カテゴリー別アーカイブ: 障害受容

「声優アイコ(33)」強姦被害届とDID永遠の未治療で再犯不安の嘆き

男性に睡眠薬入りの飲料を飲ませ

昏睡させたうえで金品を奪ったとして

2014年7月に逮捕された

声優のアイコについて

以前にもいろいろと書いて来ましたが

 

逮捕後に妊娠がわかり

2014年12月に獄中出産

昏睡強盗を働いた別人格が何者かに強姦されたので

2017年8月に被害届提出済み

 

 

また新しい顔になっていました。

 

事件については

申し訳ないとは思うが犯行時の記憶がないとして

犯行を否認

途中からは

「犯行は別の人格によるもの」と変化

DIDについて知るようになった。

幼児人格の「ゲンキ」 が登場し

「お兄ちゃんは悪くありません!」と叫ぶ

一幕もありました。

 

弁護側の医師は「DID」と診断

検察側の医師は「DID」を否定

Dissociative Identity Disorder 解離性同一性障害

=多重人格=PTSD

「ビリー・ミリガ...」の画像検索結果

 

一審判決はDID否定で懲役10年でした。

 

本人は

「詐病とされてしまっている」のが苦しく

また

 

「これから何年か先オレが自由になったら

又同じ様な事……「犯罪をしたらどうしよう」……という

不安にもかられているのです」

「刑務所にいる間に

きっと他人格はもっと元気になってきてしまう。

そうしたら何をするか……。

とにかく、早く治療を受けたい

「もう少しDIDに於いての対処法をしっかり

この日本に考えて頂きたく思います」と訴え

 

弁護団も

「症状としては改善することなく

いたずらに年月が過ぎてしまう可能性があるでしょう。

必要な技能を備えたカウンセラーによる

カウンセリングを受けるのが望ましい」と

憂慮しています。

 

小林麻央さん「肺とお話」ゲシュタルト療法でPTSD予防

がん闘病中で

痛みがきつかったり

不安に襲われたり

咳が止まらなかったりするそうですが

 

「今日も肺に語りかけて寝よう」

綴っておられました。

 

「空の椅子療法」の画像検索結果

 

ゲシュタルト療法の

「空の椅子療法」ですね。

 

日本にも昔から

そういう感覚はあります。

 

「がんPTSD予防」の画像検索結果

 

「おくわさま」と言って

日頃よく働いてくれる

鍬にごちそうを供えて

感謝の意を表したりしますし

 

 

仏壇なんかも同じでしょう。

 

 

「サイコオンコロ...」の画像検索結果「キューブラー・...」の画像検索結果

「がんこころのケ...」の画像検索結果

 

がん患者は

死の宣告を受けているのだから

 

 

PTSD予防が必要だという考え方は

忘れ去られ

 

学校の試験の答案を返すような感覚で

がん告知もなされますが

 

患者さんたちは

自助努力をしているようです。

 

「たべてあげる」の画像検索結果「たべてあげる」の画像検索結果

 

話題の絵本

『たべてあげる』も

 

よく似た内的対話に関するものですね。

 

自分の心身との対話

とても大切です。

 

『銭天堂』ネット店主(39)ハルシオンPTSD解離販売で逮捕

インターネット上の掲示板に

ハルシオンなどの向精神薬を譲ると書き込んだ

館林市東美園町の

塗装業の女性(39)が

逮捕され

「販売して生活費に充てようと思った」と

話しています。

 

所持していた

数百錠は

心療内科を騙して

手に入れたものでしょうか。

 

 

ドクターラムネキットには

「銭天堂 あらす...」の画像検索結果

 

薬の瓶と

白衣

黒縁メガネが入っているそうですが

 

それで

 

「香山リカ」の画像検索結果

 

リカちゃん人形の真似の真似をすると

危険だという注意書きを読ませないのが

【解離】というものです。

 

PTSDは真似る病(ヒステリー)なので

逮捕者が出ても

この手口が繰り返されます。

 

 

 

不倫依存症で「ゲスの極み乙武」となった『五体不満足』のPTSD克服過程

「週刊新潮」に

女性5人と不倫し

昨年12月に

パリとチュニジアに同伴旅行したと報じられた

乙武洋匡氏(39)は

昨年8月にも

東欧諸国に

不倫旅行していたことが発覚

 

