孤立化し凶悪化するばかりのサイバーストーカー加害者のこころのケア(PTSD治療)こそが被害者を救う

ある意味での 加害者ケアが必要なのです。

「加害者ケアがポイント。

せっかくの講演会にも

被害者とその理解者で埋まってしまうだろう。

そもそも加害者は間違った正義感をもっているか

自分を被害者だと思っているという」

その通りです。

どこで話しても

意見は一致しています。

稀代のサイバーストーカーidthatidが

555ddaba24f02077093f5470425fc0cd-1

%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3_20160628-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

心理職なのに

実名で

複数の学会に

なりふり構わず

認知の歪みも激しい病的な内容の

怪文書を送るようになるまでに至ったのは

魂の叫びなのでしょう。

スクリーンショット (2100) o050003331292322961964 スキャン_20151020 (4)

一時期意気投合した

共依存関係の

はにわと同じく

(ブログ閉鎖したので

少なくとも

その分だけは上等)

どうしてよいかわからないのです。

歪んだ正義感の治療ですね。

被害に気づいていない

「安談」の画像検索結果

このお師匠さんや

「安談」の画像検索結果

虚偽報告されたブロガーさんも

(自分の支援で大学目指すまでになったとの大嘘💦)

救わねばなりません。

スクールカウンセラーとして

派遣された先の

学校の子どもたちも

大丈夫でしょうか?

ご連絡お待ちしております✨

32 thoughts on “孤立化し凶悪化するばかりのサイバーストーカー加害者のこころのケア(PTSD治療)こそが被害者を救う

  1. あ*=franoma

    孤立ということで、こちらにコメントします。

    『ママ友がいない…欲しいけどできない「ぼっちママの特徴」』
    – Ameba News [アメーバニュース]
    https://news.ameba.jp/entry/hl/20190514-110/
    という記事が出ました。

    私どもは、普通に暮らしてきましたけれども、息子が幼稚園に入ったあと、
    色々ありました。私がヘアカットで外出中に夫が電話に出て
    「妻はビョーインに行っています」と言ったため、電話してきた相手はビックリ!
    「妻はビヨーインに行っています」だったのです…orz
     さような不幸な行き違いがあって、
    固定電話でも携帯でも、日本語がイマイチな主人が出ることがあるので、
    「すみませんが、電話、奥さんに代わってください」
    と言ってください…とお願いしたら、
    誰も電話して来なくなってしまいまして、「ぼっちママ」になりました。

    「すみませんが、電話、奥さんに代わってください」と言われれば、夫も
    「妻は外出しています。また後でお電話ください」くらいの日本語はできたのに残念でしたね。

    Отправлено с iPhone

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      ちょっとしたことなのに残念でしたね。
      病院はちょっとビックリですが、想像力を働かせたりしながら会話を楽しめばよいのにと思います。

      記事は発達障害ネタになっていなくてよかったです。

      返信
      1. あ*=franoma

        「病院はちょっとビックリですが、想像力を働かせたりしながら会話を楽しめばよい」というのは、普通なら出来ますけれども、当時は既に2001年911の後で、夫も未治療PTSDによるストレス脆弱性ゆえに、そんな余裕はなかったのです。仕方なく私は、ビョーイン事件の後はヘアカットくらいの理由で家を空けることは断念し自分で切ることにしました。実は、以前、ミュンヘンでヘアカット50マルク払ったのに下手クソだった上に、その美容師が「こんな硬い毛!ハサミが傷むから二度と切りたくないわ!」と暴言したので、ミュンヘン時代は、ずっと自分で切っていました。後に、とあるハンガリー女性が「私がやってあげる!」と言って下さったので、有り難いとは思いましたが、自分で切るスキルも上がりつつあって楽しくやっていたので、お断りしました。プロの美容師ならば、髪質は「あなたのヘアカット引き受けます」と契約を結んだ時点で判断できていなくてはならず、仕事を受けておきながら上手く出来なかった挙句に「こんな硬い毛!ハサミが傷むから二度と切りたくないわ!」と言うのは八つ当たりで、プロとして見っともない…というご意見でした。

        idthatid さまの八つ当たりも凄くて本当にビックリでしたね。しかも、何の契約もなしに、いきなり子どもを攻撃してくるなんて…ただの触法精神障害者でしかありません。美学もクソもないのでしょう。

        そう言えば、メリーさんは美容師さんでしたね。

        Отправлено с iPhone

        返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          「電話をかけてきたママ友は」という主語が抜けていました💦
          外国の方だから間違ってるかもという想像力です。

          八つ当たりする人は困ったものです。
          idthatidのはキーさん級です。namaeさんも「美容師」ということで影を刺激されてまぶしかったのかもですね。白無垢姿もまぶしい美しさです。それでメサイアコンプレックスというところでしょうか。くぷ先生を脅迫したmoma(でしたか?)なんかと同じ臭いがします。「吐き気」も投影ですね。

          返信
          1. ドラゴン🐲

            「メサイアコンプレックス」ー2016年年末の脳内大騒動はこの言葉で目が覚めた感じでしたー今や懐かしい♡

          2. 翠雨 投稿作成者

            私にこの言葉を思い出させたのも、今回の妙なコメントが、あの時の妙な介入と似ているからだと思います。

  2. ドラゴン🐲

    マルクの時代が懐かしい♡
    マルクからユーロに変わる直前にドラゴン家は再び東京からフランクフルトに転勤になったのです

    まだ両通貨がごちゃごちゃの時には近所の個人商店のキャッシャーのおばさん&おじさんはお釣りの計算四苦八苦していらしてやたら時間がかかるショッピングだった事も…..

