『オープンダイアローグ』とムーミンバレエとPTSD

オープンダイアローグが話題になっていますが

 

「オープンダイア...」の画像検索結果「オープンダイア...」の画像検索結果

 

発祥地から

ムーミンたちも

来日中です。

 

「ムーミンバレエ...」の画像検索結果「ムーミンバレエ...」の画像検索結果

 

「専門性という鎧を脱ぎ捨てられますか?」とのことですが

バレリーナたちが

ぬいぐるみの重圧に耐えながら

プロフェッショナルなパフォーマンスを維持している姿は

陰陽真逆で

興味深い現象です。

 

「ムーミンバレエ...」の画像検索結果

 

ちゃんとポワント履いてますよ!

 

テーマは

なんと『ムーミン谷の彗星』

 

「ムーミン谷の彗...」の画像検索結果

 

 

戦争PTSDを連想させますが

 

事実

作者は日本の原爆にショックを受けて

描いたそうですね。

 

 

 

ここは

宣伝のための催し会場で

踊っているのは

日本人女性です。

 

解説者は

フィンランドのものをそのままでは伝わらないので

このようなしあがりになったと言っています。

 

オープンダイアローグにも

そういう視座が必要でしょう。

 

かぐや姫をわがままだと言ったり

象徴が使えていない発達障害が流行っているとの

愚説を垂れ流した

本邦ユング派の二の舞いをしないように

お気をつけ遊ばせ✨

 

12 thoughts on “『オープンダイアローグ』とムーミンバレエとPTSD

  1. franoma=あ*

    仰るとおりですよ。
    実は、愚息が今日、どこの国の国籍を取るといいかなあと言い出し、
    フィンランド、いいなあと言うので、
    んじゃ、フィンランド語をやって、まずは観光ビザで遊びに行って知り合いを作って、
    そのあと、その知り合いに次は就業ビザで呼んでもらえるようにして、
    頑張って仕事して、あっちで結婚すれば、子孫はフィンランド人さ〜。
    バカなハンガリー人ともバカな日本人ともお別れできるぞ!って言っておきました…orz

    バカなハンガリー人は、くだんの西洋白人女性心理職を持ち上げているユダヤ系ハンガリー男性陣です。
    バカな日本人は、倒壊大学文学部に巣食っています。

    返信
  2. ドラゴン🐲

    https://ameblo.jp/sting-n/entry-12439494978.html

    オープンダイアローグという言葉を久しぶりにアメブロでお見かけしたので此処にやって来ました

    北欧モノ(ムーミン、マリメッコ、IKEA、フライングタイガー….)が流行っている日本だからと言って、オープンダイアローグを日本に適応するのは簡単ではないみたいですね

    オープンダイアローグも温暖な日本へ行けば、対人関係に焦点を当ててゴキブリを放つストラテジーになってしまい、結果的に共依存/制圧で問題解決しようという方向に行ってしまう気がしてなりませんー集合的無意識が全く異なる極寒の地域のコミュニティ心理学が果たして物理的対人距離の狭い東京で機能するモノなのでしょうか?ー 取り入れる前に一冬をマイナス気温で生活してみる事をオススメします

    ドラゴン🐲の周囲に居た日本人の多くは「ムーミン」を 「カバ」だと思っていたくらいですー「妖精」が 「動物」というイメージに捻じ曲げられて日本人に伝わってしまう様に「オープンダイアローグ」も日本へ行ったら「個人情報の強要開示」になりかねないと想像するのはドラゴンの認知の歪みのせいでしょうか?

