カテゴリー別アーカイブ: 虐待・体罰・いじめ

鹿児島の強制わいせつ依存症(PTSD)医師はとりあえず詐欺で再逮捕

向精神薬を

診察せずに譲渡したとして

先月23日に

九州厚生局麻薬取締部に逮捕されていた

鹿児島市の

精神科医(45)は

 

患者を診察していないのに

診察したかのように装い

診療報酬をだまし取ったとして

詐欺の疑いでも

再逮捕されました。

 

 

 

警察が

こうした数万円の詐欺でも動くのは

 

悪質なのに

立証が難しい

複数の患者さんへの強制わいせつ等を

なんとか立件するためではないでしょうか。

 

 

 

こころのブレーキ以外に

 

 

良心も失った

ヌケガラビト=依存症の医者が

クリニックを開業しているなんて

恐ろしいですね。

 

嘘つき教諭にいじめ「見て見ぬふり」され不登校の小4男児にPTSDの診断

神奈川県茅ケ崎市立小学校4年の

男子児童(10)が

同級生からのいじめが原因で

約2年間不登校になっている問題で

当時担任だった女性教諭は

「けんかになっていた認識はあるが

いじめとして気付けなかった」と話し

保護者にも同様の説明をしていましたが

 

一転

「いじめだったと認識していたが

『遊びの延長だ』と思い込むことで

いじめを見て見ぬふりをして

何事もなかったかのように過ごしていた」

「同級生たちが

一方的にたたく、蹴る、追い掛ける

時には殴るなどを繰り返していたが

だんだん注意することが面倒になった」と

本当のことを話しだしたそうです。

 

男子児童は

新聞社の取材に対し

「先生に

何度も『助けて、助けて』と大声で言ったけれど

一回も助けてくれなかった。

もう何もできないと思った」と話していて

心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症し

療養中だそうです。

 

スクールカウンセラーもいたでしょうにね。

お昼寝してたのでしょうか?

税金の無駄づかいですね。

臨床心理士ではなく

公認心理師になれば

少しは起きてくれるのでしょうか?

 

 

 

発達障害ではなく

PTSDと診断されたのだけが救いという

あまりにひどい場合に

やっとおまけのようについてくるのかな?

 

救いのなさです。

 

国境なき医師団PTSD解離職員19人を性虐待で解雇

仏パリを拠点とする

国際医療支援団体

「国境なき医師団(MSF)」は

 

団体に

昨年届いた

苦情・警告146件のうち

40件が

性的嫌がらせまたは性的暴行の訴えで

このうち24件について措置を取り

職員19人を解雇したと発表しました。

 

 

「バチカン性虐待」の画像検索結果「バチカン性虐待」の画像検索結果

 

聖職者でも

こういうことがありましたからね。

 

発覚した頃には

子どもたちは

PTSD発症リスクにさらされ

 

発達障害との誤診を受け

 

誰からも理解されず

絶望していることでしょう。

 

新しい

救済システムが必要です。

 

節分は、お豆を徹底的にいじめ てPTSD予防教育

悪魔, マスク, サタン, ロースト, 豆, 節分, 祭り, 日本

 

節分ですね。

恵方巻きの売れ行きがよいようですが

私も食べました!

昔からあるのは「豆まき」です。

 

「鬼は 福は」で

陰陽が強調される構造のなかで

 

豆が徹底的にいじめられているのが特徴です。

火あぶり

投げつけ

かじられる。

豆にうらみがあるのではなく

丸くて硬いので

「金気」の象徴として

選ばれたみたいですよ。

 

春の兆しを

木気

金物は台無しにするので

金気

先制攻撃ってことですかね。

 

全く科学的ではありませんが

こころに春がくればよいのです。

なかなか合理的ですね。

 

鹿児島市の精神科医(45)からの被害に気づいていますか?(PTSD性否認)

また酷い事件が発覚しましたね。

 

手口が明らかになり

実名が出たので

通報を呼びかけられています。

「今まで
山口龍郎容疑者の氏名が公表されて来なかったため
自分が被害に遭ったことに
気付かなかった人がいるかもしれません。
今回報道で顔も氏名も公表されたので
以下に心当たりがある方は
速やかに厚生局麻薬取締部や警察に相談して下さい」
病の特徴として
被害に気づきにくいということもあると思いますから
あまりに酷い出来事は忘れられたり
大したことがないことにされたりしがちです。
きちんと摘示されています。
①院長不在時に、診察も無く薬だけをもらったことがある
②診察もなく向精神薬を自宅に宅配されたことがある
③自分に処方されたはずの向精神薬を、院長にお願いされて譲り渡したことがある
④院長に迫られて性的関係を持たされた
⑤性的関係を持った時に18歳未満だった

 

こころのケアの第一歩進めましょう。

 

歯科技工士女性のマタハラPTSDに対して岐阜地裁が500万円支払い命令

産休や育児休業に関して

嫌がらせを受け

うつ病を発症して

よくあるPTSDの間違い。

うつ病はストレスで発症するものではない。

休職中に退職扱いとなった

歯科技工士の女性が起こした

マタハラ裁判

 