    たまたま、歩いて7分くらいのご近所に韓国から移住して来た方がお豆腐屋さんを営んでいらしたのでお豆腐を買いに行ったのですが、お釣りの計算に手間取って家に中々戻れなかった事があります

    そそ、ドイツの美容師さんには私も閉口した事が何度かありましたー私の髪の毛は天パが入ったフニャフニャな毛質ーそれに文句つけられたのでチップを払わなかったら、帰り際に「二度と来るな!」って怒鳴られたのですー勿論、その美容院には二度と行きませんでしたけど……

    ドラゴン🐲も最近、Namaeさんというハンドルネームの変な人に妙なコメントを頂いてますー最初に頂いた時には幻視か?と思いましたが、記録して証拠を残して翌朝に見たらまだキチンと記録されていたので幻視ではない事を確認出来ました

    幻視だとしたらドラゴン🐲の中のpsychic warのリアクションであるはずですーですから、真剣にその幻視が意味する事を熟考して把握しなくては幻視は恐ろしいモノに変容していくと教えてもらっています
    ーでも、あのNamaeさんのコメントは幻視ではなかったので真剣にその内容を考える必要は無いのだと判断出来ましたー間違ってますか?

    でも、あのNamaeさんからのコメントがまた来るのかもしれないと思うととっても怖いドラゴン🐲ですー今週はボッチ生活だから脳内大騒動にならない様にしたいです

    また お邪魔させてくださいませ

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      お金の計算はややこしい💦

      どんな髪質でも八つ当たりされるわけですね(*_*)

      被害に遭われただけで、何もまちがっておられないと思いますよ。
      幻視かと思わせるくらい強い衝撃を与える人がおかしいんです。
      こんなひどいことをする人がいるはずがないと価値観を守らねばならないくらい強い恐怖を覚えさせる相手は異常です。
      普通の人にはそんなことはできないでしょう。ある種の特殊能力です。犯罪者が使うものですが。

      コワかった…と話す場所があること、似たような話が起きたときに、ここにも出没しましたよと情報交換することは大事だと思います。

      返信
      1. あ*=franoma

        傍から失礼します。

        「こんなひどいことをする人がいるはずがないと価値観を守らねばならないくらい強い恐怖を覚えさせる」のが世に言うショック・ドクトリンであり、今世紀になって凄かったのは、2001年911の企画&実行でした。レイシスト杉山登志郎による愛知での2005年911を含め、シリーズ化されている模様ですね。PTSD否認=racism ですから、もう終わりにせねばならないのですけれど、“アベらカルト” は、あくまでも身贔屓で私腹を肥やす構えです。前は「2大カルト組織」と書いていましたが、このところ、2大カルト組織の1つ1つを見ても、いずれも一枚岩でなくなりつつある可能性も見えるので、あくまでも《アベ友サポート》勢力に加担しようとする人々のみ “アベらカルト” と呼称することにします。2大カルト組織に属していない公認心理師カルトや晋精会メンバーもいるわけですから “アベらカルト” が現実にマッチした呼称です。

        人類レベルで、いよいよ「なんちゃって宗教戦争」の終焉が近いのかも知れない…と思います。

        ①「解離する特権は誰にもない」ことを《人類共同体》メンバーで共有し、
        ②「なんちゃって宗教戦争」をやめ、
        ③「皇室は世相を映す鏡」という観察事実を共有して、
        ④《象徴天皇》システムの機能を考察した上で、
        ⑤ ”「北方領土を戦争で奪還」=「言論の自由」、「障害者は皆殺し」=「優生思想」” とすることこそ解離言動であることを心理学/精神医学の専門家が共有することにより、
        ⑥ “psychological warfare” でヤられないようにして、
        ⑦「日本人だけ集合的無意識に守られない」状態に陥れられないように注意しましょう。

        ⑤は、リブログ記事
        https://ameblo.jp/aya-quae/entry-12461576347.html
        に記録しました。解離言動をする人物の処遇は国会議員ではあり得ませんので、日本国民の孤立がこれ以上進まないうちに、一刻も早く議員辞職をさせて、世界人権宣言を共有する《人類共同体》メンバーとして人生を立て直すことができるように、①の「解離する特権を行使」しないようにPTSD治療が必要です。

        ③「皇室は世相を映す鏡」という観察事実を共有していると「天ノー狂」と揶揄されますが、動員をかけて人を掻き集めたから一般参賀に人が集まるわけではない…日本人の集合的無意識がなせる技なので、私を「天ノー狂」とバカにしても現実は変わりません。ついでに「日本人の集合的無意識がなせる技」という社会現象学上の認識は、社会科学的な認識たり得るので、思想信条や信教の自由とも抵触しません。

