『チャングム』第五十三話 大長今

チャングムは
【長今】と書くようですが

実力や功績が
王から認められ

【大長今】という
称号を贈られました。
 ―これは凄い称号らしく
 天敵たちが必死で反対していました。

 …

禅などから
集団精神療法に至るまで

いろんなところで
「今・ここ」の精神が
謳われています。

「今・ここ」は
時間と空間が一緒になった
心理的な場です。
 ―タイミングや
 トキ(カタカナで)と言ったりします。
 タイミングは英語圏の人たちより
  日本人がよく使う英語です。

チャングムの人生には
これまで
本当に過酷なことが
いろいろありましたが

目の前にやってくる
そのとき
その場を
人のせいにせず
泣き言を言わず
言い訳をせず
必死でとりくんできました。

名前のとおり
まさしく
【大長今】だなぁと思います。

『チャングム』第五十三話 大長今」への0件のフィードバック

  1. sakura

    SECRET: 0
    PASS:
    ほんま、大長今って“永遠の今”なんだと思いま

    おっしゃるようにチャングムの能力の本質なのかもしれません。

    返信
  2. 翠雨

    SECRET: 0
    PASS:
    >sakuraさん
    永遠の今って凄い名前ですね。
    あと一話ですが、見てしまって、今凄い喪失感に襲われてます。
    韓国ドラマは恐ろしい…(>_<)

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です