カテゴリー別アーカイブ: 虐待・体罰・いじめ

『ハケン占い師アタル』不当解雇PTSD自殺未遂管理職の治療法

リストラは

不当解雇ですから

今ではできないことになっているのですが

社員の無知をいいことに

発達障害誤診&薬漬けの流行と

根っこは同じ

人を斬るブラック企業というものが

問題になっています。

アタルが派遣されたことで

職場の人間関係は

だんだんよいものに成長していたのですが

出世しか考えていない上司が

直属の部下に

1人だけリストラさせることで

社長に認められようと謀りました。

職場の1人1人も

『解雇されるのは自分かも?』と不安ですが

リストラさせられる直属の部下も

葛藤し

苦悩から

遅刻や自殺未遂をするようになります。

ここまでくると

PTSD症状なので

気づいたアタルが接近し

正しい判断ができるように導きました。

方法は

毎回同じで

霊視し

イメージの共有のなかで

退行させ

トラウマエピソードの世界に入り込み

何があったか再現

今の感覚で分析し直すことで

価値観・常識を更新

トラウマが消えた純粋な目は

悪徳上司の陰謀も見抜き

不必要な指示には従わず

自分の良心と仲間を守りました。

番組の終わりに

毎回そうじのかかりの人が

何か捨てるものはないですかと

聞きにくるのですが

本以外に

病院の薬を捨てていました。

身体にもPTSD症状が出ていたのですね。

繰り返して聞く曲とか

デスクの上の花とかも

分析の対象になっていて

このドラマは

どこまでも

イメージ分析心理学の世界です。

「公認心理師」の画像検索結果

公認心理のなかには

占いもいるそうなので

(臨床心理に合わせて

公認心理にしなかったのは

占い師参入のイメージが頭にあったから?)

アタルみたいな人もいるのかな?

スクールカウンセラーみたいなタイプだと

会社では

リストラやパワハラに加担するんでしょうね。

女子中学生のいじめ自殺にPTSD解離加担した神戸市教育委員会幹部が遺族に謝罪

神戸市垂水区の

女子中学生の自殺を巡り

教育委員会が

いじめに関する文書を隠ぺいしていた問題で

隠ぺいを指示した幹部が

昨日になって

初めて遺族に面会し

「私の軽率な判断で

ご心労をおかけして申し訳ありません」と

謝罪したそうです。

「メモを出すと

第三者委員会の調査が長引く可能性があり

当時の校長と2人で出さない判断をした」のなら

校長も

教育者として

大問題です。

「第三者委員会」の画像検索結果

こころのケア(PTSD予防)センターもある

神戸市なのに

示しがつきませんね。

解離すると

一番ありえないことをするようになるという

PTSD原理がまた証明されました。

千葉の小4女児を苛め殺した父親と学校と児相のPTSD解離関係

千葉県野田市の

小学4年

栗原心愛(みあ)さん(10)が死亡したのは

両親が虐待していたからですが

学校が

父親に脅されて

「PTSDストーカー...」の画像検索結果

アンケートの結果を見せたりしたことが

(助けて下さい等と書いてある)

