがあります。

『鬼滅の刃』トラウマ成仏というPTSD治療のかたち

社会現象になっている『鬼滅の刃』ですが

鬼が住むのは阿修羅の世界で

鬼同士けんかし共食いするので

まきこまれず

目の前の鬼を落ち着いて斬っていくのがコツ

群れないように操作されています。

おおもとの鬼は

何らかの誤作動により

束になって自分を襲ってこないように

(他罰が自罰に変換)

自分は素晴らしいと洗脳しつつ

おだてて闘わせます。

主食は人間で

人を喰った態度

身体能力が高く

良心を解離すると

パフォーマンスは格段に上がる。

笹山登生

鬼の化身の現実

自己治癒力も高いのですが

良心の呵責等

人の世の迷いによるストレスの彼方に住む。

消滅するときは

トラウマエピソードと

その人が鬼になった原因が判明

懐かしい場面を思い出します。

本当は過ごしたかった場所に還っていく。

そこに立ち会う主人公は

お能における通りがかりの僧のような存在です。

トラウマ治療

傾聴し成仏させる。

心理療法も同じだと思います。

中1男子京阪六地蔵駅でPTSD解離自殺未遂のエテ公狂言時代

20日

午前7時55分ごろ

京都市伏見区の

京阪六地蔵駅で

中学1年の男子生徒(12)が

線路に飛び込み

普通電車にはねられて

重傷を負いました。

自殺報道が

また増えているように感じますが

「集合的無意識PT...」の画像検索結果

12歳の子どもまでが

マネをしてしまうというのは

もはや異常現象です。

エテ公流行に絶望してのことでしょうか。

専門家は

「公認心理師」の画像検索結果

「なかいきあか」の画像検索結果

仕事をせず

保身しか考えていないんですからね。

仮に

このカウンセラーが

反省して

猛勉強し

こころを入れ替えようとしたところで

公認心理師の登録をしていたら後の祭り…

先生に反論すれば

公認心理師法違反になるシステムなんですよ。

六地蔵は

6つの世界で

(つまりどこにいても大丈夫ということ)

人を見守るありがたい存在ですが

「六地蔵」の画像検索結果

六地蔵をつくってもらおうと

田舎から来た人をだまして

(自民党の政治家も

田舎の人をだましてきました。

日本は今も

世界の中の田舎者です)

友達におじぞうさんのフリをさせたという

悪党のお話が狂言にありますよ。

エテ公に心理士のフリさせて

人を薬害絶望地獄に突き落とすのと同じです。

「六地蔵 狂言」の画像検索結果

普遍的な問題なんですね。

NHKドラマ『昭和元禄落語心中』には即反応の自殺防止センター

人気漫画が

「昭和元禄落語心...」の画像検索結果

 

ドラマ化された作品の放映が

昨日から始まりました。

「昭和元禄落語心...」の画像検索結果「昭和元禄落語心...」の画像検索結果

 

しかし

楽しみにしていた人たちが

Twitterに何か書き込むと

東京自殺防止センターのアカウントに誘われ

当惑させられるそうです。

 

「心中」と書いただけで

自殺願望があると認識するのに

 

「なかいきあかち...」の画像検索結果

どんなにどんなに訴えても

見殺しにされる子どもがいますから

 

コンピューターに

自殺対策は任せられません。

 

言論の自由については

裁判官にTwitterをやめなさいという東京高裁と

同じような視座ですしね。

 

おかしな政権と心中せんとする状況では

まともな思考はできないのかもしれませんが

パワハラ被害も

見殺しにされている現実は

(被害者は自殺リスク)

日大劇場で実験中💦

 

「曽根崎心中人形...」の画像検索結果「曽根崎心中人形...」の画像検索結果

「PTSD予防」の画像検索結果

文学でも紐解きながら

正しくPTSD予防と治療がなされる国に

再生されるよう

国に死と再生の心理療法が必要💡

こころから願っています。

 