        科学的態度とは、機械論的合理主義を奉ることではなく、社会科学も含めて科学は科学哲学なしでは成立しないがゆえに、医学に於いてもオカルトにしてはダメでしょう。

        “機械論的合理主義” site:.ptsd.red
        – Поиск в Google
        https://bit.ly/2XLhdPV

        オカルト精神医学 site:.ptsd.red
        – Поиск в Google
        https://bit.ly/2HnkmjF

        上述の「日本人の集合的無意識がなせる技」という社会現象学上の認識は、社会科学的な認識たり得るし、
        「人類社会のフラット化が進む」社会現象は、個人の薬物反応性を変化させており、社会のフラット化も個人の薬物反応性も、人類レベルの集合的無意識の歴史的変化によって引き起こされている…というのも、科学的な認識たり得るものです。個人が幽霊を観たという現象も、インターネットもなかった時代に全国津々浦々の岡田有希子ファンが「岡田有希子を観た!」と言った現象も、科学的な認識を進めるために「あってはならない」とか「さような証言をする人は精神障害ということにしよう」とかいうのが寧ろ非科学的であり、個人レベル&社会レベルの現象学を研究できなくする訳です。
         この辺のことは、何年も前に、S先生が«病院だより»に書いていらして、そのことに関してメリーさんと情報交換をしようとすると何者かの手で妨害されるのが常でした。「何者か」とは、辿ると必ず《アベ友サポート》勢力ですよね。⑦「日本人だけ集合的無意識に守られない」状態に陥れられないように注意しましょう…ということがポイントです。しかしながら、「日本人だけ集合的無意識に守られない」状態に陥れようとしてきたのが「朝鮮カルト」とも呼ばれる原理研=統一協会で、コアメンバーはチーム世耕で、核問題PTSD否認を今なお徹底しようと頑張っているので困ったことです。

        核問題PTSD否認をやめないとオカルト精神医学もやめられませんから。

        Отправлено с iPhone

        返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          ショック・ドクトリンなんですね( ..)φメモメモ
          実際的なものを総称して“アベらカルト” と呼ぶようにします。
          バラバラに見えるものがこうしてつながると理解しやすいです。

          「天ノー狂」なんていう人たちは何もわかってないですね。
          オウム事件の頃に、「宗教」にアレルギー反応を起こし思考停止した人たちと何ら変わりません。
          皇室のファンとかでもなく、本質である「鏡」を観察しながら「こころ」を守りましょうと当たり前の提案をしているというのに…。

          “アベらカルト” の頭は、厳かな儀式の最中に漢字を読み間違えたそうですね。
          「己」「已」「巳」この微差が映らないお目々ですから困ります。

          返信
  3. ドラゴン🐲

    おはようございます😃

    漸く、宿題のドラフトが出来上がった〜😆
    あ*さんや翠雨先生とのやりとりから感じた事も沢山盛り込んでしまいました

    最後のシメは「お薬は要らない、必要なのは caring havensである!」と 日本のcurrent toxic psychiatry に喧嘩売ってる作文になってしまいました 笑笑ーでも、ドラゴン🐲がスーパー率直に感じた事をありのまま♬に書いたのでセラピストには説得力あるかもしれない….あって欲しいな….いや、きっとある….なんか自信無くなってきたかも….😞

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      雨にも負けず風にも負けずアベらカルト(覚えたて!)のネットストーカーにも負けず👍ですね。
      自信もって下さいよ。はじめに言葉ありき。主張しないと真偽すらわからないのですから。

      興味津々(^_-)-☆

      返信
  4. あ*=franoma

    傍から失礼します。

    “アベらカルト” が暗躍する世界で、生きるか死ぬかの状況に陥れられて「試される」のは大変なことではありますが、当人の先祖代々のトラウマに依存して、当人に「試させる」=トライ&エラーができるようにすれば、いいと思いますね。…というより、それ以外に “struggle for existence” プロセスは存在しない過酷な国際情勢です。

    “struggle for existence” site:.ptsd.red
    – Поиск в Google
    https://bit.ly/2NFF6Uu

    “Abe administration” “toxic control” site:.ameblo.jp/aya-quae
    – Поиск в Google
    https://bit.ly/2YDsfYf

    当人に「試させる」=トライ&エラーができるようにするのは《観察主体》を鍛える環境です。

    “アベらカルト” は、自ら《観察主体》の強化を徹底する姿勢が保てないから暴走しています。トップの安倍晋三は “non-objective experience”( https://bit.ly/2Q8IF7M )を得るプロセス=人生経験&人格陶冶が進む状態にないまま、ずっとスポイルされて育ち、私腹を肥やすことに血道を上げて現在に至る鬼畜状態…《観察主体》の強化を徹底しようとしている状態ではないので、バックの2大カルト組織と共に “the principle of charity” は初めから外しています。