致命的になったので

学校も

共犯であるとかほう助であるとかで

大問題になっています。

激昂した父親は

心愛さんに

アンケートの内容はウソでしたと書かせ

それを見せられた

児童相談所は

「最初から

書かされた可能性があるとは思っていた」し

「父親が虐待を認めない中

自宅に戻すことはリスクと考えたが

学校内での見守りができており

何かあればすぐに介入できる体制をとっていたことから

総合的にみて

自宅に帰した」と

説明していて

一度も自宅訪問せず

面会もしなかったそうです。

何も考えてなかった(解離思考)わけですね。

スクールカウンセラーも昼寝をしてたのでしょうか。

こんな心理職は要りませんね。

この国の

こころのケアの杜撰さを示す

象徴的な事件だと思います。

死亡した栗原心愛さん(10)両親逮捕&学校も共犯というPTSD解離児童虐待驚愕の現実

千葉県野田市の

小学4年栗原心愛(みあ)さん(10)が

死亡し

父親の栗原勇一郎容疑者(41)が

傷害容疑で逮捕された事件で

心愛さんの母親(31)も

傷害容疑で逮捕されることになったそうです。

最初は

夫の自分へのDVで

被害者だったわけですが

恐怖で身動きが取れなくなっている間に

子どもも

【面前DV】の被害者として

警察に事件としてカウントされる状態になっており

父親の攻撃性が子どもに向かうようになれば

それを放置した母親は

暴行を止めなかった加害者という

存在に移行するわけです。

厳しいようですが

法的にも

PTSD予防が

如何に重要になってきたかということでしょう。

「いじめ傍観者」の画像検索結果

学校のいじめ

会社のパワハラでの

傍観者も

被害者が

PTSD解離自殺したと認められるようになれば

そのうち

罰せられるようになるかもですね。

蚊帳の外の

スクールカウンセラーって

脅されて加害者とタッグを組んだ

学校って

「安談」の画像検索結果

何なのかという話でもあります。

文科省は児童虐待加害者とタッグの教育委員会に行政指導でPTSD予防教育

千葉県野田市の

小学4年栗原心愛さん(10)が

自宅で死亡し

父親(41)が傷害容疑で逮捕された事件で

加害者である父親に脅され

個人情報漏えいした教育委員会について

文部科学省

児童生徒課の

松木秀彰生徒指導室長は

この対応は極めて不適切だったとして

県の第三者委員会などによる検証に

全面的に協力するよう

口頭で行政指導しました。

市にも

苦情が殺到しているそうです。

スクールカウンセラーは

第三者的な立場から新風を吹き込むために

配置されたのでしたが

「公認心理師 医...」の画像検索結果

医師の指示に従うと誓約して取得するような立場である

公認心理師が増えると

学校でこういう問題が起きた際にも

不都合ですね。

文科省には

そのあたりについての

提案も

お願いしたいところです。

父親に脅され解離すると個人情報漏えいする教育委員会は栗原心愛さん暴行死にPTSD予防中か

千葉県野田市の

小学4年

栗原心愛さん(10)が

自宅で死亡し

父親(41)が傷害容疑で逮捕された事件で

心愛さんが

「夜中に起こされたり

起きているときにけられたり

たたかれたりされています」

「お父さんにぼう力を受けています。

先生、どうにかできませんか」と書いた

アンケートの回答のコピーを

教育委員会が父に渡したのは

「安談」の画像検索結果

「威圧的な態度に恐怖を感じ

屈してしまった」ためだそうです。

最近の流行として

学校は問題を

隠ぺいするだけでなく

加害者とタッグを組むという

事例も見聞します。

長いものには巻かれよの

事なかれ主義の現場に

長いものには巻かれよの象徴であるような

公認心理師が入り込むと

学校はますます恐ろしい場所になります。

教育委員会は

罪悪感でPTSD予防中でしょうか。

それなら

それが唯一の救いです。

PTSD予防教育で

子どもの命を守りましょう。

栗原心愛さん「父からいじめ」と訴えたアンケートを父に渡した教育委員会のPTSD解離行動

千葉県野田市の

小学4年栗原心愛さん(10)が

自宅で死亡し

父親(41)が傷害容疑で逮捕された事件で

心愛さんが

「父からのいじめ」があると回答した

学校のアンケートのコピーを

市教委は

児相に相談せず

父親に渡していたことが

判明しました。

学校はよくいじめを隠ぺいしますが

「学校いじめ加担」の画像検索結果

加害者と組んで

子どもを死に追いやったわけです。

無意識の防衛機制について

しっかり勉強しなおさねばなりません。

母親も近所の人も誰も助けてくれず

一縷の望みは裏切られ

死んでいった小さな女の子の絶望感は計り知れません。

「なかいきあかち...」の画像検索結果

専門家から見捨てられて死んでいった

高校生もいます。

母親に児相に世間に見殺しにされた姉(10)の記憶とPTSDの負の連鎖

千葉県野田市の

小学4年

栗原心愛(みあ)さん(10)が

自宅で死亡した事件で

父親(41)が逮捕されましたが

「生活態度を注意したら

もみ合いになった。

うるさくて暴れるので

しつけのためにやった」と

供述しているそうです。

日常的に暴行されているので

身体にはあざがたくさんあって

「お母さん、怖いよ」と叫び

近所の人たちも

女児の泣き声や男性のどなり声を

度々聞いており

学校での

いじめに関するアンケートで

「父からいじめを受けている」と書いたので

児相に一時保護されたこともありますが

その後は

放置されていて

死亡した日も

お母さん(31)は助けてくれませんでした。

「児童虐待」の画像検索結果

妹(1)は

まだ何もわからないと思いますが

それでも

このままでは

精神的に何らかの負の影響を受けるでしょう。

自殺予防も

児童虐待防止も

専門家が集まっただけで

昔と全然変わりません。

「八卦見」の画像検索結果

それで

占い師も多数受験したと揶揄される

公認心理師に

期待がかかっているのでしょうか?

「ボヘミアン・ラプソディ」監督に未成年セクハラPTSD疑惑

『ボヘミアン・ラプソディ』の監督(53)に

複数の未成年者への

セクハラ疑惑が

浮上しましたが

監督は

全面的に否定し

「(賞レースの)タイミングを狙った記事だ」と

反発しました。

「被害者は

心的外傷後ストレス障害(PTSD)に

苦しんでいる」というのが

事実なら

「ボヘミアンラプ...」の画像検索結果

フレディー・マーキュリーと

同じですね。

「風と木の歌」の画像検索結果

同じくらいの時代の話かな。

ワンマン私学のパワハラに農民一揆の傘連判状でPTSD予防中の正則学園の先生たち

今月8日

東京都内千代田区にある

私立・正則学園高校で

長時間労働や残業代不払い

伝統という名の

理事長に対する

毎朝の意味不明なお礼参りの強制等

今回は別な意味でのお礼参り

ブラック企業さながらの違法行為に

長年耐え

怒り心頭の

教員たちが

ストライキを起こしたそうです。

こういうパワハラに疲弊して

生徒指導が二の次になっているのは

全国的な大問題ですが

ストライキというなつかしい行動に出た

先生方が使われたのも

笠連判状と呼ばれる

農民一揆等で使われたものだそうです。

円状の署名なので

首謀者が誰かわからないというのが特徴

「日大劇場」の画像検索結果「日大劇場」の画像検索結果

日大劇場で

日本の学校組織というものの

PTSD問題の根深さが明らかになりました。

打破するには

相当な覚悟と知恵が必要だということで

「集合的無意識PT...」の画像検索結果

集合的無意識にある智恵が

浮かび上がったのでしょう👏👏👏