とりあえず

見苦しい公認心理師は

「公認心理師」の画像検索結果

今からでも遅くないから

廃案にしましょう。

 

朝日新聞はアル中(PTSD)編集幹部の知人女性への不適切な言動をパワハラ認定

朝日新聞

東京本社に

就業規則に違反する

パワハラ行為をしたと認定された

飲食店で

酒に酔い

知人女性に

不適切な言動をした。

 

50代の編集幹部の男性が

8月末に退社しました。

 

朝日新聞は

これを5日付の記事にし

広報部は

「ハラスメントを許さない環境づくりを徹底する中

編集局幹部の立場にある者が

こうした事態を招き

大変申し訳なく思っています。

被害者の方におわび申し上げます。

被害者保護の観点から

具体的な内容の説明は控えさせていただきます」と

コメントしていて

ずいぶん変化してきたのは

喜ばしいことです。

 

さらには

こういう事件の背後には

アルコール依存症が隠れているものですから

=PTSD

暴言も暴力と同じ依存症です。

「アルコール依存...」の画像検索結果

 

企業はPTSD予防教育を徹底し

嘘記事を書かせたり

事実を書くなと言って

罪悪感トラウマを負わせない。

パワハラ加害者と心中する

不都合なパワハラをなかったことにするとか

被害者に泣き寝入りさせるとか

「曽根崎心中文楽」の画像検索結果

悲劇を避けるといいですね。

日大劇場に出演することになると

イメージダウン?

社風も最悪になっていく?

 

文楽の人形遣いとPTSDホリスティック治療の妙

「文楽」の画像検索結果

文楽のお人形を

活き活きさせるのは

3人の人形遣いですが

「主遣い」の画像検索結果

箱庭のミニチュアにも登場?

2人は黒子のように

影を消しています。

長く続くつらい修行中であり

舞台に出ても名前すら公表されない。

PTSDの症状もいろいろで

「気配を消している」人っていますよね。

 

「操り人形」の画像検索結果

操り人形ではなく

普遍的に人気のある筋書きがあり

曽根崎心中とかの

自殺物語

3人の呼吸を合わせて

陰陽五行説を3つにした

じゃんけんとも似ている。

「じゃんけん」の画像検索結果「五行」の画像検索結果

行うところに

心理療法と共通する

「妙」があるように思います。

意識と無意識のあいだ

 

『瓜子姫とあまんじゃく』個性化を邪魔するPTSD加害者心理

瓜子姫は

瓜から生まれ

桃から生まれた桃太郎の女の子バージョーン

「桃太郎」の画像検索結果

かぐや姫と光源氏みたいな関係

おじいさんとおばあさんに大切に育てられ

かぐや姫と同じ

毎日歌を歌いながら

楽しく機織りをしていました。

 

「七夕 織姫」の画像検索結果

織姫さまも

機織りができなくなる試練に見舞われ

次の段階へ進んだ。

瓜子姫は

美しい織物がもうすぐ仕上がるのが楽しみで

おじいさんおばあさんの方は

密かにお嫁入りの支度をしているようですが

個性が完成に近づくとき

試練というチャンスが訪れる。

「陰陽」の画像検索結果

そこに

天の邪鬼が現れます。

人のスキ(空き)につけいり

マネばかりしながら

しつこく近づき

暴れて怖がらせながら

巧みに騙して

瓜子姫を木に吊るし

「吊るされた男」の画像検索結果

(このカードも悪くはないんですよね)

 

着物を取り替えて

瓜子姫になりすまし

人を小馬鹿にしながら

調子に乗って有頂天?

 

しかし

そこが運の尽き?