    《観察主体》の強化を徹底しようとしていれば、誰に対しても “the principle of charity” を外さず、
    «What happened to me?»
    «What happened to you?»
    «What happened to us, contemporaries?»
    という姿勢が取れますので、そもそもカルト組織に留まることは出来ない相談です。カルト組織を去るか、教団の改革を進めるか?… 当人の “struggle for existence” プロセスで選ぶことになるでしょう。

    我々日本人科学者を “sheeple” と嘲笑して、Brexitイケイケ、日本の核武装に賛成、暴動を煽るロンドン近郊在住の女性 https://ameblo.jp/wake-up-japan さまも、“contemporaries” ではあります。利益相反を看過してはならない点だけは合意が形成できるでしょうし、ベルクソン召喚( https://bit.ly/2V64xlz )でもシンクロしていました。

    “日本の current psychiatry” は、(一部の例外を除いて)患者や患者家族の《観察主体》を手放させようとするので必然的に “toxic” です。利益相反の問題を抱えてもいます。

    市川宏伸 利益相反
    – Поиск в Google
    https://bit.ly/2VtDq3J

    「一部の例外」は、私の見聞では中井久夫先生とS先生だけでした。kyupin 医師のブログでも “control” は頻出キーワードですが、PTSD現象のなかに医師ご本人と来談者、看護師、介護士、薬剤師、PSW… 教育/医療/福祉関係者…を置いてPTSD現象全体を観察して、PTSD現象鎮静化を図ることが誰かを “out of control” 状態に陥れない唯一の途です。ところが、PTSD現象のなかに actors/actresses を置いてみるPTSDの視座( https://bit.ly/2WxhxBF )が初めからないので、
    «S先生が揶揄しておられるように、「PTSD現象鎮静化が無理なら向精神薬があるじゃない」»(©︎翠雨先生)
    ということにされてしまう “日本のcurrent toxic psychiatry”( https://bit.ly/2w4klLa )です。
    kyupin医師が投影しているだけの場合さえ患者さんは「家族の所有物」で《客体》扱い= “toxic control” の対象でしかありません。子どもは飼いならす2大カルト組織による教育基本法の骨抜きアプローチと同一です。折角、生まれたお子さまの《観察主体》強化に繋がらず、大学を人民制圧のツールにする潮流です。息子が言う「バカだなぁ…彼奴ら全員グルなんだよ」というのは、idthatid さまの敏感関係妄想とは違い、2大カルト組織の暗躍は明らかです。いつだったか、警察官が家に来て「〇〇〇〇さん、知っていますか」と訊かれましたが、当時、私は翠雨先生のお名前さえ存じ上げず「知りません」とお答えしました。

    Отправлено с iPhone

    アングロサクソン利権( https://bit.ly/AngloSaxonInterests )を人類の福祉よりも上に置こうとする流れには、人類社会レベルで《人類共同体》メンバー全員が抵抗せねばならないでしょう。

    “アングロサクソン利権” site:.ptsd.red
    – Поиск в Google
    https://bit.ly/2TSBpOz

    Отправлено с iPhone

    ところで、「最後のシメ」を 「お薬は要らないことも多い、絶対的に必要なのは caring havensである!」というふうに少し書き直すと、S先生の主張と全く対立しません。また、
    「日本の current toxic psychiatry に喧嘩売ってる」
    「日本で現在、一般的に流布している精神医学/精神病理学/精神病治療は、toxic(=有害/社会の害毒になる)と喧嘩🤛🤜🤛売ってる」結果になっているのも、翠雨先生もS先生も同じでしょう。

    S先生は、“caring haven” を提供するために保護室をお使いです。一方、野村進『救急精神病棟』の記述では、2001年911で錯乱なさったらしい「小熊さん」のケースでも、奥さまを骨折させることもある「杉下さん」のケースでも、保護室が “caring haven” の提供になっていません。

    小熊さん site:.ptsd.red
    – Поиск в Google
    https://bit.ly/2EdkH6o

    ”PTSDキュア(治療)経験無いから「安全確保」不能、栗原心愛さん診断医と杉山登志郎”
    https://ameblo.jp/aya-quae/entry-12439873729.html

    Отправлено с iPhone

    ♡おまけ♡
    『週刊SPA !も認めた「国民の6割が死にたい(生きづらい)国民病」』
    https://ameblo.jp/phantom-nightmare/entry-12461224726.html

    c.a. 60 % of Japanese people are not willing to be under the Abe Gang’s toxic control …

    “Abe administration” “toxic control” site:.ameblo.jp/aya-quae
    – Поиск в Google
    https://bit.ly/2YDsfYf

    『悪魔の所業➡️「偽装」で生活保護費削減は自民党の公約実現のためだった』
    | 黒猫ババの『只今ちん道中』
    またも、、、統計偽装ですか…
    あんたらの辻褄を合わせるために、私たち庶民を苛め抜くのですね。
    田中龍作ジャーナルから転載します。
    http://tanakaryusaku.jp/2019/05/00020123
    ………………………………………………………
    https://ameblo.jp/ms-tohoku/entry-12461890577.html

