自我防衛機制」カテゴリーアーカイブ

「PTSD治療あるある」山口達也さん断酒成功で耐えきれない「不安」から逮捕へ

不可解な山口さんの騒動ですが

ハーレーで

ノロノロ運転させられ

軽く物損事故を起こしただけで

極悪人のようにスクープされ

ガサ入れまで?

医療機関で治療を受け

断酒には成功していたけれども

断酒会に行けば

表面的には断酒状態になれるが

ただ「我慢」しているだけなので

(ダルクの断薬も同じ)

10年断酒しても元に戻ることは稀ではない。

今年に入って

不安

呼吸ができなくなると

訴えていたということが

わかりました。

これは心理療法あるあるではないでしょうか。

依存症は

問題行動が自己治療となっています。

飲酒や暴力で解離して問題を発散

自分が悩むべきことを周囲に悩まさせる。

説得や

どんなに重症でも軍隊では治る。

行動療法で

こころは不問に行動だけ変える。

それをやめると

当然

解離行動により感じなくて済んだものが

浮かびあがってきます。

それは治療の失敗ではなく

ここからが治療の山場なのですが

古典的な心理療法は

ここからスタートする。

楽な作業ではないので

ストレスに弱い人たちは

PTSDはストレス障害でもある。

いろんな理由をつけて中断してしまうことがあり

完治したとか

忙しいとか

電車に乗るのがつらいとか

元の生活に戻るのですが

売れる本の秘密

言ってほしいことを言ってくれる本は売れる。

最悪の場合は

逮捕ということにもなるわけです。

カウンセリングは3か月に一度

お寺で掃除や写経をしながら自分を見つめ直す作業も

数か月に一度で

どちらも先方の都合で制限されていた。

十分ではなかったのでしょう。

あるいはそういうビジョンがない専門家

2人の山口さんが

ちょっとしたミスで

確かにそんなことはしない方がいいと思う。

世間から不当にバッシングされているのは

治療法はなぜ問題にされないのか。

不治の病だからか。

先天的な傷害なら保護すべきではないのか。

不思議な偶然の一致です。

岡山済生会総合病院で無断堕胎のPTSD解離外科医(33)逮捕マンダラ

岡山済生会総合病院で

妊娠中の女性に無断で

堕胎手術をした

医師(33)が

女性の知人と書いてあった。

逮捕されたと報道されましたが

SNS、医師と死の対話 ALS患者嘱託殺人 :中日新聞Web

ちょうど

こういう事件もあったので

T4思想事件かと思いきや…

その後

自分に妊娠を告げた女性を

「診察してあげる」と言って呼び出し

麻酔薬を使って

意識を朦朧とさせ

無断で胎児を堕胎させ

女性に全治一週間の傷害を負わせたものと

2日後の主治医の診察で

胎児の心拍が途絶えているのを知り

(その後、おなかにいないと覚り)

心的外傷も負った。

判明しました。

まもなく結婚式を挙げる予定だった婚約者や

両家の驚愕は計り知れませんし

心理検査の限界をはるかに超えている。

犯行現場に使われた病院の関係者も

アンジャッシュ渡部 多目的トイレ」のYahoo!検索(リアルタイム ...

住居侵入等に問われるらしい。

「逮捕に衝撃を受けました。

勤務態度は非常に真面目で

勉強熱心。

事件の前後もいつもと変わらずに働いていました。

女性関係のトラブルも聞いたことがなかったのですが……」と

ショックを隠せません。

県内で内科医院を営む開業医の三男として生まれ

末っ子

子どもの時から優しい子で

成績も優秀

テニスにも打ち込んでいましたが

大学時代のSNSには

感情をごまかして

特に何かシンドかったり辛かったりすればするほど

逆にテンションを上げたりして隠す性格」と自己分析

交際相手に求めることを

「適当なキョリ…?」と書いていたそうで

躁的防衛が自覚されています。

一般に

統合失調症の人は繊細で

分裂病時代の人とは異質なのかも…

対人恐怖の人は相手が怖くて

赤面症で森田療法を受ける人なんて

今いるのかな?

人と親密になれないということが知られていますが

悪事がバレないために

そうなっている自覚があるタイプもいると

真面目過ぎて

悪くないのに罪悪感をもって

鬱になるタイプとも全然違う。

わかってきました。

躁的防衛

それが判明するのは逮捕された時?

