中島みゆき」カテゴリーアーカイブ

高知東生さん極妻コンプレックスに有効なPTSD治療法は?

高知東生さんは

9月に自伝の中で

プレイセラピー

「痛みすぎて封印していた」

トラウマエピソードについて明かしたそうです。

【機能不全家族】とか【毒親】という言葉は

よく聞かれるようになりましたが

流石にタレントになる人となると

スケールが違いますね。

両親はいないと聞かされ

調べるという発想もない時代

祖母に育てられていたら

保護的だったが

実母でないから気を遣う。

養子型PTSD

養子型トラウマ

気まぐれにやってくる

気前のいい美人のおばちゃんが実母だと言われ

驚きながらも同居して

嬉しく思ったのもつかの間

とても一緒に暮らせない性格で

そのうち自殺してしまい

PTSDを発症しつつ

極度のストレス生活を送っていた。

地域で有名な暴力団組長が実父と聞かされて

怖いけど他に頼るところもないし

ルーツがわかって少し嬉しくて

必死で合わせていたのに

かなりの適応能力

ウソだとわかります。

誰だって人間不信になります。

友達にも実は親がいて…と話していたのに

嘘をつかされてしまった等

複雑な思いが募る生い立ちです。

「高知東生」を生きようとし

高知の田舎から東京へ

ちょうどバブリーな時代で

富と仲間を手に入れるために

背伸びして演技し

ヒステリー性格がどんどん磨かれる。

そこにあった「クスリ」を使うようになったとのことです。

使いたくて始めたものではないが

ストレスがかかってしんどくなると

この時代に退行するようになった。

逮捕されて

薬はやめても考え方はそのまま

執行猶予中に

交代で世話をしてくれる友人たちがいたことに感謝しますが

普通は

内観療法やお遍路さんで

これを深く確認して治る。

相手がやさしければやさしいほど

失われた時を求めて【転移】が起きるのでしょう。

遊戯療法

遊戯療法

友達ではなくお母さんを見ている。

忙しいなか来てくれるタイミングと

自分が来て欲しいタイミングのズレが気になってしかたないけど

授乳のタイミングみたいなもの

プレイセラピー遊戯療法

そんな要求はおかしいとは理解できるので

感謝の気持ちを表していたら

本当のことが言えない苦しさと

本当のことを言って友人を失ってしまいそうな恐怖

そんな理不尽な葛藤を持たされる怒りと

わけがわからなくなったりもするような精神状態では

きちんとした【認識】も無理というもので

国立精神・神経医療研究センターの

松本俊彦医師が主治医になっても

最高の治療が存在し

それさえ受けられたら治るのに…と思うのは幻想

『あ、俺って病気なんだ』と腑に落ちるまでに何か月もかかり

結局は古典的な

「12ステップ」のプログラムを続けているそうです。

現在、12ステップ中の「ステップ9」

あと数ヶ月で最終ステップというところまで回復予定

遊戯療法

そういうのも役立ったかもしれませんが

極妻と離婚する作業も必要だったわけですね。

プレイセラピー

今度は自分がお母さんを裏切った。

野球少年の頃に

お祖母ちゃんと相談を受けていれば

学校も当時は心療内科ではなく

箱庭とかプレイセラピーにつなげていた。

PTSD

全く違う人生になっていたことでしょう。

リトルトーキョー近くで爆発 『鳥になって🐦』

米メディアによると

米西部ロサンゼルスの中心部の

日系人街リトルトーキョーの近くで

「リトルトーキョ...」の画像検索結果

アメリカに映し出された日本の縮図

16日午後

爆発があり

複数の建物で火災が起きたそうです。

原因は不明のようですが

前記事で

この歌を連想していたのは奇遇です。

人間の心理にはパターンがあること

そのなかでも

影を追いかける習性が特によく知られていて

そんなことに疲れてしまった人が

記憶を消すために

睡眠薬を所望するようになること

そのうち解離するようになると

さらに悲しいことになり

現実に生きる人も記憶も操作できないと知らされること

※の最後が実に意味深です。

結局は

