朝日新聞『青銭大名』第二十九話 陰陽五行説どおりの構図

$PTSD研究家翠雨の日記
★右の人物のいるのは
鬼門
別名【変化宮】
 
$PTSD研究家翠雨の日記
鬼門の方向は
時間にしても
季節にしても
変化のとき
純粋な昔の人は
不安で一杯でした。
右の人物は
五郎左という
孤児
 ―平成の孤児同様
 PTSD予備軍
ちょっと危なっかしい
感じでいますが
これ箱庭でも
よく見ます。
 ―予後はいいです。
 クリスチャンの牧師
 (ユング派)は  
 こういう子警戒します。  ←枠からはみ出るからひらめき電球
自力でがんばる方向ですね。
 ―ここをみれば
 PTSD克服の意思がどの程度か
 わかるのですドキドキ
★左から姿を表したのは
京で別れた
意外坊
 ―意外な出現をしますね。
 ひょうたんは【空】の象徴です。 
方向は【天門】
願望や祈りの内容が出やすい
方向です。
無意識的には
会いたかったんでしょうね。
酒を呑みながら
いろいろ話した仲だから。
作者は
陰陽五行説なんか知らないと思いますよ。
でも
無意識には
しっかりありますからねニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です