『ミラーマン』とPTSDのクライエント中心療法

ウルトラマン会議2019が終了したかと思えば

『ミラーマン』

(1971~72年)に

鏡京太郎役で主演した

俳優さんが

他界されました。

朝焼けの光のなかに立つ影は

「ミラーマンの歌」の画像検索結果

「ミラーマン」の画像検索結果

ミラーマンです(^^♪

「もやもや」の画像検索結果

もやもやに光(意識)をあてると

ぼんやりした【影】が映し出され始めるので

それを観察し続ければよいのですが

それは

その人にとってタブーの領域ですから

独りで考えることがむずかしくなります。

そんなときに役立つのが

ロジャーズの方法で

「非指示的方法」の画像検索結果

セラピストは

傾聴しながら

「アリエッティ ...」の画像検索結果

相手のこころを映し出す鏡のようになります。

大円鏡智のように

すべてそのままありのまま映し出します。

鏡には検閲や

好悪の感情はありません。

鏡は人を批判せず

全て受け入れてくれますから

安全な場所であるとの実感に守られながら

こころのなかにあるものを

言語化することで

明確に意識し始めると

意識下にあるものも話し始め

自分でも

『こんなこと考えていたんだ!』と驚きながら

話し続けるのは

プチ解離状態

自分との対話が可能になる装置の完了です。

「ロジャーズ 反...」の画像検索結果

こうして

自分を受け入れ

自分を取り戻してゆくわけですね。

「ロジャーズ 反...」の画像検索結果

『ハケン占い師アタル』不当解雇PTSD自殺未遂管理職の治療法

リストラは

不当解雇ですから

今ではできないことになっているのですが

社員の無知をいいことに

発達障害誤診&薬漬けの流行と

根っこは同じ

人を斬るブラック企業というものが

問題になっています。

アタルが派遣されたことで

職場の人間関係は

だんだんよいものに成長していたのですが

出世しか考えていない上司が

直属の部下に

1人だけリストラさせることで

社長に認められようと謀りました。

職場の1人1人も

『解雇されるのは自分かも?』と不安ですが

リストラさせられる直属の部下も

葛藤し

苦悩から

遅刻や自殺未遂をするようになります。

ここまでくると

PTSD症状なので

気づいたアタルが接近し

正しい判断ができるように導きました。

方法は

毎回同じで

霊視し

イメージの共有のなかで

退行させ

トラウマエピソードの世界に入り込み

何があったか再現

今の感覚で分析し直すことで

価値観・常識を更新

トラウマが消えた純粋な目は

悪徳上司の陰謀も見抜き

不必要な指示には従わず

自分の良心と仲間を守りました。

番組の終わりに

毎回そうじのかかりの人が

何か捨てるものはないですかと

聞きにくるのですが

本以外に

病院の薬を捨てていました。

身体にもPTSD症状が出ていたのですね。

繰り返して聞く曲とか

デスクの上の花とかも

分析の対象になっていて

このドラマは

どこまでも

イメージ分析心理学の世界です。

「公認心理師」の画像検索結果

公認心理のなかには

占いもいるそうなので

(臨床心理に合わせて

公認心理にしなかったのは

占い師参入のイメージが頭にあったから?)

アタルみたいな人もいるのかな?

スクールカウンセラーみたいなタイプだと

会社では

リストラやパワハラに加担するんでしょうね。

T4しながら強制不妊の罪を自己検証する精神科学会のPTSD解離思考

強制不妊手術は

欧米各国でも行われた歴史があり

ドイツの精神医学精神療法神経学会は

2010年

ナチス政権下で

不妊手術と安楽死に協力した

精神科医の実態を検証し

責任を認めた上で

被害者と遺族に謝罪しましたが

日本でも

「日本精神神経学会」と

「日本精神衛生会」が

旧優生保護法(1948~96年)に基づく

精神障害者らへの強制不妊手術に関与した

精神科医が

都道府県の優生保護審査会に

手術を申請し

審査会委員も務めた。

「負の歴史」について

自己検証に乗り出すそうです。

現在も

違うかたちで同じことをしながら

「ADHDうそ」の画像検索結果「発達障害でっち...」の画像検索結果

架空の病気にしたてあげられ

薬漬けにされたままでは

子孫は残せないから

気づいた子どもたちから断薬中

器用なことです。

手下まで大量確保して

「公認心理士20...」の画像検索結果

薬漬けであろうと従わねば

公認心理士法違反になると

明記された特殊な国家資格

分裂気質なのかな?