    Отправлено с iPhone

    “安倍晋三&河井克行コンビ=原子力マフィア” が “アベらカルト” の “toxic control” 原動力です。Hiroshima/Nagasaki A-bomb PTSDも《核の平和利用》詐欺によるPTSDも原発事故PTSDも躁的否認をして、普通に「危ないよ」という弓場清孝さんに八つ当たりしてしまう…そういう専門家や大学人がドラゴンさまの仰る「日本の current toxic psychiatry 」を構成しているのです。

    返信
  5. ドラゴン🐲

    翠雨先生&富良野尾間さん
    おはようございます😃

    昨晩は死んだ様に爆睡してしまいました

    “ところで、「最後のシメ」を 「お薬は要らないことも多い、絶対的に必要なのは caring havensである!」というふうに少し書き直すと、S先生の主張と全く対立しません。”

    それは死んでも出来ません!
    最後のシメは「お薬は要らない!絶対的に必要なのはcaring havensである!」のままにしておかないと ドラゴン🐲の崇拝するDr Bの主張が否定される事になりますー書き直しは絶対にいたしませんーだからS先生はドラゴン🐲に消えて欲しいのですねー絶対に消えない!ガムバル

    メリーさんから「日本人なら日本の精神医学を先に勉強するべきである」というコメントを頂きましたが、日本の精神医学はアメリカの精神医学を後追いしているだけの様な気がしてなりませんーですからアメリカの方を先に学べばフォローしてる日本の様子を冷静に観察する事が出来ると思うのですー間違ってるかな?

    CPTSDに関しては PTSDのリソースがサイコドクターSと北米のPTSD研究家と違いがあるという認識がありますーですから、サバイバーズギルトを考える際には日本のPTSDの歴史を学ぶ必要があるとは考えてますけど

    ここから全く違うお話です
    メリーさんが書いてくださった花嫁衣裳の記事+昨日ドラゴン🐲が書いた記事に頂いたコメントの内容にどこか昔のIdthatidさんの匂いがするのは気のせいでしょうか?

    特にメリーさんから頂いた昨日のコメント内容は 以前に彼女から頂いたコメント内容と相反してる箇所がありましたー異なる人格がメリーさんに介入しているのではないかと思ってます

    ドラゴン🐲は以前、Namaeさんの様な人にコメントを数々いただき感情を煽られてどんどん暴走していかざるを得ない状況に陥った事がありますー人が弱っている時にそこに付け入って同調してるフリをして近づいて来てコントロールしようと企んでいる人が実際に居るという事ーしかも、それが心理の専門家という資格(テスト通過しただけでメルみたいな技術や知識が無い)を持った人が行なっているという事ー正に Toxic Japanですーあっ この事も今日提出する宿題に書いてありますー日本を紹介するにはモッテコイのネタですから

    純ジャパオヤジに同調してメリーさんがお喜びになった事はドラゴンにとっては屈辱的な事でしたーでも、そのメリーさんに心理の専門家が忍び寄ってメリーさんがコントロールされてしまいつつある状況を心配しています

    でも、これからカウンセリングに行って来ます

    返信
    1. あ*=franoma

      Q:メリーさんから「日本人なら日本の精神医学を先に勉強するべきである」というコメントを頂きましたが、日本の精神医学はアメリカの精神医学を後追いしているだけの様な気がしてなりませんーですからアメリカの方を先に学べばフォローしてる日本の様子を冷静に観察する事が出来ると思うのですー間違ってるかな?
      A:間違えてはいません。ただし、サリバン先生の後継者が《人類共同体》レベルで末田耕一医師お一人らしいことは知っておいて損にならない事実と言えるでしょう。
      (17199)アメリカの精神科医、ハリー・スタック・サリバンの墓碑銘
      https://ameblo.jp/phantom-nightmare/image-11175972951-11817353615.html

      メリーさんが煽られておいでかは不明です。“アベらカルト” の暗躍で「切羽詰まった日本」(©︎群青さん)に居ること、“アベらカルト” に守らないどころか攻撃されて大変であることは間違いないことです。しかしながら、魂は売りませんよ、メリーさんもご家族もエテ公ではありませんから。

      メリーさんが煽られておいでかは後になって判るかも知れませんが、判らなくても良いことなのかも知れません。
      《観察主体》の強化を徹底しようとしていれば、誰に対しても “the principle of charity” を外さず、
      «What happened to me?»
      «What happened to you?»
      «What happened to us, contemporaries?»
      という姿勢が取れますので。

      Отправлено с iPhone

      返信
      1. ドラゴン🐲

        お返事ありがとうございます😊

        “A:間違えてはいません。ただし、サリバン先生の後継者が《人類共同体》レベルで末田耕一医師お一人らしいことは知っておいて損にならない事実と言えるでしょう。”