業界の方々は

「何を今更‥😴」

(『みんな知ってたよ~』)で

 

 

自民党が検討していた

秋の参院選擁立が

暗礁に乗り上げそうな雲行きで

 

「ゲスの極み」の画像検索結果

 

「ゲスの極み」の画像検索結果

 

「ゲスの極み乙武。」と

言われるようになりました。

 

ベッキー騒動が

(あれを超えるものはないと思われましたが)

負の連鎖しながら

進化しています。

 

ここまで来ると

PTSDの依存症でしょうね。

 

サリドマイドでもないそうで

(原因不明)

出産時

病院側は

お母さんのショックに配慮して

1ヶ月も対面させなかったそうですが

「まあかわいい!」と受容され

その後も

まっすぐに明るく生きてこられました。

 

 

51oBH-6RmaL__SX348_BO1,204,203,200_

 

しかし

実際のところは

少し無理があり

別人格が成長しすぎてしまったのでしょうか。

 

個性化するのは

そう簡単な話ではないようですね。

 

がん緩和ケア(PTSD予防)利用は3%

身体の痛みは
モルヒネで
霊的痛みは
傾聴で
支援するのが
理想なんですが
 ―単に痛みが消えるだけでなく
  魂が成長する
 (キューブラー・ロス)ので
  個性化につながります。
言葉を知っている人が
73.2%
利用した人は
2.6%でした。
 ―保険会社の調査
かなり進行した人が
受けるものという
誤解もあったそうです。

専門家が
そんなに必要ないと
嘘ばっかり書いてますしね。
今では
どんなものかわからなくなってしまい
受けたいと思う人も
41.7%です。

福島のこころのケア(PTSD予防)も「怒り」の段階へ?

箱庭学会ワークショップ分科会でも
被災者の【攻撃性】が
取り上げられています。
【否認】の段階を過ぎ
 ―否認中の人もいるけど
怒りの段階に
入っているのかもしれないですね。
世間でも
攻撃的な犯罪が増えました。

アンジェリーナ・ジョリーがん恐怖PTSDで子宮も摘出予定

昨年5月に
がん抑制遺伝子の
「BRCA1」に変異があり
乳がんになるリスクが87パーセント
卵巣がんになるリスクが50パーセントと
診断され
がんを予防するために
乳房切除手術をすでに済ませたと
公表していましたが
今は
子宮摘出手術の準備中だそうです。
お母さんが
56歳で
そういうがんにより亡くなった
恐怖心をこじらせ
医学信仰に突っ走っているようです。
キューブラー・ロスの
死のチャートにはない
進化系にも見えますが
結局は
がん恐怖を回避し
 ―現実の否認
怒りは抑圧
切除で取引しているとも
考えられます。

PTSD解離性ストーカーは【否認】する。

エリザベス・キューブラー=ロスは
『死ぬ瞬間』で
死を受容するまでのプロセスを
明示しましたが
 ―例外はあるし
  受容に至らないことも多い。
当人にとって
認めがたいことも
ある種の「死」に該当しますから
ストーカーも
自分がストーカーであるということを
 ―犯罪者であると認めるのは辛い。
まずは
★否認
次に
★怒り
 逆上する。
あとは
★取引
 
妄想にすがりつく心理状態
★抑うつ
なにもできなくなる段階
★受容と続きます。
自分はストーカーであると自覚
DV問題と同類項ですから
なかなか理論的には進みません。
認知行動療法も
無力でしょう。

ベルギーの最高齢アスリート(95)がんPTSD予防せず安楽死選択

前日の6日に
自宅で
家族や友人
スポーツクラブの仲間たちに囲まれ
微笑みながら
シャンパンを乾杯し
「後悔はしていないし
死への恐怖感はまったくない。
わたしの人生の中で
最高のパーティーだ。
友人全員に囲まれて
シャンパンと共に消えていくのが嫌だなんて
人がいるかい? 」
「注射薬を持って医師が来たとき
たしは満たされた人生を送ったと思いながら
この世を去る」
そう語りました。
ベルギーでは
2002年に
安楽死が合法化され
2012年には
1432件が
報告されたそうです。
胃がんで寝たきり状態だったそうですが
緩和治療できないほどの
痛みがあったのでしょうか。
発覚したときには
既に高齢だったわけで
未治療の方が
よかったのかもしれないですね。
PTSDの薬物治療と
同じです。