「分裂気質」の画像検索結果

誤診と薬漬けの方を

先に

実態調査のうえ

謝罪してください。

「豆腐ようは放射性廃棄物の味」英語の教科書に浮かぶ放射能恐怖PTSD否認

文英堂の高校英語教科書

「ニュー・エディション・ユニコーン

イングリッシュ・コミュニケーション3」に

豆腐ようについての不適切な記述が見つかり

問題になっています。

 

豆腐ようの食べ方を知らず

塊ごと口に入れた

英国人が

「まるでブルーチーズと

放射性廃棄物が混ざった物を食べてしまったかのよう」と

驚いてはき出し

「私はコレステロール値が高くてもいいから

豆腐ようを食べない方に賭けてみる」と書いた

旅行記を

わざわざ選ぶ教科書検定は

我が国のあり方を象徴していますね。

 

 

言い間違いには意味があると

フロイト先生は申しております。

 

「フロイト」の画像検索結果

 

PTSD予防教育を適切に行いましょう。

 

朝霞市少女監禁事件の寺内樺風被告(25)は判決ストレスPTSDで統合失調症状態へ

埼玉県朝霞市の少女(16)が

昨年3月

約2年ぶりに保護された誘拐事件で

寺内樺風被告(25)の

判決公判が

さいたま地裁で開かれましたが

 

「寺内樺風」の画像検索結果

 

奇声をあげながら入廷

被告席につくように促されても

「私ですか?」と訊き

名前や職業を問われても

デタラメを言ったので

 

休廷となり

その後も回復しなかったので

判決言い渡しは

延期となりました。

 

これまでの公判でも

奇妙な言動を繰り返し

7月25日の論告求刑公判では

最後に何か言っておきたいことはと尋ねられ

「おなかが空きました」と他人事でしたが

 

弁護人によると

「今朝からこの調子です」とのことで

 

判決ストレスでさらに

解離度が増したものと推測されます。

 

 

「イエス~」

「パチンコ・スロット夢らんど」と

かろうじて

裁判のストレスを受け止めながら入廷しようとした

努力のあとは確認できますが

 

「高須有田」の画像検索結果

 

その後は

自分の存在から距離を置くために

こころが妄想状態に

浮遊してしまったようです。

 

 

しかし

妄想と言っても

めちゃくちゃを言うのは

案外

難しいもので

 

「樺」の画像検索結果

 

樺風というメルヘンチックな名前から

「森の妖精」となり

 

生年月日を

「平成13年1月15日」「16歳」と

退行させてゆきます。

 

「オオタニケンジ」と名乗るのも

 

「オオタニケンジ」の画像検索結果

 

児童合唱団の指揮者だからで

 

こころの「統合」が

おかしくなっている自分に

指揮者のようにまとめてくれる存在が必要であることを

物語っています。

 

しかし

日本人の名前ですし

本籍が

「和歌山県那智の滝」では

「森の妖精」らしくないので

 

「私は日本語が分からない」と

距離をとったつもりですが

それは日本語です。

 

このような精神状態からすれば

裁判所も

自分が裁かれる場所というよりは

 

「トイレです。

私はおなかが空いています。

今なら、1個からあげクン増量中」で

 

幼児期の問題が

ケアされる場所と化しているのでしょう。

 

 

死刑にはならないと思いますが

「存在」を否定されるのは

死の恐怖に相当するので

 

ストレスに弱い

PTSD解離人格の場合は

このような「回避行動」にもなるのでしょう。

 

「弁護士局部切断事件」PTSD解離性私刑執行官の元慶大生(26)に2審も懲役4年6月

妻と不倫した

弁護士の男性の

局部をはさみで切り落とした

元慶応大法科大学院生(26)は

一審の判決に

「量刑が不当に重い」と控訴していましたが

東京高裁の裁判長は

「1審の量刑判断に誤りはなかった」として

控訴を棄却しました。

 

「男性が小番被告の妻と不倫したことは

民事上の賠償責任が生じる

違法なものであり

男性側に落ち度があることは明らかだ」が

「(暴力ではなく)