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      そうですね。
      最近はあまり聞かなくなりました。

      私も文化差が一番問題だと思います。
      ムーミンのイメージの作られ方も興味深いですね。
      日本だと、ノビタの空想から生まれたドラエモンかな?
      そうだ!ドラエモンモデルで作り直してはどうでしょう(^_-)-☆

      返信
      1. Ikuko Marie ASAOKA/HISHIKAWA

        傍から失礼します。

        Q:「オープンダイアローグ」も日本へ行ったら「個人情報の強要開示」になりかねないと想像するのはドラゴンの認知の歪みのせいでしょうか?
        A:その御心配は、もっともなことゆえに認知の歪みは関係ないでしょう。

        「オープンダイアローグ」日本版では「水くさいわね…一体どうしたの?」と「個人情報の強要開示」状態になり弱みを握った大学人がパワハラを実行して、弱みを握られた人に心理操作を行い、手駒として利用します。そういうのはカルト組織やCIAが採用するような方式ですから日本の特殊性というより、米国から見て目下とされる諸国は(日本も含めて)何処でも似たり寄ったり、五十歩百歩ではないでしょうか?
         したがって、逆に見れば、公認心理師カルトや、それを育てた2大カルト組織、CIAなどが社会を支配していないからこそオープンダイアローグが展開できるフィンランドは、国際社会のなかで数少ない特殊な国と言えます。寒冷地&資源に乏しいので当面は原発を利用して核廃棄物は十万年のスパンで管理する覚悟で準備している…というのも(国土の広範囲で地層が安定しているだけでなく)核問題PTSD否認=社会病理に陥っていないからこそ可能な選択と言えるでしょう。

        Отправлено с iPhone

        返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          虐待親に脅されてアンケート内容を無断で開示したり、加害者とタッグを組んで被害者を黙らせるなんて手法を使いますからね。
          駅弁祭りさんは、握られた本名等の個人情報を、無断で漏えいされましたし、ネット上で勝手にストーカーの仲間と書かれ、駒にされました。
          バレてもひるむことなく、私たちと関わらないように等と書き込み、本当にしつこかったですね。

          情報を聞いても悪用しようがない普通の関係が基本でしょう。
          結局はラポール等、心理学の基本が問題になってくるわけです。

          返信
          1. ドラゴン🐲

            全く同感です
            問題解決する方法は基本の基本がキチンと遂行されてるか否かなのですよね

            どんなにコミュニティ内のソーシャルスキルを向上させても、それが単なる外的適応のためだけの手助けにしかならない事に気が付かないのは何故なのでしょう?

          2. 翠雨 投稿作成者

            基本がなってない専門家の存在が、本当に謎です。

            その人の脳内辞書に内的適応という言葉がないのかもしれません。

  3. ドラゴン🐲

    最近気になってるサイトにあったワンフレーズです

    ”対人コミュニケーションにおいて、「傾聴」や「共感」は重要ですが、理解と習得の難しさが指摘されています。一方、〇〇理論における新しい技法は、「傾聴」や「共感」の中にある課題(定義の曖昧さ、概念の難解さ、オム返しなどの問題点)の解決に役立ちます。“

    このワンフレーズ、ドラゴンにとってみたら治療者が「傾聴」「共感」を簡単な方法で済ませてしまいしょう!って言ってる様にしか聞こえないのですー新しい技法を使えば時間がかかる傾聴も短時間で出来る!そして、もれなく共感もしてあげられる!一石二鳥です!って言ってる様に聞こえるのはドラゴンの認知の歪みかな?ーこれって 正に外的適応の更にその表面だけの修正を目指してるとしか思えないです

    返信
    1. 翠雨 投稿作成者

      そもそもが、宗教や哲学ではわけがわからないから簡便にしたのが心理療法なのです。
      そこからさらに簡便にすると…(・・?、完璧に異質なものですよね。

      せめて、そういうものですが、それでもいいですかと説明してから行うべきでしょう。
      公認心理師と標ぼうするのは、どうかと思いますよ。

      返信
      1. Dragon

        おはようございます😃
        Psyche= Spirit+Soulですものね

        上の新しい技法を開発された方もご自分でユング派だと主張しされていらっしゃるのですが…..

        返信
        1. 翠雨 投稿作成者

          ユング派とは驚きです。

          しかし、昨今は、幹部クラスが「象徴が使えない発達障害が増えている」とか「かぐや姫はわがまま」「(ひきこもりは)自宅警備員」等と言いたい放題なので、そういうタイプの人も出てきているのかもしれません。
          ユングも河合隼雄も泣いているでしょう。

          返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です