愚禿親鸞を誤解したらPTSDが治らない

『笑う親鸞』という本から
ひらめきました。
親鸞は
悪人こそ救われるなんて
言いますから
未治療
重篤
アウトロー型PTSDに
 ―モンスターと言えば
 わかりやすいか
大人気です。
しかし
それは
誤読によるものです。
 ―認知の歪みのうえに
 都合の良いところだけ
 つまみ食いする癖がある。
 要するに
 どんな本も
 自分の都合の良い内容に
 変える才能がある。

ちょっと書いておきましょう。
★自力の限界
 自力を尽くせば
 他力が出てくるからであって   ☚神通力
 努力放棄の勧めでは
 ありません。
★愚禿
 愚かなハゲに妙に反応
 病気をギャグにしたりしてたら
 治りません。
 フツーの人々と視線を合わせる
 位の意味ですから
 トラウマと視線を
 合わせないとダメです。
 (トラウマを上から目線で
 見下ろしているうちはダメ)
★悪人正機
 自己実現しようとする
 最初の段階で
 悪人に見えることが
 あるけれど
 そういう人のほうが
 適応している人より
 結果的には
 幸せになれる可能性があると
 いうことです。
  ―かぐや姫がわがままと
  言われるような感じ
  実は自己実現のモデル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です