        ええ、凄く良く解ってますーですから、学会のパンフから広島ドームが無くなった時に酷く動揺していらっしゃるようでしたーそして、それが 彼のPTSD コンセプトの根底にあるという事にも今回、気がつきましたーリフトンの原書を2年前に入手したのですが、余りのボロさと臭いで途中で読むのをやめてしまいましたけど笑笑ー今回の宿題にもこの事(CPTSDコンセプトの把握のズレ)をちょぴっとだけ盛りこんでるのですー繰り返しですが、日本のPTSDは もうちょっとドラゴン🐲完治の感覚が固まって来たらお勉強してみるかもしれません

        もう一つ、メリーさんは娘さんの治療のために一生懸命に献身されてるお母さまである事は凄く良く理解しております

        でも、そういうお母様が 「大人が使う日本語の文章の読解力が、低いように感じます。例え話等を解釈する力が弱いように感じます。」という、他の患者をジャッジしたり、ブログ記事において
        https://ameblo.jp/8677a/entry-12461188456.htmlの様なローワークラス的口調で私に攻撃してくる事にとても懐疑的な印象を受けるのです

        これらがもしもメリーさんご本人の心からの言葉ではなく、Idthatidさんの様なネットストーカーに煽られて発した言葉なのであれば、それにお応えするドラゴン🐲はホントのメリーさんと対話をしていない事になりますードラゴン🐲はPTSD治療経験をされたメリーさんの心からの本当の言葉だけを知りたいだけなのですー誰かに煽られて発した言葉は着ぐるみを着て発する言葉と同じで信頼する事が出来ないのです

        返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          削除された等と表示されますが、この記事ですね。
          一時的にアメ限にするとこうなるのでしょうか。からくりが不明…?

          返信
          1. ドラゴン🐲

            すみません
            アメ限にしたままでした
            でも、先生がお示しして下さった記事で間違いありません

          2. 翠雨 投稿作成者

            アメ限にされたブロガーさんにも、心境の変化があるという兆しなら悪くないですね!(^^)!

    2. 翠雨 投稿作成者

      よくお眠りになられ何よりです。
      現実にある薬のなかで一番効くのは眠りではないかと思いますよ。
      そして良い眠りは、適切な行動のあとに訪れます。
      もちろんそれは表面的な意味ではなく、その人がその時なすべきことを適切に行ったという意味においてです。ここを訪れる人たちにとっては当たり前のことだとは思いますが。
      ありがたい自然治癒力がきちんと作動している証ではないでしょうか。
      それをもって、もう何も言うことはないのですが、蛇足と行きましょう!(^^)!

      薬がないと対応できないPTSDが存在するか否かについては、私も長年大変興味をもって見守り続けている(人類において自然発生的に起きている)実験の究極の結果です。
      観察主体を手放すように養育され、発症後それをさらに放棄するようほぼ命令されてきたケースが殆どのPTSDの方々は、それを(議論上のほんの言葉のあややリップサービスであっても)最初から放棄することについて、発症していない人間が想像できないくらいの抵抗を感じるのだと推測します。

      匂いについては同感です。
      言葉の次に、こういうある種の感覚(鼻リシスと習いました!(^^)!)が将来的に議論されるようになって、やっと教科書的な常識となる輪郭が浮かび上がるのではないかなというのが、私の印象です。
      なので、世間がまだ夢にも見ないお話ながら、気づいた人からいろんな場所で事例を集めて議論することが大切ではないかと思うのです。
      個人的には臭い(さらには近づきがたい臭気)と感じますが、智って言語化している被害者が少ない話ゆえ、微差の範囲ということで囚われないのが生産的だと考えています。

      返信
      1. ドラゴン🐲

        “観察主体を手放すように養育され、発症後それをさらに放棄するようほぼ命令されてきたケースが殆どのPTSDの方々は、それを(議論上のほんの言葉のあややリップサービスであっても)最初から放棄することについて、発症していない人間が想像できないくらいの抵抗を感じるのだと推測します。”

        的確な表現をお示し下さってありがとうございます😊

        ですから、引っ越し後に見つけた主人医に抗精神病薬を服用する事を言われた時には 断薬の経験の苦痛もございましたが、薬を服用する事で新たな着ぐるみを着用することが嫌だったのだと思いますーそこから、ホントのドラゴン🐲と向き合える事が出来る様になったと自覚してます

        これだけ言いたかったので….

        では行って来ます

        X

        返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          蛇足もたまに役に立つ!😊
          否、蛇足で一人前かも…。

          お気をつけて、いってらっしゃ~い(@^^)/~~~

          返信
          1. ドラゴン🐲

            翠雨先生

            先生とメルの指摘するポイントがまたもやシンクロしてる事に気がつきました

            “観察主体を手放すように養育され、発症後それをさらに放棄するようほぼ命令されてきたケースが殆どのPTSDの方々は、それを(議論上のほんの言葉のあややリップサービスであっても)最初から放棄することについて、発症していない人間が想像できないくらいの抵抗を感じるのだと推測します。”ー この抵抗の理由が 正に メルがリファレンスリポートで指摘してたBig T の一つです

