障害受容」カテゴリーアーカイブ

『アンサングシンデレラ』断薬からPTSD治療に移行しにくい理由

 『アンサングシンデレラ』では

ODにどう向き合うのかについても示されていますが

大量服薬の依存症

薬剤師が癌と向き合う話は

精神科の薬害に巻き込まれた人が

本来のPTSD治療を選択する際の

外からは見えにくいハードルについて

教えてくれているように感じました。

西洋医学では確立された標準治療がないので

不問にされていますが事実です。

とりあえず抗がん剤治療が選ばれたりしますが

とりあえずビール🍺みたいに

とりあえずパキシルとか

効果はなく

副作用のみということが少なくありません。

トラウマがあるので

母親のがん死について

無理をさせ苦しめたと後悔していて

悪夢を見る。

緩和ケアを考えていますが

最期について具体的に考え始める。

こころのケア

こころのケアの原点の1つ

すでに痛みがひどい状態です。

「痛い」とは言わず

一方で薬の減り具合で気づかれるので

我慢もする。

信頼できる薬剤師に治験を勧められても

頭では充分理解できている。

なかなか前向きになれず

トラウマによる【回避】の方が勝つ。

受けることにしても

失踪してしまいます。

【解離】行動

薬剤師は

そこまでつきあってやっと

本音を聴くことができ

頭痛・吐き気・めまいのひどさは

薬剤師として見てきたような生半可なものではなく

いつまで続くのか、耐えることに意味があるのか

考えると頭がおかしくなりそうになる。

新しい治療で

苦痛がさらに増すかもと考えるだけで恐ろしい。

(そして、それを言えない)

治験が開始されました。

一般には

経済的不安もあるようですが

薬剤師では説得力がないので

同室の慢性病患者が登場

売れない漫画家の話として

処方に怒り出し

「拒否できるか」

「薬剤師に生活の何がわかるか」とけんか腰だが

同時に「制度」を調べたり「仕事」を探したりしていて

減額プランを提示する頃に

やっと話し合いができるようになりました。

前に患者さんのインスタの話をした薬剤師が

漫画家にはあなたの漫画は好きだけど

主人公はもっと主体性をもって動いた方がいいですよと言い

反論させるやり取りは心理療法的だと思いました。

表現されていました。

治験をやりたがるズルい悪徳医師についても

治験の失敗で

癌の薬剤師の母親の治験が

苦しませるだけだったという罪悪感

子どもに恨まれているのではないかと

内心視線におびえていた。

トラウマの再演を繰り返していることが

今回プレゼンで

よい人格が思わず飛び出し(解離)

熱弁☯したのは

薬剤師による集団心理療法の成果かも

わかりました。

主人公の薬剤師は

「患者さんのために働け」

「患者さんのしてほしいことをしろ」と指導され

何が患者さんのためになるのか苦悩し

哲学的忍耐力

やっと見つけたわけです。

人に訊くようでは終わってます!(^^)!

心理療法では

セラピストとクライエント双方の

哲学的忍耐力と協力が重要になります。

『アンサングシンデレラ』公認心理師は服薬に付き添えばどうか

『アンサングシンデレラ』ですが

薬剤師は

クスリの管理や

副作用などについて厚労省への報告

製薬メーカーとの面談をしたりしていて

解説】看護師が行う患者のアドボカシーで最も適切なのはどれか。【看護 ...

処方の変更相談にしても

単なる患者さんのわがままではなく

薬剤師が言うのだから意味があるはずと考えられ

話が通りやすくなるなど

重要な存在意義があることが表現されていました。

実際にこういう風に機能してたらいいですね。

一方で

困った患者さんもいて

自分の薬を他人に流用したり

減りが早いので質問されるが

話をずらして答えようとせず

流用がわかっても

逆切れして詭弁でつめよる。

人手不足で多忙な薬剤師に

業務以外のことをさせて

便利屋のように使ったりと

特に

在宅医療では勘違いされやすいらしい。

医療を受ける側の問題も表現されていました。

こころも弱っている場合が多いので

「甘え」が度の過ぎたものとなる。

弱者擁護の流行に便乗すればモンスター化

医療現場あるあるですね。

末期がんの患者さんの痛みが耐えられないレベルになり

最後の「鎮静」の選択がなされた時

「鎮静」やクスリの名前だけで

薬剤部の場が

たちまち厳かになります。

スクールカウンセラーが

親に子どもの心療内科受診を勧める時

向精神薬処方を知った時は

こうなるでしょうか?