民事訴訟などで対抗すべきだった。

局部切断は極めて悪質で危険な上

男性に大きな肉体的苦痛と

生涯消えることのない精神的苦痛を与えた」ので

実刑判決は妥当だったとの判断です。

 

日本は法治国家なので

私刑はダメということですね。

 

間に入った妻のウソは

法的には

裁きにくいようですが

 

私刑ではなく

人を陥れたトラウマによる

内なる責め苦に苛まれ

目に見えない

社会的制裁を受けることでしょう。

 

 

小此木啓吾のいた慶大で

こんな事件ばかり起こるのも

不思議なことです。

 

精神分析の第一人者ですが

フロイトは

PTSDの原因を

性的外傷の抑圧と考えたのでしたね。

(本当は他にもある)

 

【解離】と【抑圧】は

 

真逆の心的防衛機制ですから。

 

この構図は

とても「象徴的」ですから

 

これらの慶大関係者は

大人の発達障害ではありません。

 

 

本来

診断ってものは

こんな風に行うものなのです♪

 

大学では

きちんと教えてね(^_-)-☆✨

 

PTSDからみたパーマ大佐版『森のくまさん♪』 の意味

『森のくまさん』の訳詞家が

替え歌を歌う

お笑いタレント

パーマ大佐らを訴えた裁判は

 

 

円満解決したそうです。

 

そもそも

アメリカ民謡ですから

今となっては

原作者に尋ねるわけにもいかないわけですが

 

日本語訳が適切だったかどうかも

わからない話です。

 

 

表現者の意図というのは

専門家にも難しいようで

「象徴が使えない発達障害が増えている」なんて

間違ったことを言って

発達障害薬漬けブームに加担していますし

 

かぐや姫がわがままだなどとの解釈は

(正しくは自己実現モデルなのですから)

 

この裁判での論争以上に

あってはならない原作に対する冒涜行為です。

 

さて

『森のくまさん』の意味ですが

 

「森のくまさん」の画像検索結果

 

くまさんとの遭遇は

 

死ぬかと思うような恐怖心が起こるような状況の

比喩ではないでしょうか。

 

実際のところ

霊長類の研究者も

(お嬢さんじゃないですが?)

何人か

ゴリラやくまに襲われていて

必死で逃げたときのことを

よく書き残してくれています。

 

 

まずは

安全確保が大事ですから

「お嬢さん!お逃げなさい」

 

でも

天災(トラウマ)は忘れた頃に

トコトコやってきます。

 

お待ちなさいと言われたら

立ち止まる必要があります。

 

トラウマワークをしたら

「白い貝殻の小さなイヤリング」が

無意識からプレゼントされるでしょう。

貝殻は

波打ち際(意識と無意識の間)で

見つけることができるものですから

【昇華】のことですね。

恐怖心が智慧に変化して

はじめて経験が意味をもつのです。

 

そこで考えるのが

哲学や宗教であり

人間を強く賢くします。

童謡は深いですね。

 

支援学級担任の暴言によるPTSD性不登校に対応中の神戸市教委

神戸市須磨区の

市立中学校の

特別支援学級の女子生徒2人が

担任をしていた30代の女性教諭に

連日

「色気付きやがって」

「おばさん」などと言われ続け

不登校になりました。

 

保護者が抗議し

市教委が事態を把握

何度か指導が行われ

担任はやっと反省し

謝罪文を書くことができたそうです。

 

市教委は

担任を交代させ

被害児と教諭が顔を合わせないように配慮しつつ

詳細な内容を調査中です。

 

20161016-00063307-roupeiro-000-8-view

 

不登校の原因を

学校がきちんと調査するようになって

よかったです。

 

加害者の教諭の治療も大事です。

なぜ

そのような暴言を吐いたのか

分析するとよいですね。

【投影】であり

教諭の

自分では認めがたい「こころの闇」が

表現されていますから。

自分が

教員として「発達障害」を起こしているのでしょう。

 

また

発達障害は

早期発見し適切に治療すればよいと

喧伝されていますが

それは嘘なので

現場が疲弊し

過剰なストレスが

このような事件を起こしていることも

見えてくるでしょう。

当事者として意見を出してゆく勇気が

求められています。

 

hutu %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-4647

 

こういう節穴スクールカウンセラーたちについても

再考すべき時が来ていますよ。