睡眠薬も自分の思い通りには効いてくれないわけですが

多くの人は

いつまでも新薬を待ち望むことしかできないのです。

安倍政権に福祉を期待し

その挙句の果てが公認心理師🐒でということも…

こころに染み入る優しい音色に

予後は

「子供の国」のイメージの取り扱いにかかっているという

究極の選択肢を暗示する詩を乗せるのが

中島みゆきさんらしいところかな…。

『鳥になって』は

「百尺竿頭」の画像検索結果

こういう視座からのうただったのですね…( = =) トオイメ目

『誰のせいでもない雨が』鈴鹿高校男子生徒PTSD解離自殺の諦観

前記事ですが

自殺した生徒が

誰のせいでもないと書いていたと

校長が発表した点にも違和感を覚えます。

こんなうたがありました。

「誰のせいでもな...」の画像検索結果

誰のせいでもない

しかたのない雨が降っていて

誰も気にしていないし

赤ん坊さえ

もう慣れてしまっているかのように見えます。

今なら

連日の人身事故とか

薬害問題とかを連想します。

専門家と言われる人たちだって

かつては権威と闘い

「学生運動」の画像検索結果「学生運動」の画像検索結果

よい国にしたいと思い

よいカウンセリングができるように

特に関係性において

活動してきたはずです。

しかし

魂を売り

エテ公🐒になってしまい

「公認心理師」の画像検索結果

「東須磨小学校」の画像検索結果

いじめ等問題があっても

ますます隠ぺいされるシステムが強化されたのです。

かつてクライエントのためにと言っていた口で

組織に迎合することが

法的に義務付けられたのです。

校長による「早すぎる伝令」も気になります。

公表していたとは言っても

個人情報が保護者ではなく

校長から

内容をよく吟味せず概略として伝えられる点に

今の学校組織の問題が隠れているような気がします。

優秀な生徒は

こういう世相を敏感にキャッチし

絶望してしまったのではないでしょうか。

ラポールでPTSD(◎_◎;)

 ラポールという言葉も

実は

共通言語にはなっていないということが

わかりました。

橋をかけると言えばわかるでしょ?と

思ってきましたが

「橋をかける」の画像検索結果

こういうイメージをもつ人ばかりとは

限らないですね。

「橋と聞いて何を思い浮かべますか?」と

尋ねれば

その人がどんな風に

ラポールを形成しようとするのか

見えてくるかもしれないなぁと思いました。

「橋をかける」の画像検索結果

これは凄いですね。

このくらいになれば

絵の中の橋の描き方にも

表れるでしょう。

昨日の

『キジも鳴かずば…』は

橋を架けるのに

父親が人柱にされたショックで

PTSDを発症した女の子のお話でした。

「人柱」の画像検索結果

人柱を立てねばならないなら

無理して橋を架ける必要もないのですが

(心療内科と同じで行かない方がマシ)

集合的無意識に流されて

「合意」させられる人も多いのでしょう。

「橋の下のアルカ...」の画像検索結果「橋の下のアルカ...」の画像検索結果

思いのほか

哲学的なテーマなのかもしれないですよ。

中島みゆき『やまねこ』女子高校生デリヘル女衒の慶応大院生PTSDの負の連鎖

女子高校生に

個室で

男性客に対し

わいせつな行為をさせた

慶応大大学院生(33)が

児童福祉法違反などの疑いで

逮捕されました。

女に生まれて

喜んでくれたのは

菓子屋と

ドレス屋と

女衒と

女たらし…♪

「なかじまみゆき...」の画像検索結果

そうとしか

思えないように

人を追い込むかもしれない

人道上の罪ですが

伝統に従ったまでということでしょう。

「学問のすすめ」の画像検索結果「慶應福沢諭吉」の画像検索結果

ニンゲンは平等だなどと言ったのではないのです。

本来平等であるはずの人間に

かしこいひととおろかなひと

富める人と貧しい人があり

その差を越えるには

自己責任で勉強しなさいと言っており

周辺諸国を見下すばかりか

自国の弱者も

騙して売り飛ばしたのでした。

慶應では

エテ公も

(公認心理師を得ること)