それが何を意味するかという

共通感覚があり

皆が重く受け留め

互いに確認・共有します。

この儀式のようなものは慣れるものではなく

経験者も新人と同等です。

痛みを共有する様子は

こころのケア(PTSD予防)だと思いました。

これが全くないと

流行りの「支援者の支援」が必要になるが

当事者への支援がままならない現状では夢のまた夢…

家族が薬剤師の場合は

病気について

説明されたとおりきちんと理解し

心理状態についても

人にも端的に伝えられますが

翻って

一般には理解が難しく

要領を得ないまま進みがちであるということです。

わかっていても

迷うしうろたえます。

しかし

弱音を吐けなかった患者さんが

夢を見て

こういうのが判断材料になるのです。

お母さん助けてと子どものように泣いているのをみて

決断し

投与に当たっては

「苦しかったね。

頑張ったね。もう大丈夫だよ

痛みが消える薬だよ

もう大丈夫だよ」と

やさしく説明しながらつきそいました。

精神科の薬も

昔は

最初の処方は

世界が変わるほどの体験は死と再生

感情がなくなったショックが

トラウマになった人もいる。

こんな感じで丁寧に飲んでもらっていたそうです。

癌の告知もショックに配慮し慎重でしたね。

病院で心理療法ができない公認心理師は

認知行動療法など投げ捨てて

こういう役目を引き受けたらどうでしょう。

私の意図に反して

PTSD

催眠をかけるために

安静に導いたら

逆にまくしたてはじめ

ヒステリー症状1つ取れちゃった。

精神分析の傾聴が始まるかな…。

治すと公認心理師法違反?

PTSDの墓場的見立て「先天的に運が悪い人たち」「サイコパス」

前記事ですが

早速

子どもでも厳罰を!という書き込みが目立ちます。

世界=敵(誰も理解してくれない)となっている少年にとって

逮捕で

医療に逆送され(やりなおし!と言ってもらえ)

集合的な悪意から

保護される部分はありそうです。

本来は「補導」でしょう。

理由は

先天的な病気だからということのようですが

治らないのだから

ただ公平に罰を与えることしかできない。

運命という見方も

トラウマがあると

認知の歪みは不治で

必ず負の連鎖は起こすものだし

(偽の神話を生きている)