            って、言われてもイミフですよねーでも、ドラゴン🐲1人でニヤリとほくそ笑んでます

          2. 翠雨 投稿作成者

            なんとなく漠然とはわかる気がしますよ( ̄ー ̄)ニヤリ

  6. あ*=franoma

    「外科手術とか機械修理じゃないということで」すよ。
    機械論的合理主義≠マルクス主義
    マルクス!エンゲルス!レーニン!グラムシ!宮本百合子!!!
    宮本百合子 ものわかりよさ
    https://www.aozora.gr.jp/cards/000311/files/3118_10719.html
    をお奨めします。シツコクて、どうも、すみません。
    『ツェねずみ』と共に必読です。

    ツェねずみ – Поиск в Google
    https://bit.ly/2WXLvPK

    ちなみに…高橋健二は、読むだけ時間の無駄です。

    私事でアレですが…父が
    「あとは頼む」
    と言って落命し…おい……何を頼んだんだよーって、遺族一同、PTSD予防を致しました。愛さんはバカ=CPTSDだから蚊帳の外なんで、えふランク大学人に成り上がりハッピーですが…orz

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      稀代のネットストーカーも、ドラゴンさまを脅かす人物同様、謝罪を強要の言いがかりをつける癖があります。ツェねずみそっくりですね。悪い人たちはいろんな次元で手をつないでいるものです。

      返信
  7. ドラゴン🐲

    富良野尾間さん

    謝らないで下さい
    寧ろ、ドラゴン🐲に説明して下さる事に感謝の気持で一杯です♡

    “「外科手術とか機械修理じゃないということで」すよ。”という説明は凄く良く理解出来るのです

    駄菓子菓子、ドラゴン🐲が求めてるのは「〇〇は XXである」という原始人にでもわかる自分の言葉で自分を説得できる言葉を探しています

    ここは日本語でそれをさせて下さる最高の場所です♡

    翠雨先生、ありがとうございます😊

    返信
  8. あ*=franoma

    “toxic control by アベ政治” という表現でも “toxic”とは、核問題PTSD否認=社会病理に浸かり切って自覚がないという意味ですね。
    このことを先ほど拙ブログ記事に記録しました。
    https://ameblo.jp/aya-quae/entry-12463078787.html

    “《観察主体》を手放さ”
    – Поиск в Google
    https://bit.ly/2IyHfl7

    胎児期から《観察主体》を手放さないで “non-objective experience” を積み重ね、美意識を解離せずに育てば、セルフに適合した美学が形成されます。
    平野啓一郎(著)『私とは何か—「個人」から「分人」へ』(講談社)
    ~諸悪の根源は「個人」~
    「流されやすい、主体性に欠ける、自分を持ってない、ブレる、・・・と、私たちの社会は、一貫した個性を持たない人間に、とかく批判的である。叩いても蹴っても、頑として己を貫き通す人間。それが通念的な英雄像だ。そのクセ、本当にそんな人が身近にいれば、誰もが迷惑がるに決まっている。アイツは、コミュニケーション能力がないのか?と。」
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/33643

    こんな混乱した議論があったのですね…今さっき発見しました。
     健康な人の《観察主体》には(美意識を解離しさえしなければ)常に自己同一性があるのでした。人生の転機で脱皮することによって、視野が広がり、PTSDの視座を持つようになったりするでしょうが、その人らしさ=自己同一性は保たれており、日本では、
    「三つ子の魂、百まで」
    と言いますね。

    “PTSDの視座” site:.ptsd.red
    – Поиск в Google
    https://bit.ly/2WxhxBF

    「叩いても蹴っても、頑として己を貫き通す個人」が “individual” ではなく
    《観察主体》が “individual” です。

    Отправлено с iPhone

    晴彩さんが或る時、したり顔で
    「日本人は、個が確立していない」
    とブログに書いていらしたので、
    弓場清孝さんのブログを熟読するようにお奨めしました。日本人の《観察主体》が “individual” で、その集合体が日本の《国体》ですよね。現在は、その象徴として象徴天皇を置き、国賓とお話したり、国民と膝詰めで普通に話し合いなさっていただいていますが、日本人《観察主体》 “individual” 大多数が象徴天皇を必要としなくなる日が来たら、象徴天皇システムはフェードアウト=形骸化します…一般参賀に誰も来なくなる…というふうになって。一般参賀に誰も来なくなるなんて、あと百年くらい起こりそうもない…と思いますが(←個人的な見解)。
     要するに、日本人個々人の《観察主体》の集合体が「日本の《国体》」ですから、象徴天皇システムが将来どうなろうと、経済システムが将来どうなろうと、日本の《国体》アイデンティティは残ります、日本人個々人の《観察主体》がある限り…そして日本人個々人の《観察主体》を成立させているものは日本語を含む日本文化です。

    “異質な他者を攻撃しても自分たちのアイデンティティを守る役には立たない” …このことは、素直なお子さまは十歳くらいで理解できますが、そうでないお子さまには理解が困難な模様です。
    – Поиск в Google
    https://bit.ly/2M1Q3DC