 

機織りなどしたこともないし

反射的にものまねすることしかできないので

鳥の声などマネてしまい

動転して尻尾を出し

獣が化けていた。

成敗されました。

 

日本中にあるお話で

展開はいろいろですが

文楽では

人々が

「山父」というのを恐れていて

誰も見たことがないが

こころを読まれる存在として

恐れている。

 

あまんじゃくにそれを投影して

恐ろしさを増幅させていたようです。

よく「見る」ことや

頭で考えずに動くことで

(無になりきる)

山父の恐怖から逃れられることを強調

あまんじゃくは

いわゆる「天の邪鬼」で

 

仏教と神道のハイブリッドです。

 

仏教からは

 

「天の邪鬼」の画像検索結果

こんな感じで踏みつけられている

中国の河伯(かはく)や

海若(かいじゃく)という水鬼由来の

あまのじゃくと読める

煩悩の象徴で

 

日本の記紀からは

天稚彦(アメノワカヒコ)や

神さまから

世直しを命じられたのに

サボった上に

偵察に来た存在を殺した報いで死亡

女神天探女(アメノサグメ)のイメージが習合されました。

「ふくうけんさく...」の画像検索結果

観音さまの手のように

世の中のありとあらゆるものを逃さず見る能力があったが

それを悪用するようになった。

 

加害者型PTSDって

こういう存在かなぁと思います。

瓜子姫のみなさま

参考にしてみて下さいね✨

 

 

石原さとみ『高嶺の花』も婚約破棄PTSDから

ヒロインが

婚約破棄されたトラウマで

PTSDを発症したところから

「PTSD予防」の画像検索結果

物語は始まります。

 

父親は

恋愛がリハビリになると考えていて(仮説)

その実験物語になるようです。

マウスも逃げ出したりしますから

予想通りにならないところが面白いんですよね。

 

PTSDの症状は

百花繚乱ですが

症状は様々

「ポニョ」の画像検索結果「華厳経」の画像検索結果

花を飾る=華厳経

一即多 多即一 ポニョと妹たち

華道家元の次期後継者ですから

花の匂いもわからなくなる

嗅覚異常と

「五感般若心経」の画像検索結果「五感」の画像検索結果

般若心経にもある「色声香味触法」は

五感と意識の六感

困らないと向き合わないので

急所が狙われる。

病院では「自律神経」の問題と言われたらしい。

 

ヒロインの出自にトラウマを感じる

おばあさんたちは

都合が悪い質問をされると耳が遠くなるのを

ヒロインに指摘されている。

ストーカー行為依存症になりましたが

世間体を気にする旧家なのに

警察から指導される。

自転車屋の男性は

同じストーカーでも

「喜怒哀楽」のうち

「怒り」が強いと相手を憎むだけで出口がないが

依存破滅コース

 

ヒロインは

時を止めて哀しむ愛の人だから

大丈夫だと言います。

PTSD予防では悲哀反応は要ですよね。

 

 

ヒロインと自転車屋

 

大山祇神社「山の神」になり古事記流PTSD予防教育

『日本振袖始』について書いていたら

こんなニュースが飛び込んできました。

 

 

昨日

山の神をまつっている

西会津町の大山祇神社で

神話を表現するアートプロジェクト

「草木をまとって山のかみさま」が

行われました。

 

参加者は

町内で摘んだ野草や花を頭にのせて

山の神に扮して

近くの集会所から

神社まで列になって歩き

 

神楽殿では

面をかぶり

日本神話に登場する

ニニギノミコトやコノハナノサクヤヒメ

イワナガヒメ

舞で表現されました。

 

「日本振袖始」の画像検索結果

『日本振袖始』では

ヤマタノヲロチは

イワナガヒメの化身ということになっています。

ニニギノミコトのもとに

コノハナサクヤヒメとともに遣わされたが

コノハナサクヤヒメだけが据え置かれ

容色の劣る自分だけが帰された恨みから

神さまも

集合的無意識

感情を害されて豹変する

多重人格です。

 

「文楽」の画像検索結果

 

箱庭の

お人形が動き出す世界も

おもしろいですね。