迷惑をかけても仕方がないと妄信する専門家も

この範疇

T4的で

絶望的な「見立て」だと思います。

そこで

ALS殺人事件を起こされた妻の考え方が

PTSD誤診発達障害のトリセツ的

一般論のようなので

ちょっと考察してみようと思いました。

「夫は

アスペルガー症候群を持って生まれ

父親はギャンブル依存症

母のパート代で暮らす生活には余裕がなく

自尊感情を培うことができていない。

学校では

肥溜めに落とされるほどの激しいいじめにあい

スポーツはまるでできず

もくもくと勉強することで現実から逃げていたときいている。

だけど

奨学金もらって医学部卒業し

医者になって

家庭ももち家もクリニックももった。

生まれ育った環境はかえられなくても

おとなになってからの努力で

見た目克服できていたはずなのに。

虐待を受けた成育歴

アスペルガー障害と二次うつを抱えて生きる反動から

安楽死を肯定する持論を持っていた夫。

持論を主張するときには

高揚感を感じていたようだ。

ただここまでならよくある話。

そこでたまたま林さんと出会ってしまい

段取りをつけて共謀してくれる山本氏と出会ってしまうという運が重なり

事件は起きてしまった。

私はソーシャルワーカーとして

何らかの理由で

社会的に弱い立場に陥ってしまう方々と接する機会が多いのだが

彼らは総じて運が悪い。

自尊感情の低さ

自信のなさってのは

悪運を引き寄せがちなのだ」とのことで

流石に元国会議員で

そつがなく

世間で常識的とされる専門家の意見が

『アンサングシンデレラ』では

豊田真由子議員風の国会議員の症状の

病巣となっていることが映し出され

ピンポイント治療された。

端的に書かれています。

PTSDを発症している人は

どこかでトラウマ話をしているものだし

専門家も小耳にはさんでいることが多いようです。

そして

あんまり書くことがないから

上げ底のように文章のどこかに書いてあります。

精神分析によると

沖縄の拝み屋さんも同じ思想

傷ついたひとはその時代に立ち返って

考え直す必要があるのですが

肛門期

人が戸惑うようなヘンなことを言うのが楽しい時期があって

うんちでお母さんの気持ちをコントロールすることも

難しくなったころ

大人になっても

つらいとき

それを思い出して

無法地帯をつくると

暴走族は

道路が王国

警察をコケにして遊び

ストーカーは

裁判官からかい

岡口基一

弁護士コケにしながら裁判所遊び

岡口基一

麻薬なんかよりトラウマに効くことを覚える場合があります。

普通は

そんなへんな駆け引きなんてしなくても

楽しい遊びがたくさんあります。

はた目にはただのヘンな人なのですが

弄便は

粘土遊びにすると

衛生的で

時空を超えて生産的なのですが…

それを聴いてくれるひとを探したり

聴いてもらえる程度に加工したりします。

そういうことに気づかれているのは

なかなかだと思いました。

しかし

あとは

結局「運」

運と言っても

いろんな解釈がありますが

運命は

運を移動させるだけの話

宿命は

トラウマのように宿った運で

天才が咲く種かもしれない。

吹き溜まりのような運なのですね。

そういう思想で包囲されていることを

認めたくないという孤独な抵抗は正しく

最後の砦で

金閣寺に象徴されるものを否定するために

金閣寺を放火し

内なる万能感の確認で高揚したように

思想を実行に移すと同時に

自分がT4の主導権を握ったと勘違いしたのではないかと

批判され孤立しつつ核実験を続けるイメージ?

妄想していたら

福岡での事件が起きたのでした。

なにはともあれ

生まれつきの欠陥なんて言い方は

人道的な罪だと思います。

カウンセリング中断後に常磐道PTSD解離あおり運転事件

あまりに凶悪なので

煽り運転

子どもたちもポスター描いて

PTSD予防(こころのケア)

社会的に大きな関心を集めた

常磐自動車道でのあおり運転でしたが

7月27日の初公判で

水戸地裁

頭を丸めて登場した容疑者は

小さく見え

痩せたからか

威圧オーラが消えたからか

あまりに声が小さいので

裁判官に

もっと大きな声で!と促されながら

起訴内容を全面的に認め

深い反省の意を表明しました。

 

まるで別人ですが

借りてきた猫借りてきた猫

精神科に入院したことがあり

精神鑑定では

「パーソナリティー障害」の一種との診断

退院後

何年にもわたって受けていた

服薬と定期的なカウンセリングを

クスリがないと

あの仕上がりにはならないのかも

自分からやめてしまったあとに

「カウンセリングに行かなくなってしまい

自分を振り返ることも

誰かに相談することもなくなってしまって

考えが独りよがりになっていった。

自分のなかではそれは大きな失敗だったと思います」

事件を起こしたことが判明し

裁判官からは

「物の見方、考え方を直すということに

あなたが積極的に関わっていかなければならない」と強い調子で

説諭され

 

「相手が急に割り込んできて

嫌がらせをされているのかと思った。

それでこちらも同じようなことをして

仕返しをすることで

相手にその危険を教えたいと思った」のだったが

笹山登生

認知の歪み💀あるある

「冷静になれば

自分が勝手にそう思い込んでいただけで

相手に悪意はなかったと思います。

明らかにやりすぎでした。

恐怖を与えたことや

一歩間違えれば大事故になっていたことを思うと

とても申し訳なく思います」

今後はきちんとカウンセリングを受けるという

決意を表明しました。

 

田代まさしさんも

依存症の人たちの支援をし

講演もする立場だったが

ダルクをやめて

この方法では

夢にも見るのに(それを否認し)

「一日やめる(我慢する)」ことしかできず

理不尽ないじめがないだけで

刑務所とそう変わらないことを学び

(刑務所なら無料・ダルクは生活保護費献上)

別人格がこんな風に歌っていたら

解放的に表現すれば治るものでもないです。

一緒に歌うのは

共感でも傾聴でもないです。

5度目の逮捕となったのでした。

 

アジアの純真

アジアの純真

『アジアの純真』替え歌

 

