東大は集団わいせつ事件なら東京福祉大は集団いじめ事件でPTSD性発達障害時代

東京大学の学生ら3人が

女子大学生に

集団でわいせつな行為をした罪に問われた裁判で

東京地裁は

主犯格の東大生に対し

執行猶予付きの有罪判決を言い渡しました。

 

「犯行は

集団による計画的なもので

執ようかつ卑劣」

「被害者の

身体的、精神的苦痛は耐え難く

学生の悪ふざけと評価することは到底できない」と指摘されましたが

「反省し

今後一切

酒を飲まないと誓っている」などとして

懲役2年、執行猶予4年の有罪判決になりました。

 

判決も無視して

心理学科教員が集団いじめに加担している

 

東京福祉大は

凄いですね。

 

そのうちの一人は

私のサイバーストーカー被害研究も

握りつぶして

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-4647

 

こんな場所に

ご登壇です。

 

臨床心理学を学ぶ人が増え

スクールカウンセラーが増えたのに

日本中の学校から

いじめがなくならない理由はここにあります。

 

yjimageZKMWL5WY

 

加害者のみなさんは

大人の発達障害なのでしょうか。

 

fl;

 

学会の見識が問われてます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です