真の『平成猿蟹合戦図』はうつ病誤診の顛末

ヒントはここからダウン
$PTSD研究家翠雨の日記
サルにだまされ
殺されてしまう蟹の敵を
子蟹たちが討つ話
$PTSD研究家翠雨の日記
猿マネの
精神科医と
その片棒担ぐ
臨床心理士が
 ―臨床心理士取得を考えるのが
 そもそも安易な猿マネ
雨後のたけのこのように
跋扈してます。
横歩きしかしない
PTSD患者さんは
いつまでも気づかず
薬漬け状態
亡くなる人も多数
しかし
気づいた人は
問題提起し始めてます。
 ―右に倣えの模倣をやめる。 ←ただのヒステリー
当初の課題は
猿マネの輩を
討つことです。
古典では
陰陽五行説的に
それが行われましたよ。
子どもの蟹達は
栗と臼と蜂と牛糞と共に
猿を家に呼び寄せ
栗は囲炉裏の中に隠れ
蜂は水桶の中に隠れ
牛糞は間に隠れ
臼は屋根に隠れました。
 ―影の軍団です。
にっくき猿が
家に戻って来て
囲炉裏で身体を暖めようとすると
栗が体当たりをして
猿は傷を負い
急いでで冷やそうとしたら
蜂に刺され
吃驚して
家から逃げようとしたら
牛糞に滑り
屋根から臼が落ちてきて  ←天中殺
猿は潰れて死にました。
$PTSD研究家翠雨の日記
水気から
土気をとおって
火気に抜ける
呪術です。
科学的には
ナンセンスな話ですが
憎しみを
壮大な(こころの)宇宙に飛ばし  
 ―狭い自我脱出
イメージという
自然治癒力の威力を 
借りながら           ←アリエッティ
 ―栗や蜂から牛糞まで
妄想することで
人間は元気になったりするのです。
5つの気のめぐりさえ
よくなり
循環すれば
こころの病は
撃退できるのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。