心理療法の終結の仕方は重要なのです。

『アンサングシンデレラ』集団絵画PTSD療法を薬剤師が行ったら

続きです。

まるで

心理士の役割というか

未分化な職業だった時代のヒーラーの在り方を彷彿とさせる

つまりは

どんな職種でも究極は

傾聴で

ホリスティックなサイコセラピーとなる。

心理療法

私はこれがサイコセラピーだと習いました。

ヒロインの薬剤師ですが

ある回では

透析中の小学校の先生と

クラスのこどもたちに

病気をからかわれながら

倒れたトラウマ

ある薬を勝手に断薬中

教え子のトラウマを癒す

先生が病気で走れないのがわかっていて

走るように煽り

クラスで嘲笑ったことで

先生が死んだらどうしようと後悔

苦しんでいた。

仕事をしました。

先生は

薬を飲むようになっただけではなく

今の医療では、これも限界だった。

子どもたちと和解し

元気に働くことができるようになったのですが

価値観を書き換え

理想としていた先生像は

自分に合わなくなっていると確認し

より高次の理想を目指し始めた。

以前より楽しそうに活き活きと

クラスをまとめることができるようになりました。

これが心理療法の結末としての自己実現です。

普通はできなかったことができるようになる(±ゼロ)だけ。

『借りぐらしのアリエッティ』でよく書いてた

借りぐらしのアリエッティ』より 心理療法とは何か? 象徴で癒される ...

学会発表もしました。

心理療法の神髄のようなものが感じられます。

この薬剤師には

自己治癒力の象徴であるアリエッティみたいなところがある。

自然治癒力自然治癒力

動物的カンも味方に

百尺竿頭の上にいる象徴アリエッティ

自然治癒力

患者さんのわがままをきいてあげるのではなく

こんな風に思えるようにするのが

本当の心理療法です。

薬を飲まないという問題行動の奥に

こういう展開が待っているわけです。

この結末を導くのに使われた手法がまた圧巻でした。

先生に

お薬カレンダーを勧めても

『何を言ってるんだ…』となります。

お薬カレンダーのイラスト

そして

お薬カレンダーのなかに

絵とともに「先生頑張って」等と

子どもたちが書いたメッセージが

あります。

普通は

『子どもだましのようなことをして

どこまで馬鹿にするのか…』となるでしょうが

そこで

先生のトラウマが氷解しました。

先生の素直な直観は

すべてを覚りましたが

子どもたちがまだいじめっ子の気分で描いたなら

傷口に塩を塗るようなことになります。

薬剤師は

学校に出向き

お絵描きをしている子供達のイラスト

図工の先生のように

集団絵画療法をしたときの様子を

これが実現するまでに

ケースワーカーのような地道な仕事を

薬剤師の仕事の合間にこなしていた。

普通は無理なので

心理士がすべきですが

公認心理師だと規約違反となる。

(病院経営が成り立たないのでトップが許さない)

ビデオレターでも見せました。

私は

このドラマの脚本家の意図は

公認心理師を問うことじゃないかと思うのですよ。

それ以外の読み方できますか?