    服薬すると、必然的に着ぐるみを着る(即ち “pretending”)状態に陥る…と、ドラゴンさまが実体験から確信しておいでなのは、まさにドラゴンさまの歴史的身体で「そうでしかあり得なかった」必然ゆえ、そうした生き証人の証言を「そんなハズはない」ということは誰にも出来ませんし、そもそも「そんなハズはない」と言うことには意味がないのでした。なので、私も、さような無意味なことは申しておりません。

    健康な人の《観察主体》には(美意識を解離しさえしなければ)常に自己同一性があり、当人のセルフに適合した美学が伴い、《観察主体》の成長と共に美学も形成されるのです。人生の転機で脱皮することによって、視野が広がり、PTSDの視座を持つようになったりするでしょうが、その人らしさ=自己同一性は保たれており日本では、
    「三つ子の魂、百まで」
    と言いますね。
    “PTSDの視座”
    – Поиск в Google
    https://bit.ly/2VzOvEc

    一方、表面的には普通に社会参加をしているように見えても、
    https://bit.ly/kagaiPTSD
    という「隠れ虐待」や心理操作、集団ストーカー行為の組織をしている専門家=精神障害者の存在が「社会の害悪になる心理学」を展開してきて今の惨状がある点が問題ですね。したがって、日本会議の問題に矮小化するのは、勘違い=PTSDによる認知の歪み=認知機能の障害=精神障害です。
    註)
    『日本精神神経学会の「精神疾患の克服にむけた研究推進の提言」』
    https://ameblo.jp/phantom-nightmare/entry-12378379503.html
    学会員=精神障害者…
    ということになるわけです。

    とりあえず、個人が直ぐにアクションを起こして、どうこうできることではないので、
    『”ヤバすぎる日本大学と極道と五輪の関係”』
    | あ~どうしたものか
    https://ameblo.jp/aya-quae/entry-12378272866.html
    に書いておきました。

    Q:トラウマディールは昔から存在してるから同じ次元だと思うけど….
    A:国際共同治験に大塚製薬などが自社製品を出していますが、国内の臨床で治療論文を出しているのはS先生だけかも知れない…そもそもアクチベーションの正体に気づいている人がS先生以外には見当たらないのです。薬物療法を試みなければ大丈夫というものでもなく、トラウマディールをして帰還兵から殺害された女性心理職もいるそうですから、そういう事故を起こさないトラウマディールは、
    developing high-level rapport with many perspectives という意味で
    「次元が違う」と表現できます。

    “high-level rapport with many perspectives” とは対照的に来談者やその家族に《観察主体》を手放させてしまうのは、巷でよく見かける「なんちゃってラポール」です。

    《統合失調症》ラベリングを受容させてしまい、長期間、患者さんもご家族も各人の《観察主体》を手放させてきた首都圏の精神科医から、セカンドオピニオンを求めて(?)でしょうか、親子三人で?S先生に面接を受けた方がいらしたようですが、まず、S先生とのラポール形成を目指すならば、「PTSDの世紀になっている」事実を共有し、《統合失調症》と発語することによる患者当人や無言の奥さまへの悪影響を避ける配慮をなさった方が良いでしょう。

    Отправлено с iPhone

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      そうです。
      思想(意識)とすり替えられたりして、話がかみ合わなくなったりしがちですが、無意識的な態度の問題です。
      態度を正しく整え保とうと意識すれば、考え方も変化し、ひるがえって行動も変化するので、それはつながっている話ではありますが、意識を変えようとすると間違えます。
      そういうことで、心理学では、何も教えず、考え方の否定も一切しないで傾聴するわけです。

      その態度を正しく整えておこうとするのを邪魔する画策が問題なのだと思います。
      いろんな次元がありますが、原理的には「型」があり、実に巧妙に実践されているのだと、これまでに教えていただきました。

      トラウマディールと書かれているのは、精神分析学ひいては人類史という壮大なレベルでのお話なので、昨今のなんちゃって精神医学のおバカな現状は、この議論に関しては、横に置いておくのが得策かなと感じました。あれらは、実質上、この系譜にないと考えた方がよいと思います。

      薬は、観察主体を一部放棄させ「瞑想」状態を促進させるものですが、お産における無痛分娩や陣痛促進剤みたいなものではないかと思うのです。
      お産(人が生まれ変わる心理療法)は、なるべく自然がいいです。修行者が無意識に対峙するに値する自我に鍛える時間は短縮できても、センサーとしての自我の強さはそのままであることが問題となり、その隙にいろんな問題が流入してくるのです。
      具体的に感じられる弊害の1つが、ドラゴンさまお書きの作為体験様の苦しさです。
      言語化できずに苦しんでいる人は案外多いです。
      また、治療者という名の洗脳者に依存的となり、宗教のようになっていつまでも治らないと言う弊害が多く見聞されたあと、各種心理療法が生まれたのです。

      返信
      1. あ*=franoma

        「意識を変えようとすると間違えます」ことに気づかず、結成されるのがカルト組織とも言えるでしょう。最たるものが “アベらカルト” ですね。

        返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          それも教えていただいた“アベらカルト” でした。
          濁流の終着点はいつも同じ…。

          返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です