岐阜地裁は

うつ病の発症は

産休や育休に関して非難されるなどした

精神的負荷の積み重ねが原因と認め

「退職扱いは違法」として

歯科医院に

計約500万円の支払いを命じました。

 

最高裁も理学療法士の女性へのマタハラを

違憲としていますよ。

一審・二審からの逆転判決

提訴後も

性格が悪い等と

さんざん中傷された。

 

「いじめ撲滅」の画像検索結果

 

慶大アイスホッケー部の男子学生はPTSD解離婦女暴行で逮捕

京大生が殺人未遂なら

帰省中はPTSD事件が起きやすい。

慶大生は

帯広の飲食店のトイレで

会社員の友達と共謀して

20代の女性に

性的暴行を加え

逮捕です。

 

「慶応レイプ」の画像検索結果

 

「慶応学長謝罪」の画像検索結果

 

慶大の塾長はまた

お詫び文を掲載しないとダメですね。

 

こういうのは

解離犯罪であって

発達障害とは関係ないので

 

 

社会に貢献しない心理学では流行中の

大人の発達障害

 

大学の品性を保つには

PTSD予防教育が必要でしょう。

 

日馬富士引退の大相撲と欅坂46騒動の紅白が映す2018日本の世相

大みそかといえば

紅白歌合戦というイメージも

過去のものとなり

 

「コクリコ坂から...」の画像検索結果

『コクリコ坂から』より

流れているのは『上を向いて歩こう♪』

「第68回NHK紅白歌合戦」の

平均視聴率は

前半(第1部)は35・8%

後半(第2部)は39・4%

 

今年9月に引退する安室奈美恵(40)に

なんとか出場してもらったりしましたが

 

後半は

歴代ワースト3位となりました。

 

欅坂46と総合司会のウッチャンナンチャン・内村光良(53)の

共演パフォーマンスの最後に

平手友梨奈(16)志田愛佳(19)鈴本美愉(20)が

過呼吸等で倒れたハプニングが

PTSD症状の1つで

いじめ等の原因が否認されているという

不協和音に倒れた象徴的出来事

実は視聴者の一番の関心事です。

雅子様同様

態度が悪いのか病気なのかという

旧態依然とした評価も多い。

 

 

 

暮れの

大相撲の騒動も

ガチンコであるべきと考える貴乃花親方と

所詮プロレス同様の興行で

胡散臭さを敏感に見抜いた

いじめっ子たちの

プロレスごっこが社会問題に

ガチンコでは危ないに決まってるのだから

八百長のどこが悪い!という旧勢力との対立に

酒席では

【抑圧】が取れて暴力無礼講の業界で

どこが悪い?の本音

警察が介入した事件でした。

八百長は詐欺で

暴行は傷害罪のものさし

 

大相撲も紅白も

限界のうえに限界を重ねて

世相が如実に表現されたのです。

相撲占いの歴史と

巫女としてのアイドル

 

戌年ですから

戌(じゅつ)で

滅ぶ、切ることで

滅びゆくという象意

古い常識は

 

「ブレイクスルー」の画像検索結果

 

どんどんブレークスルーとなる兆しです。

 

抑圧された

声にならない声を聴く年となれば

PTSDの発症も減るでしょう。

精神病は

こんな事では減りません。

 

 

「欅坂46紅白」 PTSD発作で倒れるメンバーいても「他人事じゃねーか」の犬HK

前記事ですが

 

10代のメンバーは

紅白の晴れ舞台で

余裕などない

ギリギリのストレスに曝されています。

 

大人の内村さんですら

コラボのためのダンスで精一杯💦

 

 

 

でも

向かって右のメンバーは

異変に気付いてますよ。

 

司会者とか

審査員の方とかは

気付いてないはずがないですが

問題にしません。

 

今年はなぜか

YOU TUBEで紅白が見られないと思ったら

これが原因?

 

教室でのいじめなんかも

こんな感じで

気づかれなかったり

隠蔽されたりするのでしょう。

 

アイドルは

時代を映す鑑ですね。

 

言葉では何とでも言えますが

表現はごまかせないのです。

 

 

「憑依型象徴表現」欅坂46が過呼吸で倒れた紅白歌合戦2017

第68回紅白歌合戦で

欅坂46の

鈴本美愉(20)さんが

総合司会の内村光良とコラボした際

最後の決めポーズで後ろによろけ

 

 

 

センターの平手友梨奈(16)さんも

ふらつき

歌唱後

メンバーに両脇を抱えられて退場したそうです。

 

他にも

鈴本、平手、志田さんら3人が過呼吸になり

「現場で待機していた看護師の手当て」を受けたとのことで

 

「紅白にかける思いが強すぎて

このような症状になった」とのことですが

確かに

森昌子(1970年台の中学生)なんかも

舞台袖で倒れていたと

校長先生が言っていた。

“憑依型”パフォーマンスが

持ち味と言われているそうなので

崖の上のポニョなみの限界パフォーマンスで

無になると

巫女的に今を映し出す表現が宿る。

『不協和』という曲のタイトル

言いたいことが言えないから

本当は不協和音だらけでしょ?

 

「逆三角形」状のフォーメーション

変化のサイン

なんか象徴的な意味を感じます。

 

 

 

 

2018は

問題が浮き彫りになるように

コラボが流行ればいいかも!