宮城まり子さん「ねむの木学園」~特別支援学校から消えた療育とPTSD予防教育

歌手で俳優の

宮城まり子さんの死去を受け

親交の深かった上皇ご夫妻は

宮内庁上皇職を通じ

養護施設「ねむの木学園」に

弔意を伝えられました。

芸術を媒介にした

こころのケアの様子を

上皇ご夫妻も

ご公務として訪問されたものでした。

「ねむの木学園 ...」の画像検索結果「ねむの木学園 ...」の画像検索結果

これが日本の国の

こころのケアのありかたです。

肢体不自由児のための学園ですが

訓練やリハビリ

療養を

PTSD予防教育が支えます。

本家の特別支援学校から

もともとは肢体不自由児等が多かったが

今は発達障害児(誤診)だらけ

療育もなく薬漬けの人体実験いじめの場

「コンサータある...」の画像検索結果

いつの間にか消えた姿です。

サッカーの王さまペレ氏(79)も歩行困難PTSDでひきこもりのうつ状態

サッカーの

元ブラジル代表で

「王様」と称される

ペレ氏が

「ペレ」の画像検索結果

股関節の手術後

適切なリハビリが受けられず

自力で歩行できなくなり

車椅子で公の場に出ていましたが

最近は

外出するのを嫌がり

うつ状態でひきこもり気味だそうです。

「ペレ」の画像検索結果

ペレ氏がうつ病とのニュースでしたが

実際はPTSD問題でした。

こころのリハビリが大切です。

和田アキ子さん眼瞼下垂手術からみたPTSD標準治療

和田アキ子さんは

眼瞼下垂手術を失敗されたのではないかと

「眼瞼下垂」の画像検索結果

こういう風になるはずが

整形手術を失敗したかのような結果に…

話題になっています。

高須クリニックによれば

保険診療の場合は

病気の治療が目的になりますから

「眼瞼下垂」の画像検索結果

視野が広がって

眼瞼下垂による不定愁訴がなくなれば

無問題なのだそうです。

それ以上の効果を期待する場合は

自由診療になり

しっかり説明を受け

納得して手術を受けます。

和田アキ子さんの場合は

眼瞼下垂手術という小手先の手術では

今回のようなことになるのがわかっているから

勧めず

美容整形を行うことで

結果として眼瞼下垂が改善できると

説明するそうです。

そして

それは

頭部の大掛かりな手術になるので

相当高額になるとのことでした。

「精神科薬漬け」の画像検索結果

精神科の薬漬けと同じですね。

高須クリニックのように

しっかり説明されれば

受診はやめておこうと考えるようになり

不自然な人生にならずに済みます。

苦悩自体は人間的なものであり

それをどう受容してゆくか考える

障害受容という選択も可能ですし

他の方法を探索する自由もあります。

一番選択してはいけない選択を

させられてしまう

システムがおかしいわけですね。

「声優アイコ(33)」強姦被害届とDID永遠の未治療で再犯不安の嘆き

男性に睡眠薬入りの飲料を飲ませ

昏睡させたうえで金品を奪ったとして

2014年7月に逮捕された

声優のアイコについて

以前にもいろいろと書いて来ましたが

 

逮捕後に妊娠がわかり

2014年12月に獄中出産

昏睡強盗を働いた別人格が何者かに強姦されたので

2017年8月に被害届提出済み

 

 

また新しい顔になっていました。

 

事件については

申し訳ないとは思うが犯行時の記憶がないとして

犯行を否認

途中からは

「犯行は別の人格によるもの」と変化

DIDについて知るようになった。

幼児人格の「ゲンキ」 が登場し

「お兄ちゃんは悪くありません!」と叫ぶ

一幕もありました。

 

弁護側の医師は「DID」と診断

検察側の医師は「DID」を否定

Dissociative Identity Disorder 解離性同一性障害

=多重人格=PTSD

「ビリー・ミリガ...」の画像検索結果

 

一審判決はDID否定で懲役10年でした。

 

本人は

「詐病とされてしまっている」のが苦しく

また

 

「これから何年か先オレが自由になったら

又同じ様な事……「犯罪をしたらどうしよう」……という

不安にもかられているのです」

「刑務所にいる間に

きっと他人格はもっと元気になってきてしまう。

そうしたら何をするか……。

とにかく、早く治療を受けたい

「もう少しDIDに於いての対処法をしっかり

この日本に考えて頂きたく思います」と訴え

 

弁護団も

「症状としては改善することなく

いたずらに年月が過ぎてしまう可能性があるでしょう。

必要な技能を備えたカウンセラーによる

カウンセリングを受けるのが望ましい」と

憂慮しています。

 

小林麻央さん「肺とお話」ゲシュタルト療法でPTSD予防

がん闘病中で

痛みがきつかったり

不安に襲われたり

咳が止まらなかったりするそうですが

 

「今日も肺に語りかけて寝よう」

綴っておられました。

 

「空の椅子療法」の画像検索結果

 

ゲシュタルト療法の

「空の椅子療法」ですね。

 

日本にも昔から

そういう感覚はあります。

 

「がんPTSD予防」の画像検索結果

 

「おくわさま」と言って

日頃よく働いてくれる

鍬にごちそうを供えて

感謝の意を表したりしますし

 

 

仏壇なんかも同じでしょう。

 

 

「サイコオンコロ...」の画像検索結果「キューブラー・...」の画像検索結果

「がんこころのケ...」の画像検索結果

 

がん患者は

死の宣告を受けているのだから

 

 

PTSD予防が必要だという考え方は

忘れ去られ

 

学校の試験の答案を返すような感覚で

がん告知もなされますが

 

患者さんたちは

自助努力をしているようです。

 

「たべてあげる」の画像検索結果「たべてあげる」の画像検索結果

 

話題の絵本

『たべてあげる』も

 

よく似た内的対話に関するものですね。

 

自分の心身との対話

とても大切です。