かしこいね💕と頭をなでられるのでしょう。

ADHD等とハイカラな名前をつけられ

からゆきさん

天才等とおだてられた

自分の子どもを

アメブロに売って

トップブロガーと称賛されてる

場合じゃないですよ。

『ふぞろいな秘密』プッツンはPTSDの解離

『積木くずし』 はPTSDの負の連鎖というのと近い表現に

「プッツン」は「解離」というのがあります。

ぷつんとキレてバラバラになる。

プッツン女優と言われた人が

本を書き

さらに

納得できない部分を映画にしたそうですが

「ふぞろいな秘密」の画像検索結果

幼少期の父親のDVと離婚から始まり

プッツン(解離)の原因となるトラウマ

交際していた歌手の

病的なDVが強調されています。

何も考えていないようで

PTSD理論はしっかりおさえられている不思議

 

「石原真理子プッ...」の画像検索結果

 

映画によれば

知らずに不倫関係になり

携帯電話もネットもない時代なので

今よりそういうことは多かったかも

離婚が成立した頃には

DVがひどく結婚をあきらめたのに

怪我やめまいで瀕死の状態

わがままなプッツン女優とバッシングされ

当時は反論するのも面倒なので諦めていたけれども

抑圧

時を経て納得いかなくなったのは

自然なことで治療的です。

 

男性歌手率いるグループはセーフティゾーン

名前も半分本名

実名でホラー仕立ての

積木くずしよりはマシですが…💦

「セーフティゾー...」の画像検索結果

適当につけたのでしょうが

無意識的にはDV事件を起こす自覚があったのでしょうか。

 

最初と最後は本人も出演

最後は

なぜか中島みゆきみたいな風貌なのが不思議ですが

「中島みゆき」の画像検索結果

ここにたどり着けば変容できるかもという

予感なのかな。

 

中島みゆき『歌姫♪』ウソがうまい医療とウソが好きなPTSD患者のコラボ

https://www.youtube.com/watch?v=Y_6nmWR_UV8

 

どうしようもないあきらめと

ため息が聞こえてきそうな曲ですが

その部分に共感できます。

 

そういう時は

思いを

表現するしかなく

また

それが重要だと思います。

 

PTSD否認と薬害の問題は

簡単な話なので

分かる人には

明確に分かることなのですが

 

意外にも

ウソが好きな人が多くて

継続中なのです。

 

ゲスの極み乙女。からネットストーカーidthatid『キツネ狩りの歌♪』まで「かまってちゃん型PTSD」

結局は

自分は

「ゲスの極み」であるとの予感があり

それを証明するための

活動であったのではないかと

ネット上では分析されています。

 

私も

しつこいキツネにうんざりでしたが

 

何故か

尻尾を出し続ける習性が

不思議でした。

 

墓穴を掘りすぎて

少し検索すれば

身バレする段階になりましたね。

 

そこからさらに

本名で検索すると

 

スクリーンショット (1193)

こんなの出てきますよ。

 

 

いつかこんな日がくる予感があったのでしょう。

 

ちなみにこの歌は

「裏切り」に関するものですが

ストーカーも最初は

好意的に忍び寄ります。

 

キツネ狩り始まりました。

 

PTSD事件には

象徴が生きています。

 

 

 

中島みゆき『12月』JR神戸線でもPTSD解離自殺

12:22頃

住吉駅で

人身事故があったそうです。

 

「風物詩になっている」と

書き込まれ出しましたね。

 

 

中島みゆきさんが

1988年に書いた曲にも

若い女性の自殺が急に増えるとか

「大都会の薬局では

睡眠薬が売り切れる」とかは

出てきますが

 

今は

女性に限らないし

薬漬け時代です。

歌詞が辛辣すぎるとのことで

2番の歌詞がカットされたそうですが

これも

辛辣とは言えなくなっているのでしょうね。

 

 

t02200211_0800076810933194904

 

 

『永遠の嘘をついてくれ♪』夢見るはにわ?idthatidのPTSD解離共依存関係

クリックすると新しいウィンドウで開きます

この期に及んでも

嘘ばかりなのに

そうかそうかと聴いてもらえて

f0351810_18392925-105x3002-105x3002-105x3001-105x300

よかったですね。

でもね。

神さまはちゃんと見てますよ。

絶望から開き直って

反社会的な言動ばかりする

未治療重症PTSDを利用するような

スクールカウンセラーがいてもよいのか

世間からも裁かれることになるでしょう。

https://youtu.be/1YX21xGwrsU